呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

黄忠の様子を見に行く趙雲




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・迫る超高齢化社会」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する武将たちは年齢不詳ばかりで、

若武者なのか、中堅なのか、ベテランなのか、老人なのか判別がとても難しいです。

蜀の趙雲あたりはいつまでたっても若大将というイメージが強いですよね。

まるで巨人の原辰徳さんのようです。

そんな中で極めて強烈なインパクトを持っているのが蜀の「黄忠」、「厳顔」です。

2人まとめて「老将コンビ」などと呼びます。カテゴリーが老人でバッチリ固定されているのです。

そもそも過酷な戦場で老人が活躍などできるものなのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!




高齢化社会の日本でいう老人

 

老人は、一般的に「高齢者」という表現になりますが、65歳以上の世代を指します。

高齢化社会の傾向が強まっている日本ではこれを70歳にしようとする動きがあります。

定年や年金受給を70歳からにするというものです。

一方で高齢者の自動車事故が問題視されたりもしています。

2015年時点での日本の65歳以上の割合は26.3%です。

4人に1人が老人です。これが2050年には36.3%になります。

3人に1人は老人です。

さらに驚くべきことに2050年には100歳以上の人口が44万人を突破するそうです。

生産年齢(15歳から64歳)1人に対して、

若年(14歳以下)・高齢(65歳以上)1人ずつを負担しなければならない時代になります。

まさに超高齢化社会の到来です。




黄忠は何歳だったのか?

 

黄忠と厳顔は老人というイメージがありますが、一体何歳だったのでしょうか。

実際のところ、厳顔が老人であるという記載は正史にはありません。

三国志演義独自の表現になっています。厳顔が老将だったかどうか不明ということです。

では黄忠はどうでしょうか。

三国志演義では関羽と黄忠が争ったとき、黄忠はすでに60歳を超えていたという設定になっています。

西暦208年のことです。

黄忠はその後、益州侵略で武功をあげ、

さらに西暦219年の定軍山の戦いで魏の名将・夏侯淵を討ち取ります。

つまり黄忠は70歳を超える状態で山岳戦に臨み、さらに敵の総大将の首を討ったのです。

これは70歳でも充分に戦場で働けるということを示しています。

これを「老黄忠」と呼び、

現在でも「老当益壮」(老いて益々壮んであること)の代表格とされています。

 

老黄忠の存在価値

 

蜀は呉や魏に比べて圧倒的に人口が不足しています。

蜀は呉の50%の人口数であり、さらに魏の25%の人口数です。

当然ながら兵力も変わってきます。兵役に就ける人口の数が異なるからです。

軍師の苦心や、武将たちの力量、兵の訓練度である程度は補えるものの、やはり寡兵は不利になります。

当然のように異民族の内地への帰化はどこの国でも実施しています。

もはや猫の手も借りたい状態なのです。

そうなると蜀のとるべき手段は一つしかありません。現代の日本と同じです。

65歳だろうが、70歳だろうが働いて成果をあげてもらわなければ困るという話になります。

高齢者に頼るしか打つ手がないのです。

そこで高齢者を勇気づける存在が必要になります。それが「黄忠」だったのではないでしょうか。

正史で関羽が「あの老兵と同列など納得がいかない」と不満を漏らしていますが、

老兵の存在すらも貴重だったのが蜀の台所事情だったということです。

 

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

関連記事:黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

老人でも立派に頑張れるというメッセージがこもったこの「老黄忠」という言葉。

もしかすると、三国志が今後の日本に一番影響を及ぼすのは、このエピソードになるかもしれませんね。

私も33年後の2050年には確実に高齢者の一員なので、老黄忠の志を胸に頑張ります!

皆さんもそんな社会システムが成立できるよう協力してくださいね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 南蛮 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  2. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  3. 于禁 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人…
  4. お酒 三国志 曹操 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  5. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  6. 陸遜 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  7. 陸遜 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?
  8. 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 劉備と公孫瓚
  3. 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)
  4. 昌豨
  5. 三国志ライター よかミカンさん
  6. 劉備とサンタクロース
  7. 陸遜

おすすめ記事

  1. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件 晋の陳寿
  2. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  3. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた! 孔明と司馬懿
  4. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.3
  5. 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは? 孔子と儒教
  6. 読者の声(2018年9月1日〜21日)

三國志雑学

  1. 曹洪と曹操
  2. 司馬懿と曹操
  3. 王基に感謝する司馬昭
  4. 徐庶をゲットする曹操
  5. 曹操


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁紹
  2. 兵士 朝まで三国志
  3. 陸抗
  4. 夏侯惇
  5. 孔明 vs 司馬懿

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】 ミニチュアで遊ぶ董卓 ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した! 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者 劉備の黒歴史 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 幻の1940年の東京五輪 いだてん 2020年東京オリンピックと物流問題は改善できるのか? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 幕末 洋式軍隊の行進 彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP