三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 55




 

第16話では疲弊した井伊谷(いいのや)の井伊家の経済状況を立て直そうとしている直虎(なおとら)へ

家臣の瀬戸の方久(せとのほうきゅう)から木綿の綿を栽培して、

他国へ販売すればいいのではないか。と提案されます。

直虎は早速井伊谷で木綿の綿を栽培することを開始

井伊谷の民衆は井伊直虎の政策に従って木綿の綿の栽培を始めることにします。

そんな中、井伊直虎の元へ豪華な箱に入った一丁の大きな黒い筒がやってきます。

この筒の名を「種子島(たねがしま)」といい、

今回の大河ドラマ井伊直虎はこの種子島に翻弄されることになるのです。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介




「消えた種子島」の見どころその1:井伊谷にもついに新兵器登場

日本の戦国時代の合戦模様を大きく変化させたのは鉄砲が伝来されたからです。

鉄砲伝来までの戦いは弓矢で敵陣に攻撃を仕掛けた後、

敵軍へ槍もしくは騎馬隊で敵陣へ突っ込んでいくやり方でした。

だが弓矢を狙ったところに打ち放って敵を打ち殺したり、

槍・騎馬隊での突撃はそれなりの技量が必要とされ、

槍・騎馬隊での突撃は敵に至近距離にまで近づかないと殺傷能力がありませんでした。

しかしこの鉄砲が伝来されたことによって引き金を引くだけで、

敵を弓矢よりも遠くから敵兵を殺害することが可能となり、

鉄砲を大量に保有することによって敵に大きな損害を与えることができ、

全国の戦国大名はこの鉄砲を取り寄せることに躍起になっておりました。

そんな新兵器・鉄砲が井伊直虎の元へやってくることに。

中野直之(なかのなおゆき)は直虎へ種子島(鉄砲)の説明を行った後、

「直虎様には実際に射っている所をお見せしたほうが早いですな」と言って、

直虎・直之・方久の三人は龍潭寺(りゅうたんじ)に赴くことに。

そこでは次世代の井伊家を背負うことになる虎松(とらまつ)の姿がありました。

虎松は人見知りで一緒についてきた侍女の後ろに隠れてしまう

気弱で人見知りの子供でした。

そんな姿を見ていた井伊直虎は少し不安げでしたが直之に連れられて裏山へ。

直之は直虎へ種子島の使い方を教えながら鉄砲を的へ向かって放ちます。

轟音とともに的には大きな穴が一つ空いており直虎はびっくりして唖然としておりました。

さて今回はここから物語がスタートすることになりますが

この鉄砲が井伊家にとんでもない災厄を持ってくることになるのです。




「消えた種子島」の見どころその2:種子島が高すぎる

 

中野直之は井伊直虎と一緒に館に帰ると「鉄砲を買って軍備を整えましょう。」と説得。

直虎は直之へ「一体いくらするのじゃ」と尋ねます。

すると中野直之は井伊直虎へ

「一丁10貫(=現在の貨幣価値で大体20万円ほど)です。」と遠慮がちに述べます。

すると直虎はびっくりして「ちょっと待て。

井伊谷は借金だらけでそんな高い買い物はできん。」と当然の事を述べます。

直之は直虎へ反対意見を述べます。

直之は直虎へ

「今の井伊谷の軍勢では民衆や虎松様を守ることのできる力はありません。

しかしこの種子島を配備すれば、農民でも簡単に射撃することができ、

敵軍を打ち払うことができます。絶対に買っておくべきです。」と説得。

だが種子島の話をしている中野直之も井伊直虎も種子島が、

一丁20万円もする高額なものであるため気後れしてしまうのでした。

ここで瀬田の方久が二人に「欲しいというのであれば、銭は私が立て替えておきますが、

種子島の数を揃えるにも高額な銭が必要ですが、

種子島に使用する弾薬も超高額であり、

井伊家にはちょっと厳しいのではないのでしょうか。」と現実問題を突きつけるのでした。

ここで井伊直虎はと突拍子もない考えを閃くのでした。

さて直虎が閃いた考えとは一体何なのでしょうか。

 

「消えた種子島」の見どころその3:もてはやされている虎松君

 

井伊直虎は龍潭寺の南渓和尚(なんけいおしょう)に相談するため、

寺を訪れておりますが不在でした。

そんな時、虎松が家臣の息子達と一緒に碁を打っておりました。

中野直之の弟である中野直久(なかのなおひさ)が、

虎松君が間違った場所に碁石を置かないように口を挟んでおり、

ちゃんとした場所に置いた時にはみんなで虎松君をベタ褒めして持ち上げておりました。

虎松君も自分で考えて石を置いたことで満足げに頷いておりました。

この様子を見ていた井伊直虎は「これ。お前達が虎松に碁石の置く場所を指定しては、

ダメではないか。

そのままでは虎松はなんにも考えることのできない子どもに育ってしまうではないか。

これからは一切手加減無用でやってほしい」と注意するのでした。

この注意が後にとんでもないことになってしまうとは井伊直虎は気づきませんでした。

 

「消えた種子島」の見どころその4:ニートになっちゃった虎松と井伊直虎

 

虎松は寺に行かなくなってしまいます。

その原因は井伊直虎にありました。

直虎が虎松に一切手加減する必要はないと皆に行ったせいで、

誰も虎松を持ち上げることをしないで、全力で虎松を倒しに来てしまいます。

虎松は力比べで友人に敗北し、鬼ごっこでも捕まえることができないため鬼ばかりに。

さらに囲碁でも全力で戦うことになってしまったため、

友人に勝つことができなくなってしまいました。

この結果、虎松は寺に行くのが嫌になってしまいニートになってしまいます。

このことを聞いた井伊直虎はすぐに虎松の家に向かい、

虎松を引っ張り出して説教を行います。

虎松は直虎が激怒していることを気づいたのか、

彼女がやってくると大声で泣き喚いてしまいます。

そして狂犬・シノは直虎に対して「うちの虎松を井伊家の跡取りにしなくて結構です。」と

言い放ち虎松を連れて直虎の元を去っていくのでした。

さて虎松君と直虎は一体どうなるのでしょうか。

 

「消えた種子島」の見どころその5:新キャラ再び

 

さて井伊直虎は虎松との経緯を話すと母親に怒られてしまいます。

そのため直虎はいつもの頭を冷やすために使っている竜宮小僧の井戸に向かいます。

するとそこには以前出てきた新キャラが顔を洗っておりました。

直虎はこの新キャラに虎松が抱えている悩みを打ち明けます。

すると新キャラは「一度勝たせてやればいいんじゃないですかね。

そうすれば、かつ楽しさを知ることができ、やる気も起きるのではないのでしょうか。」と提案。

直虎はこの提案を聞いて「そうじゃな。その通りだ。また助けてもらったな」と

言って走り去ってしまうのでした。

一体直虎は何を思いついたのでしょうか。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さて今回は大河ドラマメインテーマとなっている鉄砲・種子島はほとんど出てくることはなく、

虎松君がメインとなってお話が進行していくことになります。

井伊谷のほのぼのとした雰囲気を感じることのできる回であったのではないのでしょうか。

ではいったタイトルの消えた種子島というのは一体何だったのでしょうか。

それは終盤に事件が勃発するのです。

なんと種子島が忽然と姿を消してしまい、

小野正次(おのまさつぐ)の手の中にあったのです。

そして正次は井伊直虎へ「なぜこのような物を持っているのです。

今川家(いまがわけ)から目付として任命されている身分である身としては、

見過ごすことができないですな。

もしや直虎様。再び今川家に楯突くおつもりじゃありませんか。」と述べるのです。

そして正次は直虎へ再びあの役職を要求するのでした。

さて一触即発の事態に最後の最後で発展してしまった井伊直虎。

彼女はこの事態をどのように解決するのか。

乞うご期待にございまする。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  2. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】…
  3. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  4. 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜…
  5. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  6. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲し…
  7. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…
  8. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者
  2. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  4. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?
  5. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  6. 陳宮は何故曹操を裏切ったのか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる! 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破! 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 読者の声(2018年11月12日〜18日)

おすすめ記事

  1. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  2. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  3. 漢代まではリアルダンジョンだった蜀
  4. 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い
  5. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  6. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  7. 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?
  8. 陶淵明のすねすね漢詩「飲酒二十編」が想像以上にグダグダ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP