キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!

この記事の所要時間: 354




 

生あるものには必ず死は訪れます。

古代より、絶対的な権力を握った人間は、迫り来る死の恐怖から逃れようとしていました。

古代中国を最初に統一をしたキングダムの主人公でもお馴染みの

秦の始皇帝「政」は、幼いころから身体が病弱だったこともあり、

部下に不老不死の薬を作るよう命じます。

 

 

始皇帝は若くして死に至りますが一説では、

水銀を薬として処方され、水銀による中毒死との見解もあります。

さて、「生」に渇望した時の権力者たちですが、これは21世紀になっても変わりません。

 

今回は、死後の世界、不老不死、生命といった哲学的な要素を排除し

科学的なアプローチで、現代の不老不死の技術がどこまで進んだのか?

科学が苦手な方でも「寿命」や「死のメカニズム」について理解できますよ。

 

始皇帝や三国志で有名な曹操孫権が追い求めていた

「不老不死」の実現に向けて遺伝子工学の世界をご案内します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?




そもそも何で人は死ぬの?


人間は何で、病気や老衰で亡くなってしまうのか?

これは細胞のメカニズムを少し分かるだけで理解できます。

 

私たちの身体は、約60兆の細胞から成り立っています。

これらの細胞は毎日のように分裂して増えていき、

やがて古い細胞と新しい細胞が入れ替わっていくのです。

細胞が分裂し続けると私たちの皮膚は約28日間でそっくり全部入れ替わり、

肝臓も1年かけて全て新しい細胞に変わります。

ですが、この細胞分裂は有限であり実験の結果、

約50〜60回の分裂の上限があると分かってきました。

では、何で50〜60回しか分裂できないのか?

これには細胞の中にある「テロメア」という特殊なDNAが関係しているのです。




テロメアって何?テロメアが短くなると老化する

 

テロメアとは、染色体の端っこについており、DNAの中身を守ってくれる構造のことです。

テロメアは細胞が分裂するたびに、

少しずつ短くなり、半分ほどになるとその細胞は分裂を辞めて、やがて細胞は自然と死に至ります。

この働きから、テロメアは「生命の回数券」と呼ばれているのです。

またテロメアの長さは生活習慣によって変化するため、個人差があります。

同じ年齢同士であってもストレスや悪質なライフスタイルによってテロメアが短くなったりするのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

世界初のクローン羊ドリーの短命もテロメアが関係していた

 

1997年7月5日にスコットランドで世界初の哺乳類の体細胞クローンである羊のドリーが誕生しました。

ドリーは6歳の雌羊の体細胞の核を除外した胚細胞に移植する技術によって生命を吹き込まれました。

しかしドリーのテロメアはすでに短くなっていた細胞を使っていたので、

異常な若さで関節炎を発症し衰弱してすぐに死んでいます。

つまりドリーは生まれてきたときから既に6歳だったと推測されています。

 

寿命をつかさどるテロメアの研究とノーベル医学賞

 

細胞と生死を巡る研究は現在も世界中で活発になっています。

2009年度のノーベル医学生理学賞は染色体を保護するテロメアを発見し、

テロメアが短くならない酵素を研究した3人の米国の学者

(エリザベス・H・ブラックバーン、キャロル・W・グレイダー、ジャック・W・ショスタク)

に贈られました。

そして2012年にはさまざまな細胞に分化培養できる細胞(iPS細胞)を作製した

山中伸弥教授にノーベル生理学・医学賞を与えられました。

 

老化は避けられる病気としてアンチエイジング医学会が設立

 

「アンチエイジング」とは、年を取ると起こる老化の原因を抑制することによって、

身体的機能の衰えを予防したり改善することです。

 

はじめての三国志の読者様も、

「アンチエイジング」という言葉を一度くらいは耳にしたことはあるのではないでしょうか?

特に美容面ではよく使われる言葉ですね。

アンチエイジングは広く認識され1993年には

米国アンチエイジング医学会を12人の医師によって設立されました。

今では105カ国、2万人を超える医師が会員となり大きな医学会になっています。

日本でも2001年に日本抗加齢医学会が設立され現在では7800人の医師を擁しています。

 

日本抗加齢医学会

http://www.anti-aging.gr.jp/

 

不老不死のサプリと不老不死は実現可能なのか?

 

上述したとおり、老化に対する医学的な取り組みが行われている21世紀ですが、

1年に1歳を人が取る加齢を避けることはできません。

しかし医学的視点から加齢に伴う老化現象の防ぎ遅らせる技術は発達し、

身体の機能が衰えるスピードを緩やかにすることは成功しています。

老化自体を止めることは現代科学をもっても実現は出来ていませんが

老化を遅らせるためのテロメラーゼ分泌を促すサプリは米国でも盛んになっています。

科学技術は日進月歩の世界なので不老不死のテーマも留まることを知りません。

科学の進歩は既に神の領域に踏み込んでおり

倫理的な観点を無視した場合、不老不死は実現可能だと私は思っています。

 

はじめての三国志代表・おとぼけの独り言

 

今回は「命」という扱いが難しいテーマを科学の視点でお伝えするに

あたって哲学・倫理を排除しました。

ですがこれは大変危険なことのため最後に倫理的な観点のお話を。

 

 

遺伝学的向上は、「世界保健機構(WHO)による遺伝医療に関するガイドラインにおいては、

生命論理上行われてはならない」ものとして否定されています。

現代の科学をフルに稼働させれば人間のクローンを作ることも容易く、

受精卵の遺伝子を操作して免疫力のある死ににくい人間を作ることも現在は議論されていますが、

倫理上、厳しく禁じられています。

科学の健全な発展のために超えてはならない倫理的問題もあります。

 

 

科学技術の進歩と発展は一概に私達を幸せにするということは限りません。

交通手段の発達は私たちの利便性をよくしてくれましたが、

交通事故の増大や大気汚染などの問題、またインターネットによる情報革命も起こりましたが、

新たな犯罪や個人情報の流出など

科学発展の恩恵を受けるにはデメリットにもしっかり向き合う必要があります。

 

はじ三の読者様、今回は科学の視点による不老不死についていかがでしたか?

実は、人体の中には「分裂をしない細胞」もあるのです。

それが、脳の中枢にある「神経細胞」や心臓の「心筋細胞」です。

これらの細胞は身体の中でも極めて大事な機能を持っているので代わりの置き換えがないのです。

不思議ですよね。今回は、不老不死とテロメアを分かりやすく解説したため、

神経細胞や 心筋細胞といった細胞には触れませんでしたが、

興味がありましたら下記、

書籍は専門的すぎず入門者にとっても分かりやすい内容になっているのでオススメですよ。

 




関連記事

  1. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  2. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  3. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?
  4. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ラ…
  5. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  6. 曹操には弱点はないの?
  7. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  8. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  2. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  3. 【はじ三お悩み相談回答編】隠れ三国志ファンのお悩み
  4. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  5. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  6. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか? 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命! 劉備も茶を求めた?中国茶の種類 病気の呂蒙を穴から見守る孫権 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  2. 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート
  3. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  4. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将
  5. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介
  6. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史
  7. スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは
  8. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP