ライセンシー募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!

この記事の所要時間: 37




 

キングダムが中国の古代史・春秋戦国時代を描いた漫画で、

他の追従を許さないほどトップを走っているのはご存知だと思います。

しかしキングダムに負けないほど、

人気のある日本の戦国時代を描いたマンガがあるのをご存知ですか。

そのマンガの名前はセンゴクです。

 

 

センゴクは織田信長を主人公としている・・・・わけではなく、

仙石秀久(せんごくひでひさ)と言う羽柴秀吉の部下として活躍した人物の視点から、

当時の日本の戦国時代がどうなっているのかを知ることができるマンガです。

さてこのマンガには当然織田信長も登場するのですが、

今回はセンゴクに登場する前の信長をご紹介したいと思います。

信長は織田家当主となった時から周りは敵ばかりであったのをご存知でしょうか。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!




織田家当主に就任

 

信長は父織田信秀(おだのぶひで)が亡くなると織田家を率いていく当主へ

就任することになります。

しかし信長が織田家の当主となった時、

信長が領有することになった尾張の北と東には強敵達が取り囲んでいる状態でした。




北の東海一の弓取りと東のマムシに挟まれて

 

まず東には最近までおんな城主・井伊直虎(いいなおとら)に登場し、

駿河(するが)・遠江(とおとうみ)・三河(みかわ)三国を領有し、

海道一の弓取りと言われた戦上手・今川義元がおりました。

彼の勢力は尾張と三河の国境にある織田家の武将たちを取り込み、

尾張の中心部に向かって勢力を拡大しておりました。

次に尾張の北にある美濃には美濃のマムシとして近隣諸国から恐れられた

大名・斎藤道三(さいとうどうざん)がおりました。

この国も尾張の織田家と比べればはるかに強力な国でしたが、

信秀の時代に道三の娘と信長が結婚したことによって同盟関係を築くことになっており、

敵ではなくなっておりました。

しかし織田家の力が弱まればいつ尾張へ攻撃してきてもおかしくない勢力でした。

 

関連記事:おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

尾張内部は分裂・織田家内部もグラグラ

 

信長は北と東の強国に挟まれている状態で織田家のトップに就任しますが、

彼の危機的状況は尾張の外にいる諸大名の圧力だけではなく、

尾張内部からも圧力をかけられている状態でした。

信長が信秀の跡を継いだ時の尾張は分裂している状態でした。

尾張には織田家が複数有り尾張最大の勢力であった織田家は、

尾張守護職だった斯波(しば)家の守護代である織田信友(おだのぶとも)でした。

この守護代織田家は信長とは別の織田家と考えて頂ければいいと思います。

この守護代である信友は守護代である斯波家の当主を殺害して守護職の位に就任。

しかし斯波家のトップの息子が信長の元へ逃亡して信友を殺害して欲しいと要請します。

この要請を聞いた信長は織田信友と争い勝利。

しかし叔父である信光が援軍に加勢してくれたためなんとか勝利を得ることに成功するのです。

だが叔父・信光は家臣に殺害されてしまいます。

そして信長は叔父信光の所領を吸収して尾張国内に勢力を拡大していきます。

こうして少しづつ信長の織田家は尾張の統一に向けて勢力を拡大していくことになるのですが、

最大の敵は国内に分散されている織田家ではありませんでした。

信長最大の敵とはいったい誰なのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

さて尾張国内にも信長の敵は多くいて、

国外にも強敵が織田家を囲むようにしている状態がお分かりいただけたと思います。

さらに信長には上記で説明したように尾張が統一されていない状況にあるにも関わらず、

最強の敵が潜んでおりました。

その為彼は一時も気の緩みを見せることのできない状況であったと思います。

なにやら三国志の曹操が初めて領地を持った時と似ているような気がするのは、

レンだけでしょうか。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  2. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦…
  3. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  4. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  5. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう…
  6. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  7. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  8. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  2. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  4. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  5. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  6. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの? 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

おすすめ記事

  1. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2
  3. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  4. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  5. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち
  6. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  7. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  8. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP