よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

photo credit: IMG_2192 via photopin (license)

photo credit: IMG_2192 via photopin (license)

 

1972年に偶然から発見された始皇帝、壮大なスケールを持つ、

この始皇帝は実は未完成だったという事をご存じでしたか?

知っているようで知らない、始皇帝陵について、ご紹介します。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

始皇帝陵は、始皇帝即位の時から建造が始まった

キングダム 政

 

始皇帝陵の建設は、1年や二年ではありません。

それは始皇帝が即位した年紀元前247年にさかのぼります。

当時、始皇帝は13歳という少年でしたが当時は珍しい事ではありません。

中国でなくても、エジプトのファラオなども、即位と同時にピラミッドを

建設していたりしています。

 

それは、王の威厳を示す大工事なので、すぐに終わるようなものではなく、

そこから逆算して、大体死没する時期を計算すると即位と同時に建設するという

スケジュールになってしまうのです。

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

 

 

始皇帝陵は秦の拡大と共に規模も大きくなった

政

始皇帝陵は、実に38年という歳月と70万人という人夫を動員しました。

その為に、それまでの秦王陵よりも規模もお金も桁違いに掛っていますが、

それは、始皇帝の時代に秦がその領土をドンドン拡大させた事に関係があります。

 

次第に拡張していく領土に相応しいように始皇帝は設計図を書きなおさせ

それにより工期と人夫の動員数は増加していったのです。

 

始皇帝の野望は、六国を征服するごとに膨らんでいき、それは、自らの

陵墓の大きさに反映されていきました。

 

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

 

始皇帝陵とは、始皇帝1人の為に造られた地下帝国だった

不老不死 始皇帝

 

始皇帝陵は、ただの個人墓ではありません。

不老不死を求めながら、合理主義者でもあった始皇帝は自身の死後を

考えざるを得ませんでした。

 

どんな権勢を誇ろうとも人は死んでしまえばオシマイです。

数々の宿敵を葬ってきた始皇帝には

その事は、充分過ぎる程に分かっていました。

 

photo credit: DSCF0758.JPG via photopin (license)

photo credit: DSCF0758.JPG via photopin (license)

 

そこで、始皇帝は自分が眠る地下の世界に自身の為だけの

ミニチュアの秦帝国を造り上げようと画策しました。

地上が自分達の子孫によって代々統治されようと始皇帝自身は、

地下の世界で永遠に生きていた時と同じ生活を送る。

 

photo credit: Warrior via photopin (license)

photo credit: Warrior via photopin (license)

 

当時の世界では死後の世界が信じられていたので始皇帝は、

死後の永遠を現世と変わる事なく生き続けようとしたのでしょう。

 

実際に、始皇帝の陵墓は、周囲25キロメートル高さ100メートル、

そして、深さは30メートルという広大な面積を持ちます。

 

後の時代の長安のような城壁に囲まれた大都市でも、

南北8・6キロ、東西9・7キロの大きさです。

 

始皇帝陵の地下には、兵馬俑のような軍隊から各種の宮殿などの建物、

そして、100本という水銀が流れる河、さらに当時の天文知識を駆使して

天球儀までを描かせたようです。

 

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

 

遂に完成しなかった始皇帝陵、その理由は?

始皇帝 死ぬ

 

天下統一後、次第に迫ってくる寿命の中で、始皇帝の自らの陵墓へ注ぐ

情熱は並々ならないものになりました。

 

ところが、不老不死を願った始皇帝は、巡幸の最中に急死します。

始皇帝の死後も、始皇帝陵の建設は二世皇帝の胡亥により始皇帝陵は

建設が続けられますが、紀元前209年、陳勝と呉広の反乱軍が、

咸陽に迫ると、始皇帝陵の建設の中止が命じられます。

 

今まで始皇帝陵の建設に従事していた人夫達は、秦の名将、

章邯(しょうかん)により命を助ける事を条件に秦の正規軍になり

反乱軍と戦う事になります。

 

こうして、始皇帝陵は未完成の状態で地の底に埋められ

2200年という長い眠りにつく事になったのです。

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

ついに完成しなかった始皇帝陵、でも未完成で、あの壮大さがある

という所に、中国を初めて統一した始皇帝の偉大さを感じます。

もし完成していたら、始皇帝陵は、どのような姿をしていたのでしょうか?

 

いや、恐らく始皇帝陵は完成しなかったかも知れません。

始皇帝の野望は果てしなく、それに伴い始皇帝陵の姿も変化しつづけたに

違いないと思うからです。

 

始皇帝がさらに10年長生きしても、その分だけ、設計に変更が加わり

やっぱり始皇帝陵は未完成で終わったのではないでしょうか?

そして、未完に終わったからこそ、始皇帝陵は始皇帝らしいと言える

そういう事なのかも知れません。

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

 

よく読まれている記事

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

趙政

 

よく読まれてる記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

 

不老不死 始皇帝

 

よく読まれてる記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 


 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  2. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  3. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  4. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  5. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  6. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚…
  7. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  8. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備とサンタクロース

おすすめ記事

  1. 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
  2. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  3. 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?
  4. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  5. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  6. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル

おすすめ記事

卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人 KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る! 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】

おすすめ記事

  1. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  2. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?
  3. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?
  4. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  5. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】
  6. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性
  7. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  8. はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP