ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦

豊臣秀吉 戦国時代


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

美濃攻略戦で活躍し、織田家の武将として出世することになった木下藤吉郎秀吉。

彼は信長の上洛戦にも参加することになり、

南近江(みなみおうみ)の大名である六角氏(ろっかくし)の

箕作城(みつくりじょう)攻略戦で活躍することになります。

その後秀吉は、京都に駐屯して京都・畿内(きない)の行政に携わることで、

武功以外にも才能があることを表していくことになります。

そんな中信長は織田家の総力を挙げて越前(えちぜん)の朝倉(あさくら)家討伐戦を開始。

秀吉もこの朝倉討伐戦に参加することになり、

秀吉の幕下として加わった仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)も

この戦いに参加することになります。

織田軍は朝倉家の領内に侵入して次々と城を攻略していき、

織田軍優勢で戦は推移することになります。

そして朝倉家の本拠地である一乗谷(いちじょうたに)へ軍勢を侵入させようとした時、

事件が勃発することになるのです。

今回は秀吉が活躍することになった殿戦についてご紹介していきたいと思います。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!


朝倉家を追い詰める

 

信長は将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を京都へ上洛させることに成功。

将軍・義昭を上洛させることに成功した一年後、

信長は上洛してこないことを理由に朝倉家(あさくらけ)を討伐することに決め、

柴田勝家(しばたかついえ)、明智光秀(あけちみつひで)、丹羽長秀(にわながひで)などの

諸将を集めて越前へ向けて攻撃を開始することにします。

この時、木下藤吉郎秀吉も織田軍の朝倉家討伐戦に参加。

信長率いる織田軍は朝倉家の諸城を軽々と攻略していき、

順調に朝倉家の本拠地へ向かって進んでいくことになります。

そして信長は木ノ芽峠(きのめとうげ)を超えて、

朝倉家の本拠地である一乗谷へ攻撃する手はずを整えておりました。

しかしここで思わぬアクシデントが発生することになります。


盟友・浅井長政の裏切り

 

信長は北近江(きたおうみ)の大名であった浅井長政(あさいながまさ)へ妹のお市の方を

嫁に嫁がせて婚姻関係を結んで結びつきの強い同盟を締結。

しかし浅井家は織田家の他に長年越前の朝倉家と同盟を結んでいました。

長政は信長が朝倉家と仲が悪い状態であったのを知っていたため、

同盟を締結する際に条件をつけたそうです。

その条件は「朝倉家へ攻撃するのはやめてほしい」との内容でした。

信長はこの条件を飲んだ上で浅井家と同盟をするのでした。

そんな浅井家に急報が届きます。

それは織田信長が越前の朝倉家の領内に侵入して、

朝倉家を討伐する作戦を展開しているとの情報でした。

長政は父浅井久政(あさいひさまさ)や重臣達と協議した結果、

「信長は我ら浅井家と結んだ条約を反故にした。これは由々しき事態である。

そこで信長との同盟を破棄して朝倉家を倒すために信長軍へ攻撃を仕掛けるべきだ」と述べたことで、

会議はまとまるのです。

こうして浅井家現当主・浅井長政は織田軍の背後から攻撃を仕掛けるため、

急いで出陣することにします。


信長軍に危機が訪れる

 

信長は木ノ芽峠付近に駐屯。

そして翌日この峠を越えて朝倉家の本拠地・一乗谷へ進軍するつもりでした。

しかし彼の元に驚くべき情報が飛び込んできます。

その内容は盟友・浅井長政が織田との同盟を破棄して、

織田軍の背後に迫っているとの情報でした。

信長はこの情報を聞いてなぜ浅井が同盟を破棄したのか意味が分からず

フリーズしてしまいます。

しかしすぐにフリーズ状態から回復。

このまま木ノ芽峠に駐屯していれば自分の命が危ないことを把握して、

すぐに撤退を行うことにします。

信長は朝倉・浅井連合軍の攻撃を支え織田軍を領内に帰還させるための殿として、

木下藤吉郎秀吉・明智光秀、池田勝正(いけだかつまさ)らに殿を任せて、

撤退を開始。

信長は軍勢よりも早く撤退を行ったことがきっかけで、

命を奪われることなく京都へ舞い戻ることができました。

しかし秀吉たちの殿勢は大変な苦戦を強いられることになります。

 

激戦金ヶ崎の退却戦

 

木下藤吉郎秀吉や明智光秀、池田勝正らは信長率いる織田軍の本隊が、

朝倉・浅井連合軍に挟撃を受けることのない安全圏に脱出することに成功した

との知らせを受けるとゆっくりと退却戦を開始。

彼らは朝倉・浅井家の両軍が厳しい追撃戦を仕掛けてくるも彼ら三人の武将は、

鉄砲隊や弓隊などの飛び道具部隊を用いて、

敵軍を寄せ付けることなく少しずつ撤退。

また三隊の連携が上手く取られていたため朝倉・浅井連合軍からの猛攻を受け流して、

なんとか退却戦に成功することになります。

上記の武将三人の戦いが功を奏したことも退却戦に成功したきっかけの一つですが、

敵であった朝倉・浅井軍の連合軍にも原因がありました。

連合軍は必死に織田軍に追撃戦を仕掛けたのですが、

織田軍の諸将にばらつきがなくしっかりと統制が取れた退却戦を展開していたため、

付け入る隙がほとんどなかったことや連合軍の統制が取れていなかったこと、

織田軍の撤退が迅速であったことなどが原因で、

織田軍を壊滅させることができなかったとされております。

確実に言えるのは連合軍の追撃をかわして織田信長は畿内へ撤退することができ、

殿戦に参加した木下藤吉郎秀吉、明智光秀、池田勝正の三武将が奮戦したことは

間違えない歴史の事実として挙げることが出来るでしょう。

 

関連記事:秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?


  

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

この上記の戦を金ヶ崎(かねがさき)の退却戦と言います。

後世では秀吉一人が奮戦してこの殿戦を戦った事にされておりますが、

明智光秀や池田勝正がいた事も忘れてはなりません。

そしてこの戦における詳しい情報もないということも厳然とした事実として残っており、

一体どのように戦が推移していったかなどの詳しい情報は、

今後の研究の展開を待つしかありません。

しかしこの退却戦を見事成功した秀吉達の名前は一躍有名になるのです。

またこの戦いで織田信長の盟友として徳川家康が参加していたのではないかと

記されている書物が多いのですが、

彼がこの撤退戦に果たして参加していたのか確証が持てないのが現状であるそうです。

さらに金ケ崎で信長が領内に退却することができたのは、

秀吉達が朝倉・浅井連合軍を食い止めたことも大きな要因ですが、

もう一つ要因がありました。

それは信長が京都へ逃走するための経路上にあった大名の存在と彼を説得した武将です。

信長の逃走経路上にあった土地の大名を朽木元綱(くちきもとつな)といい、

彼を説得したのは戦国時代の梟雄と呼ばれることになる将軍キラー松永久秀(まつながひさひで)です。

久秀が元綱を説得して信長の味方につけたことで、

信長はスムーズに京都へ撤退することができたのです。

金ケ崎で秀吉達三人が奮戦しても信長が討たれてしまっては元も子もありません。

そう考えると金ケ崎の撤退戦で活躍した三武将(秀吉・光秀・池田勝正)+

元綱・久秀の計五人(他にも多くの武将達がいましたが

代表するとすれば彼らではないのでしょうか)がいなければ、

信長はこの時に亡くなっていたかもしれませんね。

 

参考文献 ソフトバンク新書 秀吉家臣団の内幕 滝沢弘康など

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鄧禹と光武帝 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…
  2. 衝撃!徳川家康の家臣団は学級崩壊していた?
  3. 斎藤道三 【麒麟がくる】斎藤四代美濃のマムシの系譜を簡単紹介
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何?
  5. 長曾我部元親(長宗我部元親)鳥なき島のコウモリ 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかっ…
  6. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  7. 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  8. 桓公(かんこう) 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜はナルシスト
  2. 江藤新平 幕末
  3. 蜀の外交官・鄧芝
  4. 袁紹を説得しようとする田豊
  5. 徐晃と夏侯淵
  6. 丸木舟(弥生時代)
  7. 陶謙と劉備
  8. 高順が呂布に疎んじられた理由
  9. 楊儀と魏延

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  2. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった! 李牧
  3. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍
  4. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何? 華陀と麻沸散
  5. 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧
  6. こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった? 貂蝉

三國志雑学

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 何皇后(毒蛇) 何進
  3. 熱血曹操
  4. 馬良と孔明
  5. 環夫人


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 目玉を食べる夏侯惇
  2. 張昭 VS 孫権
  3. キングダム45
  4. 玉璽
  5. 胡亥
  6. 王翦
  7. 平野国臣
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

司馬懿、張コウ 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった? 二刀流の劉備 夷陵の戦いに至るまでの経緯は?夷陵の戦いまでの蜀の動きと経緯 孫子の兵法 曹操 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 劉禅と孔明 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将 江藤新平 幕末 江藤新平「梟首」その壮絶な最期とは 胡亥 阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!? 戦う劉岱 劉岱とはどんな人?優柔不断が死を招いた?英雄の板挟みにあった悲劇の人物 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP