ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

羌族

董卓&呂布

三国志においては、馬騰や(ばとう)董卓(とうたく)の手足になり、

勇猛な騎馬民族を率いて、漢を苦しめる羌族ですが、

彼等はいつ頃歴史に現れてきたのでしょうか?

 

三国志を彩るもう一つの民族である羌族について勉強しましょう。

 

 

 

漢民族には古くから氐(てい)族と知られた羌族

少帝と弟の劉協を保護した董卓

 

羌族は古くから中国の歴史書には出てきます。

しかし、書物にしっかり記載されるようになったのは、

後漢書からのようです。

 

羌は三苗の一族、姜(きょう)氏の一種だと記録されています。

苗は、漢民族の聖人、禹(う)の逸話にも出てくるので

相当に大昔から、漢民族とは関係があったもようです。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく) 

 

紀元前五世紀に英雄、無弋爰剣(むよくえんけん)が登場

炎 s

 

苗族の支流の姜氏は、紀元前5世紀に戎族の英雄、無弋爰剣が

出現して一族を纏めるようになり羌族として勢力を築きます。

 

しかし、当初は匈奴(きょうど)の方が勢力が強かった為に、

羌族は匈奴になびいて、漢には背いていました。

 

 

 

漢の武帝により匈奴が払われると漢につく

夜 s

 

しかし、前漢の武帝は、充実した国力を背景にそれまで匈奴に

贈り物をしていた屈辱外交を破棄し、夥しい死者を出しながら

匈奴の勢力を西に追い払います。

 

それを見た羌族は、漢に服属するようになり、漢の将軍である、

護羌校尉に従って生活するようになります。

 

が、遊牧民だけあり、漢が取るに足らないと見るや、何度も反乱を起し

その度に鎮圧され、再び服従するという事を繰り返します。

 

 

漢王朝の混乱で再び羌族が活発化する

羌族

 

黄巾の乱そして、外戚と宦官の争いにより後漢が衰えると、

再び、羌族に反乱の様子が現れます。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

 

韓遂は羌族と組み軍事強化

断金の交わり

 

羌族の血を引く、混血の馬騰や、馬超、漢民族の軍閥である、

韓遂は、羌族と手を組む事で軍事力を強化します。

 

騎馬民族の羌族は、彼等西部軍閥の手足として働き、

曹操を追い詰めるなど、その時々で優れた働きをなしました。

 

この頃から、羌族も、自分の利益によって魏についたり、

蜀についたりと三国志のパワーバランスに少なからぬ影響を

与える存在になっていくのです。

 

 

五胡十六国時代に国を建国する羌族

三国志 ヒカリ

 

三国志の時代を終わらせた司馬炎(しばえん)の晋も

30年あまりで内乱状態になります。

 

これにより再び、羌族の動きは活発になります。

 

この時代は羌族ばかりではなく、周辺の異民族の動きは全て活発、

彼等は中国大陸に押し入り、銘々で国を立てるなど、やりたい放題をします。

 

五胡(胡とは異民族という意味)が十六もの国を次々に立てては、

滅びていったので、この時代を五胡十六国時代と言います。

 

羌族の一派である、南安赤亭羌の酋長である姚萇(ようちょう)は、

支配下にいた前秦から独立して西暦384年に後秦を建国します。

 

しかし、国は維持できず、たった33年で、東晋の劉裕(りゅうゆう)に

後秦は滅ぼされてしまいます。

 

 

西夏を建国する羌族

リタイア s

 

その後、長い間、羌族は争乱を繰り返していましたが、

部族の中のタングートが次第に強盛になってきます。

 

西暦1038年にタングートから英雄、李元昊(り・げんこう)が登場。

弱体化していた北宋を圧迫する形で西夏を建国します。

 

しかし、繁栄した西夏は中国風の文化を取り入れて、弱体化します。

100年程すると、女真族の金が北宋を滅ぼし、西夏は、金に服属しました。

 

 

チンギスハーンに滅ぼされ現在に至る羌族

赤兎馬 草原

 

しかし、13世紀に入ると、同じ遊牧民の蒙古が、急激に勢力を拡大、

金を征服した蒙古は、その勢いで西夏も滅ぼしてしまいます。

 

これにより羌族は、歴史から消え、以後目立った動きはありません。

 

 

このように羌族は、古くから漢民族に知られ、漢民族の状態により

仲間になったり、敵対したりしながら、中国の歴史に大きな影響を

与えている民族であるという事が分かります。

 

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 


 

 

こちらの記事もよく読まれています

植物 s

 

よく読まれてる記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

ハイビスカス s

 

よく読まれてる記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

馬謄

 

よく読まれてる記事:馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 董卓 暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?
  2. 何皇后(毒蛇) 何進 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  3. 何晏 魏の何晏は天才学者?それとも薬物中毒患者?
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代の経済ってどうなってたの?
  5. 魯粛 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  6. 空腹の三国志の兵士 街亭の戦いを考察!馬謖は空腹で負けたのではないか?
  7. 関羽の青銅像 関羽の身長まで「あと一尺」!三国志演義の英雄たちがことごとく八尺…
  8. 兵馬俑 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 南蛮
  2. 泣く子も張遼
  3. 項羽と劉邦
  4. 西夏の旗の兵士
  5. 金栗四三の足袋 いだてん
  6. 藺相如(りんしょうじょ)
  7. 王莽
  8. 呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権
  9. 夏侯惇

おすすめ記事

  1. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官
  2. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  3. 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい! 黄月英
  4. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える 亡くなる周瑜
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  6. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?

三國志雑学

  1. 賈詡
  2. 徐晃と許チョと曹操
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 袁家をイジメる董卓
  5. 韓信vs孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末70-8_天皇(シルエット)
  2. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
  3. 西郷隆盛像

おすすめ記事

西郷隆盛像 日本で初めてダイエットをしたのは西郷どん? 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!? 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン 晋の陳寿 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡 孫権 とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介 司馬懿 ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略 曹芳 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP