広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?

この記事の所要時間: 227




 

魏の曹操(そうそう)に仕えて信頼を得ていた劉曄(りゅうよう)。

曹操が漢中を平定した際には「劉備がいる益州を攻略するのは今しかありません」と進言するも

彼の進言は採用されませんでした。

そんな彼は魏の皇帝に就任した曹丕(そうひ)にも信頼され色々な進言を行っていくことになります。

劉曄が進言を行ってきた数々の中には曹丕の時代に三国志が終焉していた可能性があったのです。

一体どのような進言だったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?




劉備が孫呉を攻撃する予想を立てる

 

曹丕が皇帝の位に就任すると劉備が孫呉へ攻撃を仕掛けるのか否かを配下たちへ質問。

ほとんどの配下達は曹丕へ「劉備の武将の中で名将と言える人物は関羽ただ一人です。

その関羽を失ってしまった劉備軍が孫呉へ攻撃を仕掛けることができるとは思えません。」と

発言します。

しかし劉曄は「劉備は必ず軍勢を率いて孫呉に取られた荊州奪還を行うはずです。

また関羽は劉備とは義兄弟であり、

関羽を殺された恨みを晴らすために必ず孫呉へ出陣することは確実です。」と進言。

この劉曄の進言通り劉備は孫呉に奪われた荊州奪還と関羽の恨みを晴らすため、

大軍を率いて孫呉へ攻撃を仕掛けることになるのです。




孫呉が降伏してくる

 

劉備は劉曄の予想通り、

孫呉によって関羽が殺害された恨みを晴らすため、大軍を率いて蜀の地を出陣。

孫呉は劉備軍を撃退するために軍勢を率いて、

荊州(けいしゅう)防衛に務めることになりますが、

孫権は魏から攻撃を受けてしまっては滅亡する可能性があると考え、

魏へ降伏したい旨の書状を送ります。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

孫呉の降伏を受けるべきではなく、攻撃するべし

 

孫呉の降伏の使者が魏の都である鄴(ぎょう)へ到着すると群臣達はみな喜んで、

曹丕へお祝いの言葉を述べます。

しかし劉曄だけは「陛下。今孫権の降伏を受け入れるべきではありません。

奴は劉備軍が攻めれば荊州防衛に全力を注がなくてはならないため、

その間に魏の攻撃を受けないようにするために降伏したいと言ってきただけです。

奴は本当に降伏をしたいと考えているわけではありません。

今ここで孫呉の使者を斬って、

孫呉へ宣戦布告すれば江東は簡単に手に入ります。」と進言します。

しかし曹丕は「孫呉の降伏を受け入れなければ、

今後朕(ちん)へ降伏してくる者がいなくなってしまうだろう」と

劉曄の発言を採用しませんでした。

 

関連記事:【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?

関連記事:蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!

 

劉曄の発言通りに展開する

 

孫呉は曹丕に降伏すると陸遜(りくそん)に大軍を与え劉備軍と夷陵(いりょう)で決戦。

陸遜の火計が大成功したことがきっかけで劉備軍の軍勢をコテンパンに打ち破り、

大勝利を飾ることになります。

劉備軍に大勝利をした孫呉は曹丕の要求を少しづつ拒んでいき、

最終的には曹丕の言うことを聞くのを止めて敵対することになるのです。

曹丕は孫呉と再度、敵対することになった時劉曄へ

「君の発言通りになってしまった。

今後は君の発言を採用して行くから蜀と呉を滅亡させる策を考えてくれ」と

曹丕は劉曄へお願いすることになるのです。

 

関連記事:桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕がもしこの時に劉曄の発言を受け入れて孫呉の降伏を拒否していれば、

孫呉は滅亡するかもしくは立ち直ることができないほどのダメージを負い、

魏へ降伏してきたかもしれません。

孫呉を平定すれば荊州を奪った蜀など大した時間をかけることなく滅亡させることができ、

天下統一が行われていたのではないのでしょうか。

そう考えると曹魏が天下統一することの出来た最後のチャンスを曹丕が棒にふってしまったと

考えることが出来るのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!

関連記事:軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一…
  2. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  3. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  4. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  5. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見ど…
  7. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  8. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム?
  2. 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの?
  3. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  4. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  5. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  6. 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの? 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説! 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

おすすめ記事

  1. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  2. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  4. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  5. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  6. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  7. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  8. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP