よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

はじめての魏

陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官

この記事の所要時間: 229




 

陳登(ちんとう)は部下に優れた人物が幾人もおりましたが、

特に優秀な人物と言えるのは二人だけでした。

ひとりは徐宣(じょせん)という人物で、彼は陳登が亡くなると曹操へ仕えることになります。

そして今回の主人公である陳矯(ちんきょう)陳登の配下の中で、

徐宣と同じくらい優れていた人物でした。

この陳矯曹操に仕えることになるのですが非常に忠誠心に溢れた人物で、

決断力に富んだいてもし彼が曹操に仕えていなれば、

大変なことになっていかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登




陳登を救うために曹操の元へ

 

陳矯は陳登に仕えておりましたが、

陳登が支配していた広陵(こうりょう)へ孫権軍が攻め込んできます。

陳登は陳矯へ「曹操殿の元へ行って援軍を要請してきてくれ」と命令され、

曹操の元へ向います。

陳矯は許に到着するとすぐに曹操に会見。

彼は曹操へ「我が主陳登が支配する広陵は小さい郡ですが、

敵軍が侵入した際には有利な地形をしている場所です。

もし曹操殿に臣従させて頂けるのであれば、

この地方は全て曹操殿の味方をすることが出来るでしょう。

是非援軍を送っていただければと思います。」とお願いします。

曹操は陳矯の言葉を聞いて彼に優れた才能を感じ、

自らの幕僚として向かい入れたい意向を示します。




陳矯の忠誠心

 

陳矯は曹操から誘われると彼へ「我が主陳登が困っているにも関わらず、

私が曹操殿の配下になってしまえば、恩義に逆らうことになります。

このような不忠をすることは私にはできません。」ときっぱりと曹操の誘いを断ります。

曹操は陳矯が厚い忠誠心を持っていることに感心して、

陳登を助けるために援軍を差し向けることにします。

陳登は陳矯のおかげでなんとか危機を脱することに成功するのです。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

曹操死す

 

陳登は曹操に臣従したことがきっかけで陳矯は曹操に仕えることになります。

彼は各地の太守や中央で活躍し曹操に付き従って戦にも参加しておりました。

陳矯はこのように活躍しておりましたが、主人である曹操が亡くなってしまいます。

当時曹操の後継者は曹丕と決まっておりましたが、

群臣達は曹操が亡くなるとすぐに会議を開き

「皇帝から曹操の後継であると任命されなければ、まずいのではないのか」と

会議で発言をしておりました。

この会議に参加していた陳矯は群臣達の意見を聞いておりましたが、

彼は反対意見を群臣へ向けて述べます。

 

「曹魏は分裂するかもしれませんぞ!!」by陳矯

 

陳矯は群臣達へ向かって「もし後漢王朝の皇帝からの指示を待っていれば、

天下は大混乱に陥ることになるのは間違えないでしょう。

その間に呉や蜀が攻め込んできたらどうするのですか。

また曹丕様が太子となることは決まっており、すぐに曹操様の後継者として擁立しなければ、

曹植様や曹彰(そうしょう)様が太子の座を狙って曹丕様と争いを始めれば、

曹魏は分裂するかもしれませんぞ!!」と反対意見を述べます。

この意見を聞いた群臣達は陳矯の意見に賛成してすぐに曹丕を曹操の後継者として

擁立することにします。

 

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

関連記事:【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

陳矯は非常に忠誠心の厚い人物で、

曹操に誘われながらもきっぱりと断り

主人に対してしっかりと忠誠を貫く姿勢は素晴らしいの一言に尽きます。

また曹操が亡くなった後の決断力は優れていると言っていいのではないのでしょうか。

もし彼がいなければ後漢王朝の皇帝の許可をもらってから、

曹操の後継者として曹丕が立つことになっていたかもしれません。

そうなれば呉や蜀が曹魏へ攻め込んで、

曹操の後継者から外されていた曹彰曹植が曹操の後継者として、

名乗りをあげていたかもしれません。

そうなれば曹魏はバラバラになり、三国志は存在していなかったかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  2. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  3. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  4. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  5. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  6. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  7. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  8. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!
  3. 三国志の時代の城の機能について図解解説
  4. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父
  5. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  6. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの? 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人? 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

おすすめ記事

  1. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】
  3. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  4. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  5. 魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!?
  6. 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?
  7. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  8. あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP