編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概

この記事の所要時間: 443




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、朱海決戦いよいよ左翼方面に続いて

右翼方面の戦いが動き出しました。

真っ先に飛びだしたのは、趙軍左翼の岳嬰(がくえい)、これに呼応して秦軍右翼は、

亜光(あこう)が持ち前の非情な突破力を駆使して岳嬰軍を打ち崩します。

それを見計らい、趙軍左翼の馬南慈(ばなんじ)が突撃し亜光軍を分断

窮地に陥った亜光軍を救ったのは、指示があるまで動くなと釘を刺された玉鳳隊でした。

 

前回記事:キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




キングダム526話 命令無視の王賁に亜光はどう動く?

 

玉鳳隊の命令無視は、直ぐに亜光に伝わりますが、亜光の判断は、

エイガンに部隊の指揮を任せて、自身は100騎を率いて玉鳳隊と孤立した

馬南慈の先方隊を挟みこんで、敵将、馬南慈を討つというものでした。

 

さすがは、総大将王翦(おうせん)の最も信頼する副官です。

全てはケースbyケース、マニュアルに縛られてはいないようですね。

でも、これで、王賁の命令無視はチャラというわけでも無さそうです。

それなりの手柄を立てないと、ゴハン抜きでは済まないでしょう。




キングダム526話 王賁が馬南慈の後続部隊を遮断する

 

玉鳳隊は、馬南慈の部隊に大きく割り込んで右旋回し後続部隊を切断し、

先方を走っている馬南慈を孤立させます。

後続部隊が来ない事に気付いた馬南慈は、前方から回りこんできた

玉鳳隊の騎兵を確認してニヤリと笑いました。

 

馬南慈「あの旗の数、敵将か!? ふっ、さあて・・」

 

王賁は、槍を振り回して、馬南慈の後続部隊を切断していきます。

そして、頃合いと踏んで、関常(かんじょう)に部隊の指揮を任せます。

 

王賁「俺は前で孤軍と化した敵将を討ちにいく」

 

王賁は、後続部隊を切り離して孤立した馬南慈を討つと言います。

普段なら、諫言しそうな関常ですが

 

関常「心得ました、背の憂いは消しておきます故、どうか御武運を

宮康(きゅうこう)若についてゆけ、何かあったらお前が身代わりになって若を守れ」

 

と快く引き受けて、王賁を送りだします。

 

王賁の成長に関常、松琢 まったり

 

王賁を送りだした、関常に松琢(しょうたく)が声を掛けます。

あたりは結構な混戦なんですが、二人はまったりと会話してます。

さすがは百戦錬磨の玉鳳隊という所でしょうか。

 

松琢「珍しいっスね、隊長が諫言せず素直に行かせるなんて」

 

関常「フッ、別にすべてに口ごたえしているわけではない」

 

松琢「でも、この出陣は立派な命令違反ですよ」

 

関常「ああ、だが独立軍としての働きは間違っていない。

この突撃で亜光将軍の第一陣の危機は救われ、

逆に入ってきた敵将を窮地に陥れた、ここで敵将を討ち取れれば、

右の戦場は序盤にして、大いにこちらが優勢となる」

 

松琢「なんか、ますます鋭くなってませんか?賁様の戦術眼」

 

関常「ああ・・間違いない」

 

松琢「やっぱり血は争えないって事ですかねー」

 

なんか、若の成長が嬉しいんだか、末恐ろしいんだか分らない

二人の会話ですが、ここで遠くから右翼の戦場を見つめている

王翦のUPが入ります、変わらず無言です。

 

キングダム526話 馬南慈と王賁正面衝突

 

さて、南北から、玉鳳隊と亜光の100騎に包囲されつつある馬南慈ですが、

まるで窮地だとは思っちゃいません、逆に王賁の本体に突撃し、

玉鳳隊を一人で次々と薙ぎ倒しとうとう、王賁の前に出てきます。

 

馬南慈「趙左翼、三将が一人、馬南慈である、、

貴様らが噂の玉鳳隊だな、邪魔をしおって」

 

改めて、立ち塞がるとデカイです、蒙武(もうぶ)将軍と体格では同格です。

かなりビビっている玉鳳隊ですが、王賁はいつもの無表情。

 

「知らぬ名だな、それに覚えるまでもない

この玉鳳隊の王賁が一撃で貴様の眉間に風穴を空けてやる」

 

王賁はクールに大見栄を切って、槍を馬南慈に向けます。

 

キングダム526話 馬南慈師匠の独演会

 

王賁の不敵な宣戦布告に両軍の将兵はニヤついた表情を浮かべます。

さて、ここからが、馬南慈師匠の独演会です。

 

「ふっ、名を知らぬか、まぁそうであろうな、、

それに本物の修羅場では、飾られた名など何の意味も持たぬ

趙国内の話だが、名を馳せた武将が次々と北の極致、

雁門(がんもん)に派遣されてきては、みな、一月と持たず死んでいったわ」

 

 

はい、ここで、キングダムの新しいキーワード雁門が出ました。

ここは、現在の内蒙古自治区に近いポイントで、当時は最強の騎馬民族と言われた

匈奴(きょうど)と趙が生存を賭け鎬を削った土地でした。

つまり、雁門で生き残ってきた馬南慈は凄いという事ですね。

ガンダムにおける木星帰り、北斗の拳における修羅の国の出身者にも

言いかえる事が出来るでしょう。

 

さらに馬南慈師匠の独演会は続きます。

 

「わしはこれまで北部全域を踏みにじらんとする匈奴以上に

憎らしいヤツはこの世におらんと思っていたが、

昨年、李牧様と共に、咸陽に出向き、貴様達の王に会うて

考えが変わったわ

 

北部どころか、一国丸ごと、しかも六国全てを踏みにじらんと

軍を興す秦王こそ、人の皮をかぶった獣中の獣よ

その獣の刃たらん貴様等もまた獣!

匈奴にも劣る愚か者どもに、この馬南慈の裁きの鉄鎚を・・」

 

途中で我慢できなくなった王賁が槍を振りおろし、

それを馬南慈師匠が振り払って、独演会終了です。

 

キングダム526話 今度は王賁が独演会?

 

かと思えば、一方的に秦王政を貶されて腹が立ったのか、

今度は王賁が独演会を開始します。

 

王賁「他人の王を嘲る前に、少しは史を学べ趙将よ

ここ五百年で百あった諸国が七つに糾合淘汰された

[一大国]という流れは、この[中華史が求める答え」

という見方も出来る」

 

それを聴いて、ふざけるなと歯ぎしりする趙兵がいます。

当然です、それで滅ぼされるのを納得しろと言われても無理です。

 

王賁「無論、貴様等の言い分も百も承知だ

互いの想いの折り合いがつかぬから

力で是非を決するこの戦場がある

来い、馬南慈、秦王の刃として貴様をここへ

沈めてやる」

 

馬南慈「やってみるがいい、、玉鳳隊 王賁」

 

王賁、覚えるまでもないとか言いつつ、ちゃっかり覚えていますが、

次週の526話では、いよいよ馬南慈と王賁の一騎打ちが始まるようです。

 

キングダムウォッチャーkawausoの予想&独り言

 

いやー、いきなり来ましたね、王賁・・

最初の首チョンパはてっきり、岳嬰だと思っていましたが、

見事に空振り、王賁のターゲットは最初から馬南慈だったようです。

 

しかし、ここで馬南慈から、雁門という新しいキーワードが出ました。

最近出ていない、舜水樹(しゅんすいじゅ)も北の遺児なんて言われていましたし、

遼陽城に巣くう連中なんていう李牧の気になる言葉もあります。

 

それがイキナリ、瞬殺されては、舜水樹も巣くう連中も、

なんだ大したことないじゃーんとなりますから、

馬南慈は粘るんじゃあないか?そんな風な予感がします。

 

例えばですが、王賁は殺されなくても、王翦の片腕の亜光が討ち取られるとか

それ位の事をしないと、雁門帰りの凄さは印象づけられないでしょう。

 

ですので、kawausoの予想は、王賁が馬南慈瞬殺と見せ掛けて返り討ちされて

怪我で戦線を離脱、亜光が馬南慈に応対して斬られ、雁門帰りの力が

まざまざと見せつけられるにします。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  2. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿…
  3. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  4. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  7. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特…
  8. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル
  3. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  4. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  5. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  6. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した? 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた? 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  3. 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編
  4. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)
  6. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  7. 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介!
  8. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP