はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!

この記事の所要時間: 37




 

キングダムが中国の古代史・春秋戦国時代を描いた漫画で、

他の追従を許さないほどトップを走っているのはご存知だと思います。

しかしキングダムに負けないほど、

人気のある日本の戦国時代を描いたマンガがあるのをご存知ですか。

そのマンガの名前はセンゴクです。

 

 

センゴクは織田信長を主人公としている・・・・わけではなく、

仙石秀久(せんごくひでひさ)と言う羽柴秀吉の部下として活躍した人物の視点から、

当時の日本の戦国時代がどうなっているのかを知ることができるマンガです。

さてこのマンガには当然織田信長も登場するのですが、

今回はセンゴクに登場する前の信長をご紹介したいと思います。

信長は織田家当主となった時から周りは敵ばかりであったのをご存知でしょうか。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!




織田家当主に就任

 

信長は父織田信秀(おだのぶひで)が亡くなると織田家を率いていく当主へ

就任することになります。

しかし信長が織田家の当主となった時、

信長が領有することになった尾張の北と東には強敵達が取り囲んでいる状態でした。




北の東海一の弓取りと東のマムシに挟まれて

 

まず東には最近までおんな城主・井伊直虎(いいなおとら)に登場し、

駿河(するが)・遠江(とおとうみ)・三河(みかわ)三国を領有し、

海道一の弓取りと言われた戦上手・今川義元がおりました。

彼の勢力は尾張と三河の国境にある織田家の武将たちを取り込み、

尾張の中心部に向かって勢力を拡大しておりました。

次に尾張の北にある美濃には美濃のマムシとして近隣諸国から恐れられた

大名・斎藤道三(さいとうどうざん)がおりました。

この国も尾張の織田家と比べればはるかに強力な国でしたが、

信秀の時代に道三の娘と信長が結婚したことによって同盟関係を築くことになっており、

敵ではなくなっておりました。

しかし織田家の力が弱まればいつ尾張へ攻撃してきてもおかしくない勢力でした。

 

関連記事:おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

尾張内部は分裂・織田家内部もグラグラ

 

信長は北と東の強国に挟まれている状態で織田家のトップに就任しますが、

彼の危機的状況は尾張の外にいる諸大名の圧力だけではなく、

尾張内部からも圧力をかけられている状態でした。

信長が信秀の跡を継いだ時の尾張は分裂している状態でした。

尾張には織田家が複数有り尾張最大の勢力であった織田家は、

尾張守護職だった斯波(しば)家の守護代である織田信友(おだのぶとも)でした。

この守護代織田家は信長とは別の織田家と考えて頂ければいいと思います。

この守護代である信友は守護代である斯波家の当主を殺害して守護職の位に就任。

しかし斯波家のトップの息子が信長の元へ逃亡して信友を殺害して欲しいと要請します。

この要請を聞いた信長は織田信友と争い勝利。

しかし叔父である信光が援軍に加勢してくれたためなんとか勝利を得ることに成功するのです。

だが叔父・信光は家臣に殺害されてしまいます。

そして信長は叔父信光の所領を吸収して尾張国内に勢力を拡大していきます。

こうして少しづつ信長の織田家は尾張の統一に向けて勢力を拡大していくことになるのですが、

最大の敵は国内に分散されている織田家ではありませんでした。

信長最大の敵とはいったい誰なのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

さて尾張国内にも信長の敵は多くいて、

国外にも強敵が織田家を囲むようにしている状態がお分かりいただけたと思います。

さらに信長には上記で説明したように尾張が統一されていない状況にあるにも関わらず、

最強の敵が潜んでおりました。

その為彼は一時も気の緩みを見せることのできない状況であったと思います。

なにやら三国志曹操が初めて領地を持った時と似ているような気がするのは、

レンだけでしょうか。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  2. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  3. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国…
  4. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  5. 【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?
  6. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  7. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  8. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証
  2. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  3. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  4. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  5. kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」
  6. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場 オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?

おすすめ記事

  1. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  2. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  3. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  4. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』
  5. 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?
  6. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男
  7. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  8. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP