編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る

この記事の所要時間: 37




アンゴルモア 元寇合戦記(1)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)

 

日本史上、最大の国難、元寇を正面から扱った痛快、チャンバラ合戦絵巻、

アンゴルモア元寇合戦記、この漫画の主人公は鎌倉で政争に敗れ、対馬に流された流人

朽井迅三郎光影(くちい・じんざぶろう・みつかげ)です。

迅三郎は、まだ若い武士ですが、義経(ぎけい)流剣法という独特の剣術を使い、

戦術眼も鋭く、少数の対馬武士団を率いて、100倍のモンゴル軍に挑み、

小さいながら着々と戦勝を積み重ねていきます。

では、この朽井迅三郎は、実在した人物なのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




朽井迅三郎は架空の人物

アンゴルモア 元寇合戦記(3)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)

 

漫画の主人公の朽井迅三郎は、架空の人物ですが、モデルになった人物はいます。

原作のたかぎ七彦が単行本一巻のあとがきに書いた内容によると

同時代の史料「八幡愚童訓(はちまんぐどうくん)」に記されている蒙古襲来で戦った

対馬の流人「口井兄弟」がモデルであるようです。

口井が朽井になって、兄弟が一人になったという事ですね。

 

名前を少し拝借した以外は、朽井のキャラクターは全くのオリジナルなので

朽井迅三郎は、ほぼ架空の人物と断定していいでしょう。




謎設定を詳しく、どうして朽井迅三郎は対馬に流されたのか?

 

アンゴルモア元寇合戦記では、冒頭でいきなり、朽井迅三郎等、

数十名の流人が対馬に流される所から始まります。

でも、どうして朽井は対馬に流されてしまったのでしょうか?

 

こちらには歴史的な伏線が配置されていて、1272年に鎌倉で起きた

二月騒動という事件が関係しています。

当時の鎌倉幕府の執権(しっけん:総理大臣)は北条時宗(ほうじょう・ときむね)と

いう人物でした。

アンゴルモア元寇合戦記では、見た目は柔弱に見えて、実は腹黒く強かな人物として

すでに登場しています。

 

彼は得宗(とくそう)家と呼ばれ代々執権を出す北条一門でも名門の出身でしたが、

ライバルも多く、同じ北条氏の名越流(なごしりゅう)と対立していました。

 

この名越流は、それ以前から、得宗家から執権職を奪い取ろうと画策して

失敗していましたが、1272年にも、名越流、北条時教(ほうじょう・ときのり)が

時宗に対して二月騒動と呼ばれる謀反を起こし鎮圧され、時教は息子共々斬首されました。

 

穏健派の北条時章と朽井迅三郎は親しかった

 

この名越流には、北条時章(ときあき)という人がいて彼は弟の時教と違い穏健派でした。

二月騒動には加担していないのですが、執権、時宗は容赦せずに時章の館にも

討伐軍を派遣し時章は無実でありながら殺されてしまう結果になります。

 

アンゴルモア元寇合戦記の主人公の朽井迅三郎は、この北条時章と親しい

という設定なので、朽井も攻め込まれた時章に勝手に加勢してしまい

謀反人として捕えられるというストーリーになっています。

 

北条時宗は無実と知りながら時章を殺した

 

しかし、どうやら、北条時章は誤殺ではなく、最初から無実と知りながら、

執権、北条時宗主導で殺されてしまったようです。

その理由は、時章が九州の筑後(ちくご)、大隅(おおすみ)、肥後(ひご)の

守護だった事にあります。

これらの領地は、時章の死後、安達泰盛(あだち・やすもり)や

大友頼泰(おおとも・よりやす)に与えられますが、彼等は執権、北条時宗を

支える寄合衆に属していたのです。

 

これは、回避できないモンゴル軍の襲来に備えて、名越流が九州で

モンゴル討伐で手柄を立て、鎌倉で発言権を増す事がないように

あらかじめ、時章を殺して領地を味方に分配しておいて得宗家の

主導権を強めるという思惑があったのです。

 

アンゴルモア元寇合戦記 kawausoの一言

 

その後、北条時章は無実が判明したとして、名誉を回復され逆に時章を討った

御内人(みうちびと:時宗の直接の家来)5名が処刑されました。

ですが、これも出来レースであり、無実の時章を殺した反感が予想以上に

強かったので、慌てて執権時宗が尻尾を切り落としたと考えられます。

 

そういう事になると、主人公の朽井迅三郎にとっては、執権時宗は、

友を無実の罪で殺し、朽井の家、財産を奪い対馬に流した憎っくき敵です。

 

ではありますが、史実の時宗は優秀な指揮官であり、元寇を阻止しようという

思惑では朽井迅三郎と一致しているわけです。

これが、その後どうなるかというのも、アンゴルモア元寇合戦記の見所ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  2. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げる…
  3. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  4. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  5. 95話:馬超と張飛の一騎打ち
  6. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…
  7. 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思…
  8. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  2. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  3. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  4. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  5. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  6. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識! これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】

おすすめ記事

  1. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る
  2. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  3. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  4. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー
  5. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる
  6. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  7. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  8. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP