朝まで三国志軍師
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての魏

楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者

この記事の所要時間: 26




 

リベンジャー。

これは個人的な復讐を果たすという意味です。

またアベンジャーは正義に基づく復讐だそうです。

三國志の魏の楊阜(ようふ)は両方に当てはまるのではないのでしょうか。

彼は馬超(ばちょう)が冀城(きじょう)に押し寄せてきた時、

冀城に一族と一緒に篭城して馬超軍と激戦を繰り広げますが、

味方の援軍を得られないことから冀城は降伏。

楊阜は冀城の城主に徹底抗戦を主張しますが、

意見を入れられずに城主と一緒に降伏します。

しかし彼は一族が籠城戦で馬超に殺されていることから、

彼へ復讐を行うチャンスを伺っておりました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!




妻の死をチャンスに変えて

 

楊阜は冀城で馬超に心ならずも降伏。

その後彼は馬超に復讐することだけを考えて日々を過ごしておりました。

しかし一人で馬超に戦いを挑んでも絶対に勝つことができない為、

復讐の協力をしてくれそうな人物を思い出しますが、

その人物は冀城の外に住んでいる人物でした。

その為彼は冀城の外へ出るチャンスを伺っておりましたが、

中々そのチャンスは巡ってきませんでした。

そんな中、楊阜の奥さんが亡くなってしまいます。

楊阜は奥さんが亡くなるとものすごく悲しみますが彼女の死をチャンスと考え、

馬超に「妻が亡くなったので、親戚の元へ言って葬式を行いたい」と要請。

馬超は彼の要請を受け入れて城外に出ることを許可します。

こうして楊阜はようやく冀城の外に出ることができると、

いとこが住んでいる歴城(れきじょう)へ向かいます。




いとこに無念を語る

 

楊阜は歴城に到着するといとこである姜叙(きょうじょ)の家へ向かいます。

彼は姜叙の家に到着するとすぐに家の中に招かれてもてなされます。

彼は姜叙の家でおもてなしを受けると涙をホロホロと流しながら、

冀城での戦闘のいきさつを語ります。

姜叙の母親は彼の泣き顔を見ると「どうしてそんなに泣いているんだい」と述べます。

楊阜は姜叙の母親に目を向けると「私が泣いている理由は三つです。

一つは私が守っていた冀城は父を捨てて、

州を守っていた守将を殺した馬超の攻撃を受けて陥落したことに泣いているのです。

二つ目は主君を馬超に殺されてしまったことも泣いている理由の一つです。

そして三つ目は士大夫達が馬超の攻撃を受けても行動しないことが悔しくて、

泣いているのです。

なぜ士大夫達は兵力を持っているのにやつを討伐しようと考えないのでしょうか。

確かに馬超は強力ですが、道義にかけており隙が多い人物です。

それにも関わらず士大夫達が馬超を討伐しようと行動を起こさないことに、

私は悔しくて涙が止まらないのです。」と語ります。

この言葉を聞いていた姜叙の母親は憤慨して

「姜叙。楊阜の計画を聞いて参加者を集めておきな」と命令。

彼は楊阜の計画を聞くとすぐに教職してくれそうな人達へ使者を送ります。

彼は歴城や他県に使いを出すと続々と楊阜の計画に参加する希望者が集まってきます。

楊阜の計画に賛同した人物の一例として姜隠(きょういん)、趙昴(ちょうこう)、

尹奉(いんほう)、孔信(こうしん)、李俊(りしゅん)、王霊(おうれい)などです。

楊阜の計画に賛同した計画者達は馬超討伐を行うことを誓い合います。

楊阜は馬超討伐の計画が完成すると冀城にいる楊岳(ようがく)へ知らせます。

こうして楊阜の復讐計画が幕を開けることになるのです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

楊阜はこうして様々な人達から協力を得ることに成功し、

馬超討伐の計画を実行するべく着実に準備を進めていきます。

さて馬超討伐の計画を練った楊阜の復讐は成功するのでしょうか。

次回をお楽しみに・・・・

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

関連記事:馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇…
  2. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  3. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  4. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう…
  5. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  6. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  7. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  8. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた
  2. 【ビッグニュース】朝まで三国志 2017 開催のお知らせ
  3. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた
  4. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  5. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  6. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの? 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ! 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

おすすめ記事

  1. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  3. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?
  4. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  5. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  6. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話
  7. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長
  8. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“水滸伝"
PAGE TOP