これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダムが中国の古代史・春秋戦国時代を描いた漫画で、

他の追従を許さないほどトップを走っているのはご存知だと思います。

しかしキングダムに負けないほど、

人気のある日本の戦国時代を描いたマンガがあるのをご存知ですか。

そのマンガの名前はセンゴクです。

 

 

センゴクは織田信長を主人公としている・・・・わけではなく、

仙石秀久(せんごくひでひさ)と言う羽柴秀吉の部下として活躍した人物の視点から、

当時の日本の戦国時代がどうなっているのかを知ることができるマンガです。

さてこのマンガには当然織田信長も登場するのですが、

今回はセンゴクに登場する前の信長をご紹介したいと思います。

信長は織田家当主となった時から周りは敵ばかりであったのをご存知でしょうか。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!


織田家当主に就任

 

信長は父織田信秀(おだのぶひで)が亡くなると織田家を率いていく当主へ

就任することになります。

しかし信長が織田家の当主となった時、

信長が領有することになった尾張の北と東には強敵達が取り囲んでいる状態でした。


北の東海一の弓取りと東のマムシに挟まれて

 

まず東には最近までおんな城主・井伊直虎(いいなおとら)に登場し、

駿河(するが)・遠江(とおとうみ)・三河(みかわ)三国を領有し、

海道一の弓取りと言われた戦上手・今川義元がおりました。

彼の勢力は尾張と三河の国境にある織田家の武将たちを取り込み、

尾張の中心部に向かって勢力を拡大しておりました。

次に尾張の北にある美濃には美濃のマムシとして近隣諸国から恐れられた

大名・斎藤道三(さいとうどうざん)がおりました。

この国も尾張の織田家と比べればはるかに強力な国でしたが、

信秀の時代に道三の娘と信長が結婚したことによって同盟関係を築くことになっており、

敵ではなくなっておりました。

しかし織田家の力が弱まればいつ尾張へ攻撃してきてもおかしくない勢力でした。

 

関連記事:おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家


尾張内部は分裂・織田家内部もグラグラ

 

信長は北と東の強国に挟まれている状態で織田家のトップに就任しますが、

彼の危機的状況は尾張の外にいる諸大名の圧力だけではなく、

尾張内部からも圧力をかけられている状態でした。

信長が信秀の跡を継いだ時の尾張は分裂している状態でした。

尾張には織田家が複数有り尾張最大の勢力であった織田家は、

尾張守護職だった斯波(しば)家の守護代である織田信友(おだのぶとも)でした。

この守護代織田家は信長とは別の織田家と考えて頂ければいいと思います。

この守護代である信友は守護代である斯波家の当主を殺害して守護職の位に就任。

しかし斯波家のトップの息子が信長の元へ逃亡して信友を殺害して欲しいと要請します。

この要請を聞いた信長は織田信友と争い勝利。

しかし叔父である信光が援軍に加勢してくれたためなんとか勝利を得ることに成功するのです。

だが叔父・信光は家臣に殺害されてしまいます。

そして信長は叔父信光の所領を吸収して尾張国内に勢力を拡大していきます。

こうして少しづつ信長の織田家は尾張の統一に向けて勢力を拡大していくことになるのですが、

最大の敵は国内に分散されている織田家ではありませんでした。

信長最大の敵とはいったい誰なのでしょうか。


  

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

さて尾張国内にも信長の敵は多くいて、

国外にも強敵が織田家を囲むようにしている状態がお分かりいただけたと思います。

さらに信長には上記で説明したように尾張が統一されていない状況にあるにも関わらず、

最強の敵が潜んでおりました。

その為彼は一時も気の緩みを見せることのできない状況であったと思います。

なにやら三国志の曹操が初めて領地を持った時と似ているような気がするのは、

レンだけでしょうか。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 呉の孫権は皇帝
  2. 敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信)
  3. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  4. 馬に乗って戦う若き織田信長
  5. おんな城主 直虎
  6. 上杉謙信

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP