よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての魏

曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男

この記事の所要時間: 421




曹操のムスコ達アイキャッチ

 

曹操(そうそう)の息子たちの中では文才に秀でた人が多い中で、曹操の武の才能を唯一受け継いだのが曹彰(そうしょう)です。

戦場を疾駆する事に興味を持ち、兄や弟らのように文学には一切興味を持ちませんでした。

また黄色い髭を生やしていた事から「黄髭」と曹操から可愛がられた人物です。

今回は武に秀でた曹操の次男・曹彰を紹介します。




血気盛んな青年期

曹彰

 

曹彰は曹操の次男として生まれます。

幼少期から血気盛んで、弓術や馬術などを好んで学んでいたそうです。

曹操は彼に「将来何になりたいんだ」と聞きます。

すると曹彰は「将軍になりたい」と言います。




何で曹彰は将軍になりたかったの?

 

曹操は理由を尋ねると「鎧を着て馬に乗り、武器をもって兵士の先頭に立って自らの武を示して敵を破りたいです。そうすれば恩賞をいっぱいもらえるからです」と答えたそうです。この答えを聞いた曹操は大笑いをしながら彼を激励します。

曹彰は青年になると自らの夢をかなえるため、森の中に入って虎やイノシシなど猛獣と格闘し、武を磨いていました。

曹操は武を尊ぶ曹彰に対して「お前は馬に乗って戦うのが好きなようだが、武のみを尊ぶようでは将軍になれんぞ。将軍になるには勉強をして、歴史や文学を学びなさい。」と忠告をします。

しかし曹彰は父の言うことに対して「親父。俺は霍去病や衛青(前漢の大将軍)のような将軍になりたいから、武を磨いているんだ。文学を勉強して博士になりたい訳じゃない」と反論します。

曹操は彼の言うことに苦笑いを浮かべその場を立ち去ったと言われています。

彼はその後も黙々と修行を重ね、戦場に出陣する機会が巡ってきます。

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

 

鳥桓討伐戦で将軍に任命され、戦デビューを果たす

烏桓

 

中国北部にいる鳥桓族が反乱。

曹操は曹彰を将軍に任命して烏桓討伐を命じ、曹彰は喜んで出陣します。

曹彰は北上して中国北部の代県に到着すると鳥桓軍の騎馬隊が突如攻撃を仕掛けてきます。

彼は急いで代県に来ていたため、後続の軍勢がまだ来ておらず、周りにいた数千の兵で迎撃を開始。

曹彰は鳥桓の攻撃に一時的に危険な状況に陥ります。

しかし彼の参謀である田豫の策を用いて何とか鳥桓族の迎撃に成功します。

 

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

退却する鳥桓族を追いかけ続ける曹彰

 

曹彰は退却する鳥桓族を半月以上にわたって猛追撃を行います。

半月以上追撃を行った事から兵士は疲れ、馬も疲労がたまり走れなくなっていました。

そのため諸将は「後続の兵士や馬の疲労を取るためにも休息が必要です」と曹彰に進言します。

彼は諸将の進言を聞いた後「敵は今弱っており、追撃を重ねていけば、大勝利を得られるのだ。こんなところで休むのは優れた将軍のする事ではない」と進言を却下し、再び追撃戦を開始します。曹彰は退却する鳥桓族を徹底的に追撃する事で大勝利を勝ち取り、北方の平定を大成功に導きます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  2. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才…
  3. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  4. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将…
  5. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  6. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1…
  7. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  8. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  2. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  3. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生
  4. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  6. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す! 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの? 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった インスタグラムはじめました。

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  2. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  3. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  4. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?
  5. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  6. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  8. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP