曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!

この記事の所要時間: 212




 

日本の戦国時代の三大英雄と言えば、

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と言えるのではないのでしょうか。

彼らの内織田信長・徳川家康の出自ははっきりとしていますが、

豊臣秀吉だけは出自がはっきりとしておりません。

今回はそんな謎の英雄豊臣秀吉の出自に迫ってみたいと思います。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは?




秀吉の父親とは・・・・

 

豊臣秀吉の出自を調べるには父親を調べるのが一番手っ取り早いでしょう。

なぜなら父親を調べれば、直ぐに息子のことがわかるからです。

さて秀吉の父親とはいったい誰なのでしょうか。

秀吉の父親は「太閤素生記(たいこうすじょうき)」という書物によると、

織田信秀(おだのぶひで)に仕えた鉄砲足軽の木下弥右衛門(きのしたやえもん)と

いう人物だそうです。

この人物が秀吉の父親であるそうですが、ちょっと疑問に残ることがあります。

それは木下弥右衛門が鉄砲足軽であったことです。

鉄砲が薩摩(さつま)の種子島(たねがしま)に伝来したのが、

ちょうど弥右衛門が亡くなった時期です。

その為彼が織田家の鉄砲足軽隊に配属されていることに無理が生じてしまいます。

さらに秀吉の父親である木下弥右衛門ですが、

木下という名字を持っていることにも疑問が生じているそうです。

通説では秀吉の父親の弥右衛門が鉄砲足軽隊ではなかったが、

豪農出身の人物で木下姓を持っていたというのが通説だったそうです。

しかし現在の研究では秀吉が木下姓を持つことになるのはもっと後のことで、

当時は苗字などを名乗ることができない身分の百姓であったのではないのかと言うのが

通説だそうです。

では秀吉が低い身分出身の人物である根拠とは一体何なのでしょうか。




宣教師ルイス・フロイスが書いた本

 

 

日本にキリスト教を布教していた宣教師(せんきょうし)ルイス・フロイス。

彼が書いた書記である「日本史」という書物にこのような記述があります。

彼はこの書物の中で「秀吉は貧しい百姓の子供として誕生し、

薪などを売って生活をしていた」と記しております。

現在の通説ではこれが主流となっているそうです。

まとめると秀吉の父親は弥右衛門ですが、木下性を名乗っておらず、

母親は後の大政所(おおまんどころ)と呼ばれるなか。

仲のよかった低い身分の百姓夫婦から生まれたのが、

秀吉という人物の出自であることが定説となっております。

では秀吉が木下姓を名乗ることになるのはいつごろからなのでしょうか。

 

木下姓を名乗り始めるのはねねと結婚してから

 

秀吉が木下姓を名乗り始めるのはねねと結婚してからです。

ねねの実家が木下姓を名乗っており、

秀吉はここから姓を拝領して名乗っていくことになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

さて上記では英雄豊臣秀吉の出自をご紹介しましたが、

他にも秀吉が一番最初に仕えた今川家の松下綱之(まつしたつなゆき)の松下をもじって

木下姓と名乗った説や信長に登用された場所が大きな木の下であった為、

木下と名乗ったという説など様々な説があるそうです。

まだこの研究もしっかりと確証が得られているものではなく、

多分こうであろうという予測で記されているそうです。

その為もっと研究を続けていくことによって、

秀吉の出自の謎が買い目されていくのではないのでしょうか。

しかし確実に一つ言えることは、

豊臣秀吉は織田信長や徳川家康よりも身分の低い地位をスタート地点としていることです。

この戦国時代の中でも最下層をスタート地点とした

豊臣秀吉がよもや天下統一を成し遂げることができる英雄にまで登っていくことになるとは、

本人や両親も思ってもみなかったのではないのでしょうか。

 

参考文献 新星出版社 豊臣秀吉 榎本秋著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…
  2. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  3. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  4. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  5. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ…
  6. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  7. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  8. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  2. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  3. 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?
  4. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  5. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  6. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの? はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」 【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事教官【キングダム外伝】 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件 もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後

おすすめ記事

  1. 【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記
  2. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  3. 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!
  4. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?
  5. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  6. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  7. 若かりし曹操は熱血漢
  8. 曹家の文才「三曹七子」って何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP