曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)

この記事の所要時間: 443




 

キングダムにおける行政官僚、かつては呂不韋(りょふい)の配下だった

法律のスペシャリスト李斯(りし)

実は、李斯が転職によって運命を劇的に変えた人であった事は知られていません。

元は楚の小役人だった李斯がどうして、秦の頂点を極めたのでしょうか?

転職、それは李斯が歴史に名を刻む為に、どうしても必要な事でした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!




平凡な小役人だった李斯が感じた、もやもや

 

李斯は楚の領地であった上蔡(じょうさい)に産まれました。

家は貧しくも裕福でもなく、役人の採用試験に合格した李斯は、

小さな県に赴任し食糧倉庫の出入の管理を仕事とします。

やがて、結婚し、子供も産まれ、安定した人生のレールを歩くようになった李斯、

しかし、心の中では、いつも、もやもやしたものが渦巻いていました。

 

李斯の感じたモヤモヤは、自分でなくても仕事は回るのではないか?

というような自己の仕事への疑問でした。

 

確かに、李斯が急病で休んでも、食糧庫のチェックは別の人間が行います。

当時でさえ、その辺りの仕事はシステム化され、文字が読み書きできれば

田舎の倉庫番くらいは、誰でも務まる仕事だったのです。




李斯の感じた疑問は現代人にも丸々あてはまる

 

これは、李斯ばかりじゃなく、システム化された職場にいる現代人でも、

ほとんどが当てはまる話ですね。

現代社会では、大半の仕事がシステム化され、個性も個人の能力も重視されません。

重視されるのは、能率を落さない為にマニュアルを順守する事です。

均質な仕事を求めてシステム化されるのですから、むしろ、仕事する人間によって、

生産性に差が出てくるようでは、システム化する意味がないわけです。

 

つまり、働く人は才能ではなく、労働力と時間を切り売りしているわけです。

そして、それは均質を重視しますから、マニュアルを守れば誰でも出来るのです。

ほんで、誰でもできる仕事は、幾らでも代わりがいる仕事ですから、

市場の原理から考えても、その待遇はあまり良くありません。


李斯の運命を変えた、二匹の鼠との出会い

 

ある日、李斯の運命を変える出来事がやってきます。

米の倉で数量をチェックしていた李斯は、米を食べて丸々太り、

人が来ても逃げようともしない鼠(ねずみ)を目撃します。

 

それは見慣れた光景でしたので、李斯は邪魔な鼠を蹴飛ばして、

仕事を続け、途中でトイレに向かいました。

小便壺の中にも、人の糞尿を食べて活きる鼠が住んでいました。

この鼠は臆病で、人の影を見ると、サッと隠れてしまいます。

 

李斯はここで雷に打たれたような衝撃を受けました。

 

同じ鼠なのに、倉の鼠は米をたらふく食って太り、人が来ても逃げもせず、

逆にトイレにいる鼠は人の糞尿を喰いながら、いつもびくびく生きている。

 

「俺はトイレの鼠だ!人間の価値は、能力や仁徳ではなく、

どこに所属しているかで価値が決まるんだ」

 

両方の鼠の運命を分けるのは、ただ、どこに所属しているか?でした。

ここに留まり、安定の中に眠り続ける限り、李斯はトイレの鼠です。

誰にも知られず、大した事も出来ず、年老い死んでいくだけ・・

 

李斯はたまらなくなり、自分の中の衝動に突き動かされて、

役人を辞め、家財道具を売り払って資金を造り、妻子を親戚に預けて

自分の居るべき場所を求めて旅に出ました。

 

成功したいなら、自分がどこに居ればよいか考える

 

「人間の価値は能力や仁徳で決まるのではなく、

どこに所属しているかで決まる・・」

 

これを読んでイラッと来た人、衝撃を受けた人、何とも思わない人、、

色々いるでしょうが、これ、とても大事な一面の真実ですよ。

 

大した能力もなさそうなのに、大手企業に入り、組織の恩恵で

自分より何倍も稼いでいる人って、誰でも心当たりがあるでしょう。

「ちくしょう、上手い事やりやがって」そう思ったなら、

ジェらってないで、自分もそうできるように居場所を変えるべきです。

 

そこで、行動を起こせないなら、結局、あなたは行動力で

そのボンクラな人に負けているって事になりますよ。

裏返すなら、行動力のある人は、その為に、行動力のない人よりも

ずっと有利な人生を送れるという事でもあります。

 

才能さえあれば、誰でも受け入れる秦に仕官する為に荀子の門を叩く

 

李斯は、才能至上主義の西の強国、秦に仕官して自分を試そうと考えます。

秦は商君の変法以来、法家主義を採用していましたので、

李斯は法律を学ぼうと、荀子(じゅんし)の門を叩いて門人となり熱心に学びます。

 

ここで、李斯は単一の法で、上は君主から下は庶民までを制御する法律の

面白さに熱中しました。

李斯の行政官僚としての天賦の才能は、ここで開化するのです。

 

自己投資の重要さは時代を問わず不変

 

これは、現在でも分かりやすいですね、つまり自己投資の事です。

IT業界に就職したくて、プログラミングを学んだり、経営コンサルタント会社に

就職したくて経営学を勉強するようなものです。

李斯は、能力主義で強国だった秦で己を試そうと思い立つわけです。

今なら給料もいいけど、仕事もシビアな外資系企業に就職しようとする

みたいな感じでしょうかね。

 

kawausoは思うんですけど、時間があるなら勉強すべきです。

知識の蓄積が低いと、チャンスが目の前を通っても気づかないし、

気づいても、恐ろしさが先に立って、モノに出来ません。

知識の少なさ=貧しさに直結してしまうのです。

 

ちなみにkawausoは、歴史だけではなく、経済の本も読んでいます。

なるべく気分良く読みたいので満喫に入り、空調の効いた部屋で

ソフトドリンクをガンガンに混ぜたスペシャルジュースを飲みながら、、

そのうち、面白い事は記事にするかも知れませんよ。

 

呂不韋に採用され、法による支配と中央集権制を確立する

 

学びを終え、秦に入った李斯は、同じく人材集めに熱心だった呂不韋

法知識を重宝され、その側近になっていきます。

やがて、呂不韋が失脚しても、やはり、その法知識が秦に注目され

秦王政に気に入られ、ついには丞相(じょうしょう)の大任を任されました。

 

丞相、その地位こそ、ほかに替えがきかない秦帝国の舵取りの仕事です。

もちろん、多額の報酬を受け取り、絶大な権力がありますが、

それより何より、自分の頭で考えた政策が、現実に着々と実現するという

最高の面白さを李斯は体感しました。

 

晩年の李斯は、宦官趙高(ちょうこう)の計略に乗り、

折角、自分が築き上げた制度を崩壊させてしまう大失敗をしますけど、

その人生は、楚の小役人で、一生を終えるより面白いものだった思います。

 

キングダムライターkawausoの一言

 

やっぱり究極は、これなんですよ、消費じゃなくて何かを産み出す喜び。

クリエイティブな事って、本当に面白いです。

さらに、自分が生産したものに、そのまま価値が生じて、

それで生活できたら、もう人生勝ったようなものですよね?

 

誰でも代わりが出来る、その内、機械でも取って替れる仕事では、

クリエイティブな面白さや、やりがいは体験できないです。

ひたすら時間と労働力を搾取されて疲れ果てていくだけ・・

kawausoも、かつては、そんな仕事ばっかりしていました。

 

それでも給料が高いならいいですが、そうはなっていない事は、

市場原理から考えても明らかです。

 

いくらでも代替が出来るモノの価値はどうしても低くなります。

外国人労働者の規制緩和や、IT技術の進歩によって、

今後は、もっと低くなっていくでしょう。

 

もやもやから目を背けると、その内に年を取って、意欲も衰え、

後から考えると、トイレの鼠だったな、なんて後悔するかもですよ・・

 


 

PR:[AidemSmartAgent]転職

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法

関連記事:就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

 

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  2. 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる
  3. 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュ…
  4. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  5. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  6. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  7. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  8. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】
  3. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  4. 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ
  5. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの? 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説

おすすめ記事

  1. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  2. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  3. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち
  4. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  5. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  6. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?
  7. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?
  8. 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP