キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?

豊臣秀吉 戦国時代




 

金ヶ崎の退却戦で武功を立てて織田軍のなかでめきめきと頭角を現していく木下藤吉郎秀吉。

彼は畿内に帰ってくると休む暇なく戦い続けることになります。

秀吉は金ヶ崎から帰ってくると浅井家の武将達へ調略を開始。

彼の調略によって浅井家の堀氏が織田家に寝返ってきます。

信長は彼が寝返ってきたことをきっかけとして、

裏切り者の浅井家を討伐するチャンスが到来したと考え、

浅井家討伐のための軍勢を出陣。

浅井家は織田軍がやってきたことを知ると急いで朝倉家へ援軍を要請することに。

朝倉家は浅井家の要請に応えて援軍を送り、

朝倉・浅井連合軍と織田軍・徳川連合軍が姉川を挟んで対峙することになります。

両軍は姉川(あねがわ)の地で一大合戦を繰り広げ、

この戦いに勝利した織田信長は浅井家の重要拠点である横山城(よこやまじょう)を陥落させ、

浅井家の武将達へ調略を行った勲功を残している木下藤吉郎秀吉に与えることにします。

こうして秀吉は城持ちの武将として出世することになりますが、

浅井家との最前線拠点であったため苦労も多かったそうです。

しかし信長からもらった報酬も莫大な物でした。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦




城主として君臨する

 

織田信長は盟友・徳川家康(とくがわいえやす)と協力して姉川の戦いで、

朝倉・浅井連合軍を撃破することに成功します。

そして織田軍は姉側近くに有る浅井家の重要拠点である横山城を陥落させます。

信長はこの地を手に入れると木下藤吉郎秀吉に「おみゃ~にこの城をやるから、

しかと励め」と彼にこの城の守将を任命。

こうして秀吉は織田家の中で城持ちの武将として出世を果たすことになります。

しかしこの地は浅井家との最前線であったため、非常に厳しいところでもありました。

さらに秀吉は信長からこの最前線の拠点を守るだけでなく、

浅井家の武将達を取り込むように命令されるのでした。




「今孔明」半兵衛と一緒に浅井家調略を開始

 

秀吉は横山城の城主として信長に命じられるとすぐに浅井家の攻撃に備えるため、

防備を強化することにします。

彼はこの地で浅井家の武将達に調略をおこなって行きますが、

浅井家の武将達へ調略を行っていく際、

「今孔明」と言われたあの人物と一緒に行っていくことになります。

その人物の名前は竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)です。

彼は姉川の合戦前に秀吉の幕僚として参加することになり、

秀吉が横山城の守将として任命されると秀吉の軍師として活躍。

半兵衛は秀吉と一緒に浅井家の武将達へ調略を行っていきます。

二人はある人物に狙いを定めることにします。

その人物とはいったい誰なのでしょうか。

 

関連記事:孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

関連記事:竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

 

浅井家の武将の調略に成功

 

横山城の守将として秀吉が就任してから一年が過ぎた頃、

半兵衛と一緒に調略を行ってきた成果が現れてきます。

秀吉と半兵衛の調略によって浅井家の有力武将である宮部継潤(みやべけいじゅん)が

織田家に寝返ってきます。

秀吉と半兵衛は彼を織田家の味方にするため、

浅井家がいかに不利であるかを説いて行きます。

しかし知将で僧侶上がりの宮部継潤は中々彼らの説得に応じませんでした。

そこで秀吉は彼の調略に一つのスパイスを付け加えることにします。

それは自らの甥である秀次(ひでつぐ)を宮部家の養子として入れることを条件にして、

彼を浅井家から織田家へ味方するように説得。

秀吉の誠意ある行動に心を打たれた継潤は彼の説得に応じて、

浅井家から離れることになります。

 

秀吉と半兵衛の調略によって重要拠点を守っていた武将も寝返る

 

秀吉は横山城を拠点にして浅井家の調略を半兵衛と一緒に行っていきます。

二人は宮部継潤を浅井家から切り離すことに成功すると次なる目標として、

浅井家の重要拠点・山本山城(やまもとやまじょう)の城主である

阿閉貞征(あつじさだゆき)を浅井家から切り離すことに成功。

この阿閉貞征を寝返らせたことは、

織田家が浅井家を討伐する際に重要な意味を持つことになります。

阿閉貞征が守っている山本山城は、

小谷城(おたりじょう)の裏側(美濃側から見た場合)にあたり、

小谷城を包囲することになります。

また阿閉貞征は長政の側近であり、

彼が織田家へ寝返ったことで浅井家の家中に大きな衝撃を与えることになるのです。

こうして秀吉と半兵衛による協力しておこなった浅井家の武将への調略は、

大成功するのです。

 

朝倉・浅井の滅亡と秀吉の出世

 

浅井家は山本山城を失ったことにより、

小谷城防衛において致命的なダメージを負うことになります。

信長は山本山城が織田へ寝返ったことを知るとすぐに軍勢を進発させて、

援軍に来ていた朝倉家を攻撃。

信長は朝倉家の軍勢を撃退するとその勢いのまま越前へ攻め入って、

朝倉家を滅亡させてしまいます。

そして信長は越前(えちぜん)からすぐに引き返して浅井家も滅亡させてしまうのです。

秀吉は浅井家の小谷城攻略戦でも活躍。

彼は小谷城内の拠点である京極丸(きょうごくまる)を陥落させることに成功。

小谷城は京極丸が陥落したことによって防衛力が一気に低下することになり、

織田軍は防衛力が低下した小谷城を陥落させることに成功するのです。

信長は小谷城が陥落すると浅井攻略に活躍した秀吉にこの地を与えます。

こうして秀吉は城持ち大名として大出世を果たす事になるのです。

また秀吉はこの時木下の姓を改名することにします。

彼は織田家筆頭家老である柴田勝家(しばたかついえ)と丹羽長秀(にわながひで)の

姓を一文字ずつもらって羽柴(はしば)と名乗ることにします。

こうして秀吉は木下姓を捨てて、

羽柴秀吉(はしばひでよし)として生まれ変わることになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

秀吉は浅井家との前線拠点である横山城を守りながら、

浅井家に対して軍師として向かい入れた竹中半兵衛と協力して、

調略活動を行っていったことがきっかけで浅井家は滅亡することになります。

しかし秀吉はこの時横山城に付きっきりで駐屯していたわけではありませんでした。

ここからは秀吉の裏話を少し行っていきたいと思います。

秀吉はは横山城の守将を命じられながらも京都へ上洛して、

京都周辺や畿内の行政活動も行っており、非常に多忙な毎日を送っておりました。

秀吉がいない間も浅井家は横山城へ攻撃を仕掛けており、

調略活動も継続的に行われておりましたが、

いったい誰が指揮をしていたのでしょうか。

横山城防衛戦に関して言えば、半兵衛と蜂須賀小六(はちすかころく)、

前野長康(まえのながやす)などの秀吉が美濃(みの)攻略戦で抱えた

武将達が活躍しております。

彼らが力を合わせて浅井軍の攻撃を凌いだからこそ、

横山城は陥落しなかったのでしょう。

また浅井家調略に関しては竹中半兵衛の功績が大きいと思われます。

彼の居城は美濃の菩提山城は近江の国境に近く

浅井家の武将達との関わりもありました。

その為秀吉が京都へ出張へ行っている間は、

彼が浅井家の武将達の調略活動の指揮をとって、

浅井家の武将達へ調略活動を行っていたのではないのでしょうか。

こうした武将達が秀吉の元で活躍していたからこそ、

浅井家の調略活動や浅井家の横山城攻撃に対して凌ぎ切り、

彼が国持大名へと出世することができたことを知っていれば、

日本の戦国史の知識も深みを増すのではないのでしょうか。

 

参考文献 中公新書 信長軍の司令官 谷口克広著など

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  2. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  3. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の年齢は信長より若かった!
  4. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  5. 徳川家康をボコボコにする武田信玄 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  7. 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群…
  8. 源氏と平氏はいつ歴史にデビューしたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. 毛沢東(もうたくとう)

おすすめ記事

  1. 【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑
  2. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  3. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 徐庶と出会う劉備
  4. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  5. キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか?
  6. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!? 君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方 【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人

おすすめ記事

  1. 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった?
  2. 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神
  3. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  4. 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期 対立する西郷隆盛と大久保利通
  5. 天下布武の安土城!織田信長はなぜ安土城を建てたのか? セミナリオ(教会)
  6. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  7. 鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説
  8. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP