春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

この記事の所要時間: 232

董卓&呂布

三国志においては、馬騰や(ばとう)董卓(とうたく)の手足になり、

勇猛な騎馬民族を率いて、漢を苦しめる羌族ですが、

彼等はいつ頃歴史に現れてきたのでしょうか?

 

三国志を彩るもう一つの民族である羌族について勉強しましょう。

 

 

 

漢民族には古くから氐(てい)族と知られた羌族

少帝と弟の劉協を保護した董卓

 

羌族は古くから中国の歴史書には出てきます。

しかし、書物にしっかり記載されるようになったのは、

後漢書からのようです。

 

羌は三苗の一族、姜(きょう)氏の一種だと記録されています。

苗は、漢民族の聖人、禹(う)の逸話にも出てくるので

相当に大昔から、漢民族とは関係があったもようです。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく) 

 

紀元前五世紀に英雄、無弋爰剣(むよくえんけん)が登場

炎 s

 

苗族の支流の姜氏は、紀元前5世紀に戎族の英雄、無弋爰剣が

出現して一族を纏めるようになり羌族として勢力を築きます。

 

しかし、当初は匈奴(きょうど)の方が勢力が強かった為に、

羌族は匈奴になびいて、漢には背いていました。

 

 

 

漢の武帝により匈奴が払われると漢につく

夜 s

 

しかし、前漢の武帝は、充実した国力を背景にそれまで匈奴に

贈り物をしていた屈辱外交を破棄し、夥しい死者を出しながら

匈奴の勢力を西に追い払います。

 

それを見た羌族は、漢に服属するようになり、漢の将軍である、

護羌校尉に従って生活するようになります。

 

が、遊牧民だけあり、漢が取るに足らないと見るや、何度も反乱を起し

その度に鎮圧され、再び服従するという事を繰り返します。

 

 

後漢王朝の混乱で再び羌族が活発化する

羌族

 

黄巾の乱そして、外戚と宦官の争いにより後漢が衰えると、

再び、羌族に反乱の様子が現れます。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

 

韓遂は羌族と組み軍事強化

断金の交わり

 

羌族の血を引く、混血の馬騰や、馬超、漢民族の軍閥である、

韓遂は、羌族と手を組む事で軍事力を強化します。

 

騎馬民族の羌族は、彼等西部軍閥の手足として働き、

曹操を追い詰めるなど、その時々で優れた働きをなしました。

 

この頃から、羌族も、自分の利益によって魏についたり、

蜀についたりと三国志のパワーバランスに少なからぬ影響を

与える存在になっていくのです。

 

 

五胡十六国時代に国を建国する羌族

三国志 ヒカリ

 

三国志の時代を終わらせた司馬炎(しばえん)の晋も

30年あまりで内乱状態になります。

 

これにより再び、羌族の動きは活発になります。

 

この時代は羌族ばかりではなく、周辺の異民族の動きは全て活発、

彼等は中国大陸に押し入り、銘々で国を立てるなど、やりたい放題をします。

 

五胡(胡とは異民族という意味)が十六もの国を次々に立てては、

滅びていったので、この時代を五胡十六国時代と言います。

 

羌族の一派である、南安赤亭羌の酋長である姚萇(ようちょう)は、

支配下にいた前秦から独立して西暦384年に後秦を建国します。

 

しかし、国は維持できず、たった33年で、東晋の劉裕(りゅうゆう)に

後秦は滅ぼされてしまいます。

 

 

西夏を建国する羌族

リタイア s

 

その後、長い間、羌族は争乱を繰り返していましたが、

部族の中のタングートが次第に強盛になってきます。

 

西暦1038年にタングートから英雄、李元昊(り・げんこう)が登場。

弱体化していた北宋を圧迫する形で西夏を建国します。

 

しかし、繁栄した西夏は中国風の文化を取り入れて、弱体化します。

100年程すると、女真族の金が北宋を滅ぼし、西夏は、金に服属しました。

 

 

チンギスハーンに滅ぼされ現在に至る羌族

赤兎馬 草原

 

しかし、13世紀に入ると、同じ遊牧民の蒙古が、急激に勢力を拡大、

金を征服した蒙古は、その勢いで西夏も滅ぼしてしまいます。

 

これにより羌族は、歴史から消え、以後目立った動きはありません。

 

 

このように羌族は、古くから漢民族に知られ、漢民族の状態により

仲間になったり、敵対したりしながら、中国の歴史に大きな影響を

与えている民族であるという事が分かります。

 

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 


 

 

こちらの記事もよく読まれています

植物 s

 

よく読まれてる記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

ハイビスカス s

 

よく読まれてる記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

馬謄

 

よく読まれてる記事:馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  2. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  3. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11…
  5. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  6. 三国志演義に登場する兵器
  7. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?
  8. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!
  2. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人
  3. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  4. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  5. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  6. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上? 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

おすすめ記事

  1. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  2. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!
  3. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  4. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  5. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  6. 眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】
  7. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  8. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP