法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る




アンゴルモア 元寇合戦記(1)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)

 

日本史上、最大の国難、元寇を正面から扱った痛快、チャンバラ合戦絵巻、

アンゴルモア元寇合戦記、この漫画の主人公は鎌倉で政争に敗れ、対馬に流された流人

朽井迅三郎光影(くちい・じんざぶろう・みつかげ)です。

迅三郎は、まだ若い武士ですが、義経(ぎけい)流剣法という独特の剣術を使い、

戦術眼も鋭く、少数の対馬武士団を率いて、100倍のモンゴル軍に挑み、

小さいながら着々と戦勝を積み重ねていきます。

では、この朽井迅三郎は、実在した人物なのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




朽井迅三郎は架空の人物

アンゴルモア 元寇合戦記(3)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)

 

漫画の主人公の朽井迅三郎は、架空の人物ですが、モデルになった人物はいます。

原作のたかぎ七彦が単行本一巻のあとがきに書いた内容によると

同時代の史料「八幡愚童訓(はちまんぐどうくん)」に記されている蒙古襲来で戦った

対馬の流人「口井兄弟」がモデルであるようです。

口井が朽井になって、兄弟が一人になったという事ですね。

 

名前を少し拝借した以外は、朽井のキャラクターは全くのオリジナルなので

朽井迅三郎は、ほぼ架空の人物と断定していいでしょう。




謎設定を詳しく、どうして朽井迅三郎は対馬に流されたのか?

謎設定を詳しく、どうして朽井迅三郎は対馬に流されたのか?

 

アンゴルモア元寇合戦記では、冒頭でいきなり、朽井迅三郎等、

数十名の流人が対馬に流される所から始まります。

でも、どうして朽井は対馬に流されてしまったのでしょうか?

 

こちらには歴史的な伏線が配置されていて、1272年に鎌倉で起きた

二月騒動という事件が関係しています。

当時の鎌倉幕府の執権(しっけん:総理大臣)は北条時宗(ほうじょう・ときむね)と

いう人物でした。

アンゴルモア元寇合戦記では、見た目は柔弱に見えて、実は腹黒く強かな人物として

すでに登場しています。

 

彼は得宗(とくそう)家と呼ばれ代々執権を出す北条一門でも名門の出身でしたが、

ライバルも多く、同じ北条氏の名越流(なごしりゅう)と対立していました。

 

この名越流は、それ以前から、得宗家から執権職を奪い取ろうと画策して

失敗していましたが、1272年にも、名越流、北条時教(ほうじょう・ときのり)が

時宗に対して二月騒動と呼ばれる謀反を起こし鎮圧され、時教は息子共々斬首されました。

 

穏健派の北条時章と朽井迅三郎は親しかった

 

この名越流には、北条時章(ときあき)という人がいて彼は弟の時教と違い穏健派でした。

二月騒動には加担していないのですが、執権、時宗は容赦せずに時章の館にも

討伐軍を派遣し時章は無実でありながら殺されてしまう結果になります。

 

アンゴルモア元寇合戦記の主人公の朽井迅三郎は、この北条時章と親しい

という設定なので、朽井も攻め込まれた時章に勝手に加勢してしまい

謀反人として捕えられるというストーリーになっています。

 

北条時宗は無実と知りながら時章を殺した

 

しかし、どうやら、北条時章は誤殺ではなく、最初から無実と知りながら、

執権、北条時宗主導で殺されてしまったようです。

その理由は、時章が九州の筑後(ちくご)、大隅(おおすみ)、肥後(ひご)の

守護だった事にあります。

これらの領地は、時章の死後、安達泰盛(あだち・やすもり)や

大友頼泰(おおとも・よりやす)に与えられますが、彼等は執権、北条時宗を

支える寄合衆に属していたのです。

 

これは、回避できないモンゴル軍の襲来に備えて、名越流が九州で

モンゴル討伐で手柄を立て、鎌倉で発言権を増す事がないように

あらかじめ、時章を殺して領地を味方に分配しておいて得宗家の

主導権を強めるという思惑があったのです。

 

アンゴルモア元寇合戦記 kawausoの一言

アンゴルモア元寇合戦記 kawausoの一言

 

その後、北条時章は無実が判明したとして、名誉を回復され逆に時章を討った

御内人(みうちびと:時宗の直接の家来)5名が処刑されました。

ですが、これも出来レースであり、無実の時章を殺した反感が予想以上に

強かったので、慌てて執権時宗が尻尾を切り落としたと考えられます。

 

そういう事になると、主人公の朽井迅三郎にとっては、執権時宗は、

友を無実の罪で殺し、朽井の家、財産を奪い対馬に流した憎っくき敵です。

 

ではありますが、史実の時宗は優秀な指揮官であり、元寇を阻止しようという

思惑では朽井迅三郎と一致しているわけです。

これが、その後どうなるかというのも、アンゴルモア元寇合戦記の見所ですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 鎌倉時代の侍 鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年?
  2. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  3. 平清盛 鎌倉幕府 鎌倉時代を扱った映画で当時の様子がリアルにわかる4選
  4. 鎌倉時代の農業はどんなもの?生産性の向上と飢饉の時代
  5. 源義経 鎌倉時代 【鎌倉時代の豆知識】源義経と木曽義仲はイケメンだったらしい
  6. 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?
  7. 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記(鎌倉時代)の登場人物は何を食べていた?
  8. 宋銭 お金と紙幣 鎌倉時代に使われていた貨幣とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫尚香
  2. キングダム53巻
  3. 陸遜
  4. 于禁
  5. キングダム53巻
  6. 劉備と張松(ちょうしょう)
  7. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  8. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  2. コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月22日実施)
  3. 【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?!
  4. kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」
  5. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!
  6. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

三國志雑学

  1. 蜀の劉備
  2. 于吉と張角
  3. 三国志平話
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  2. 幕末 帝国議会
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 周倉

おすすめ記事

織田信長 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に! 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2 オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」 周瑜と孫策 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった? 凌統 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版 張飛益徳参上 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? 燃える本能寺 明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP