ライセンシー募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?

この記事の所要時間: 236




 

織田信長は将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を擁して、

京都や近畿周辺の諸大名を味方につけることに成功し、

京都へ勢力を伸ばすことに成功します。

信長と義昭は京都に到着した当初はかなり仲のいい協力者として

互いに尊重しておりました。

義昭は信長の勢力を後ろ盾にすることで将軍の権威の回復し、

諸大名(畿内を中心とした諸大名)や幕府直轄領からの税収など、

経済的基盤を確立。

さらに直轄軍の再編成など積極的に行動を起こしていきますが、

信長は別に怒ったりしてないで彼の行動を見守っておりました。

このように協力的な二人の間がとあることがきっかけで、

仲が悪くなってしまいます。

その原因は一体何なのでしょうか。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦




信長ブチキレて帰る

 

信長は伊勢の北畠(きたばたけ)氏を攻略すると京都へ向かい、

将軍・義昭に戦勝報告を行います。

その後朝廷にあいさつ回りを行います。

こうして京都でやるべきことを行った信長でしたが、

突然岐阜(ぎふ)城へ帰還してしまいます。

朝廷の公家や部下達は信長の後を追って彼を京都へ呼び戻そうとします。

信長は岐阜に帰る途中で朝廷の公家達に引き留められますが、

一言「いや。もう帰るし。あいつうざいし」と愚痴をこぼして、

岐阜へ帰っていきます。

さて信長が言った「あいつ」とはいったいだれを指しているのでしょうか。




信長がうざいといったあいつとは

 

信長が公家達へ言った「あいつ」とはいったい誰なのでしょうか。

あいつとは足利義昭です。

信長は義昭と仲が悪くなかったのに、

どうして彼の悪口を言うようになったのでしょうか。

その原因は北畠氏攻略戦が原因でした。

 

大軍を率いて北畠氏攻略戦へ赴くも…

 

信長は京都や近畿周辺の諸大名を平定した後、

北畠氏の重臣である木造(こづくり)氏から

「内応するから北畠家を攻撃してくれないか」と連絡がやってきます。

信長は京都を去って岐阜へ帰還するとすぐに大軍を率いて、

伊勢の北畠氏攻略へ向けて出陣。

信長が率いていた人数はさだかではありませんが、

5万とか10万といわれるほどの大軍を率いて攻略戦に向かったそうです。

しかし信長率いる織田軍は北畠氏攻略にてこずることになり、

局地戦で北畠氏率いる軍勢に幾度も敗北してしまいます。

そのため信長は北畠氏の本拠地である大河内城を包囲する作戦に出ますが、

1か月包囲しても大河内城は根を上げることなく、

織田軍に激しい抵抗を行ってきます。

信長はこのままではまずいと考えて将軍・義昭にお願いして北畠氏と講和の

仲介に立ってもらうようにお願いします。

 

信長に有利な条件で講和成立

 

義昭は信長から北畠氏との講和を要請されると早速行動を開始。

彼は信長が提示した有利な条件を北畠家氏へ提示します。

北畠氏は最初信長との講和に難色を示しますが、

義昭は将軍の権威を見せつけて強引に講和へ応じるように命令。

その結果、信長に有利な条件で北畠氏は織田家と講和することになります。

こうして信長は北畠氏攻略戦を完了することになるのですが、

義昭に借りを作ってしまうことになります。

また義昭は信長に借りを作ることで将軍の権威の回復がなされたと勘違いし、

調子に乗ってしまったことが原因で信長との間に微妙な溝ができてしまいます。

そして信長が京都へ戦勝報告をしたとき、

義昭は信長に調子づいた発言をしたことがきっかけで、

信長は機嫌を悪くして岐阜へ帰還してしまうことになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り事

 

義昭は将軍の権威が回復したと思い込んで、

信長に調子づいてしまったことが原因で、

二人の仲は少し悪くなってしまいます。

この事件をきっかけとして二人の仲が少しずつ悪くなっていき、

最終的には敵対関係になってしまうのです。

そして信長にとって尾張統一戦と同じくらいもしくはそれ以上につらい時期が、

再びやってくることになります。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  2. 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介!
  3. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異…
  4. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎ…
  6. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  7. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  8. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】
  2. 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操
  3. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  4. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  5. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  6. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛 キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

おすすめ記事

  1. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  2. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  3. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  4. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  5. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  6. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  7. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  8. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP