黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王

2016年2月18日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黥布(げいふ)

 

銭湯とかで背中に入れ墨をしている人を見ると、怖いですよね。しかし、楚漢戦争時代には背中ではなく、顔に刺青をしていた男が居ました。その名を黥布(げいふ)といいます。

 

オシャレで顔に入れ墨をしていたのではなく、罪を犯した証として顔に入れ墨を入れられます。その後黥布は項羽(こうう)軍に参戦し、数々の戦で活躍し、最終的には王の位を手に入れます。今回はちょっとおっかない顔に刺青を入れた王様黥布を紹介します。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



占い師の予言

于吉

 

黥布は秦の時代平民出身の人でした。彼は若い時占い師に人相を占ってもらった所

「お主。顔に刺青を入れられた後、王になるであろう」と告げられます。英布は「本当か。それはいい事を聞かせてもらった」と大いに喜び、占い師に感謝します。

 

黥布の由来

 

実は黥布という名前あだ名なんです。彼の本当の名前は英布です。なぜ黥布と呼ばれる事になったのでしょう。それにはこのような理由がありました。

 

顔に黥(げい)をされた布さん=黥布

 

英布は罪を犯し、顔に「黥(げい)」を入れられます。

黥は顔に入れ墨をする事です。こうすることで、

この人は罪を犯した人間ですよと、世間に分からせるように行っていたそうです。

こうして同じ囚人として働いていた仲間から「黥を入れられた布さん」と

いう事で、黥布と呼ばれて行く事になります。

 

呂布対項羽

 

脱走して盗賊になる

歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士

 

黥布は顔に入れ墨を入れられた後、囚人が働いている始皇帝の陵墓建設の仕事に従事しておりました。彼は建設の仕事をしている時に同じ囚人仲間の豪傑や遊侠の親分などと知り合います。彼はその後知り合った囚人仲間と共に脱走し、長江まで逃げます。黥布と囚人たちは盗賊として、長江沿岸の村々や秦の役所を襲い、暴れまわります。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

 

秦に対して反乱を起こす

陳勝・呉広

 

陳勝・呉広の反乱が勃発し、秦帝国に大きな亀裂が入ります。黥布はこの反乱が勃発した時、鄱陽の有名な豪族である呉芮(ごぜい)に気に入られて、彼の娘を嫁にもらいます。その後黥布は呉芮と共に数千人を集めた後、秦に対して挙兵します。陳勝・呉広の乱が発生すると、各地の豪族や元貴族が独立していきます。黥布も彼らと同じ群雄として名乗りを上げる事になります。

 

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

 

項梁(こうりょう)と元に参陣

 

黥布は独立を果たした後、鄱陽に呉芮を残し、自らは軍を率いて項梁の元に馳せ参じます。黥布は項梁軍の先鋒として戦い、実績を上げていきます。項梁は彼の実績を認め、当陽君の称号をもらいます。

 

章邯(しょうかん)

 

こうして実績を積み項梁から期待されておりましたが、秦の章邯(しょうかん)の奇襲により、項梁が亡くなってしまいます。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-楚漢戦争
-,