架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!

この記事の所要時間: 321




桓騎

 

紀元前236年、秦は趙に向かって進撃を開始しました。

総大将は王翦(おうせん)、副将は桓騎(かんき)楊端和(ようたんわ)

そして極秘裏の任務である趙の都、邯鄲の喉元、要衝の鄴の攻略に当たるのが

信(しん)そして王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)です。

完全なるスピード勝負の今度の戦い、信の武器に変化が起きました。

そう、受け継ぎながら、今まで扱えなかった王騎(おうき)の矛を手にしたのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




王騎の矛は、まだ早いんじゃないのコメントも・・

王騎 キングダム

 

ですが、キングダムファンからは、

「まだ大将軍になっていない信に王騎の矛は早いんじゃないか?」という

戸惑いの意見も出ています。

実際に、信も王騎の矛を握っては見たものの、まだ大きさに慣れてなく、

むしろ、重さで戦闘力を殺しそうで羌瘣(きょうかい)からも心配されています。

 

李牧

 

確かに今回の趙との戦いはラスボス級の李牧(りぼく)が相手です。

総大将は王翦とはいえ、鄴を落す極秘任務を受けている信が王騎の矛とは、

いささか背伸びが過ぎるのではないか?とも思えなくもありません。

一体、原作者の原先生の意図は何なのでしょうか?




実は、ヒリヒリでギリギリな信を見せようという演出

キングダム

 

しかし、よくよく考えてみると、信の手柄は背伸びの連続でした。

王騎将軍の矢となって、趙の馮忌(ふうき)の首を切り落とした時は、

たった100名の飛信隊で数十万の趙兵の只中をかいくぐるという

相当に無茶な事をしていました。

 

そもそも、最初に信がついた任務は昌文君(しょうぶんくん)と

壁(へき)くらいしか味方がいない弱小の秦王政(せい)を守り、

王弟、成蟜(せいきょう)の王位纂奪計画を阻止する事でした。

背伸びも背伸び、当時の実力者・呂不韋(りょふい)が目もくれないレベルです。

 

それが最近は、信も体格なども立派になり大将然と振る舞う事が多くなり、

安定感はあるのですが初期のヒリヒリするような絶体絶命感は

薄れてきたように思います。

 

今回の趙攻略戦は文句なしに今までで一番激しい戦いになるでしょう。

飛信隊も新メンバーが大量に入りトラブルも起きそうです。

今回の戦いでは、不慣れな王騎の矛でヒリヒリするような極限の戦いを

繰り広げる、原点に戻った信が見られる気がします。

 

関連記事:【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?

関連記事:王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!

 

王騎の矛の本当の意味は、龐煖を討つ為の伏線

龐煖

 

そして、今回、信が王騎の矛を使い始めたメインの理由は、

紀元前236年、信が、武神・龐煖(ほうけん)を討ち果たして

王騎(おうき)麃公(ひょうこう)の仇を討つからです。

これは、根拠がない事ではありませんで、紀元前236年に趙は、

燕を討つという記述があり、その総大将が龐煖なのです。

 

キングダム501話では、燕のオルド将軍が、秦に気を取られている隙に

趙の北辺を掠め取ろうと侵入しています。

これは、史実とは逆ではありますが、これで趙が龐煖を討伐に

向かわせれば、キングダムと史実は合致するのです。

 

そして、信が激戦を繰り広げる鄴(ぎょう)は邯鄲(かんたん)の真下、

史実によれば、龐煖はその近辺の鄣(しょう)まで戻ってきます。

そこで戦争が起こるとは書いていませんが、そこで信と龐煖は、

最期の最期で遭遇する可能性が大なのです。

 

その時、どのような武器で龐煖を討つかと言えば、

それは因縁の王騎の矛しかありません・・

 

 

いや、待てよ、麃公のキャプテンアメリカみたいな盾もあったな

でも、あれは受け継いではいなかったような気がする。

さすがに、あの派手な盾は、使う人を選ぶよなぁ・・

まあ、いずれにせよ、そういう事です。

 

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

以上の事からポイントを纏めてみると、王騎の矛は信に背伸びをさせ

ギリギリ、ヒリヒリの戦いを思い出させる小道具としての役割と、

対趙戦の終盤、燕との戦いから戻ってきた龐煖を王騎の矛で倒す為の

伏線の役割を果たすのだと考えられます。

 

さあて、予想は当たるでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  2. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  3. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…
  4. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  5. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ち…
  6. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  7. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  8. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  2. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  3. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  4. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
  5. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント? 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる! 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは まだまだいた三国志の名外交官たち5選 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3

おすすめ記事

  1. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生
  2. 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  3. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  4. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  5. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  6. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】
  8. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP