よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人

この記事の所要時間: 237




 

蜀の初代皇帝・劉備(りゅうび)

彼は孫呉が同盟を破棄して関羽を攻撃し殺害されたと聞くと激怒して、

孫呉討伐のための準備を始めます。

趙雲や蜀の群臣達は劉備が計画している孫呉討伐が、

いかに無意味であるかを彼に説きますが、

彼らの進言を一切聞き入れる事はなく孫呉討伐の準備に没頭します。

彼は孫呉を討伐する準備が整うと出陣することになります。

 

 

しかし陸遜(りくそん)の計略によって蜀軍はフルボッコにされてしまいます。

その後彼は病にかかって亡くなってしまうのですが、

劉備が孫呉討伐に出陣する前に占い師を呼んで、

孫呉討伐が成功するかどうか占わせたそうです。

この占い師の占いの結末はどのようなものだったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)



孫呉討伐軍の準備が整う

 

劉備関羽が孫呉の裏切りによって殺害されたことを知ると激怒。

そして彼は弟である張飛と一緒に関羽を殺害した孫呉を滅ぼすため、

孫呉討伐の準備を行います。

張飛は関羽を殺害した孫呉に復讐するために兵士の訓練をいつも以上に厳しく、

きつく行っておりました。

そのため彼は部下や兵士達から恨みを買ってしまい部下に殺害されてしまいます。

その後張飛を殺害した部下は孫呉に逃亡してしまいます。

劉備は張飛が部下に殺害されてしまい悲しみますが、

関羽を殺害した孫呉討伐を諦めることなく、出陣準備を着々と整えていきます。

こうして関羽が孫呉に殺害されてから二年後、

ついに孫呉を討伐するべく劉備は出陣することになるのですが、

ゲン担ぎのために一人の人物を呼びます。




仙人登場

 

劉備は孫呉討伐が成功するかどうかのゲン担ぎとして一人の人物を呼びます。

それは李意其(りいき)という人物です。

彼はなんと前漢の文帝の時代から生きているそうで、

もしこれが本当だとしたら数百年生きていることになります。

そんな人物であったため周りから「仙人」と言われていたそうです。

劉備はこの仙人・ 李意其を宮殿に呼んで「今から孫呉へ復讐するのだが、

果たして成功するのかどうか占ってほしい」と依頼。

李意其は何も言わずに数枚の紙と筆を劉備に要請します。

劉備は李意其の言う物をすぐに持ってこさせます。

すると彼はこの紙にある物をスラスラと描き始めるのです。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

李意其が描いたものとは

 

李意其は劉備から紙と筆をもらうとすぐにスラスラと紙に兵士・馬・武器を描きます。

そして彼が書いた兵士や馬などの絵を全てちぎってしまいます。

その後彼は一枚の紙に人の姿を描いてこの絵を土の中に埋めてしまい、

これらの事が終わると何も言わずにスタスタと宮殿を後にしてしまったそうです。

劉備は李意其の行動にイラっとしますが、

仙人と呼ばれている人物を殺害しては何が起きるかわからないため、

彼を見送って厚いお礼を行ったそうです。

劉備は李意其が去ってから数日後、

関羽を殺した孫呉を討伐するべく出陣することになるのですが、

李意其が書いた物は行った何を意味していたのでしょうか。

 

蜀軍の敗北と劉備の死を意味していた

 

李意其が書いた兵士や馬、武器は夷陵へ向かう蜀軍を意味しております。

これの絵をビリビリに破いてしまうのですがこれは破れる(やぶれる)=敗れる(やぶれる)、

敗北を意味しております。

そして人の姿を描いた紙を地中に埋めた意味ですが、

この紙に書いた人物は劉備を意味しております。

そして人を埋めるということはその人が亡くなった時に土の中に埋葬するという意味で、

劉備を埋葬する=彼が死ぬ事を意味していたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

李意其が行った占いは全て当たることになります。

劉備は夷陵(いりょう)の戦いでフルボッコにされてしまい、

この戦いに敗れたことで心労が一気に噴出し病にかかってしまいます。

そして彼は病が治ることなく土の中に埋められることになるのです。

もし劉備が李意其の行動を問いただしたとしても

孫呉討伐を行う意思を変えなかったと思います。

ということは劉備は死ぬことが決まっていたと言っていいのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】

関連記事:漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の…
  3. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  4. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見ど…
  6. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」…
  8. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  2. キングダム 本ネタバレ 537話 お待たせ!「大将軍の景色」
  3. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア
  4. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  5. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  6. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発? 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム? 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析! 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント? 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは

おすすめ記事

  1. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?
  2. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操
  3. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  4. 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神
  5. 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】
  7. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  8. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP