三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・センテンススプリング」のコーナーです。

 

豊臣秀頼は本当に豊臣秀吉の子だったのか?

未だに取りざたされている超下世話な話題です。

24歳で正妻を迎え、

側室を持つもずっと子ができなかった豊臣秀吉が56歳の頃に生まれた子ですからね。

早世した鶴松が生まれたときでも53歳です。

どちらも孕んだのは淀の方でした。

疑惑が生まれてもおかしくはありません。

 

さて、三国志劉備はどうだったのでしょうか。

今回はちょっと下世話な話題になりますが、ご容赦ください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?




劉禅の母親・甘氏の悲劇

 

劉禅の母親は甘氏です。劉備の正妻ではありません。

側室になったのは194年ごろとされています。

劉備が徐州の陶謙を助け、徐州を攻めた曹操が本拠地を張邈呂布に奪われた年ですね。

 

劉備は正妻を何度も失うも、甘氏は身分が低いために側室のままだと記されています。

驚くべきは劉備が何度も正妻を失っていたという事実です。

恐らく子もいたのでしょうが生存していないということは共に殺されているのでしょう。

劉備は敗走することが多かったですからね。

 

実際にこの甘氏も劉備に二度も見捨てられています。

一度目は200年の劉備が曹操のもとを離れ小沛で独立したときです。

すぐに劉備は曹操に大敗し、袁紹を頼って北に落ち延びています。

残された甘氏は関羽に守られて曹操に降っています。

二度目は208年です。またも曹操に攻められた劉備は妻子を見捨てて逃走。

甘氏は長坂で趙雲に救出されました。




劉禅の母親は側室である

 

劉禅は207年荊州で生まれます。

母親が側室であり、自らは庶子でありながら後継者に選ばれた例は歴史上いくらでもあります。

珍しいことではありません。

奇妙なのは、甘氏が劉備の側室になって13年も過ぎてから劉禅が生まれたことです。

劉備はこのとき46歳でした。

劉備の死後、劉禅の即位に併せて、すでに亡くなっていた甘氏は皇后の追号を受けるのです。

 

三国志演義では甘氏は正妻の扱いとなる

 

不自然さを捻じ曲げようとしたのか、

三国志演義では甘氏は正妻として扱われています。

つまり劉禅は庶子ではなかったということです。

さらに甘氏は劉禅を身籠ったときに、北斗七星を呑む夢を見たとされています。

「感生帝説」です。母親が何か異物を感じて身籠ると、

天命を受けた帝王が誕生することを啓示しているというものです。

劉禅の幼名である「阿斗」はそこに起因しています。

これらはすべて三国志演義の創作です。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

長坂で趙雲に救出される

 

そんな劉禅も曹操の進撃に遭い、劉備に見捨てられることとなります。

乱戦となった長坂の戦場で、甘氏と劉禅を救出したのは趙雲でした。

よく劉禅だけを抱いて戦場を駆ける趙雲が描かれますが、

実際は劉禅と甘氏を保護して戦場を離脱しているのです。

ちなみに三国志演義ではこのとき麋竺の妹の麋氏(同じく劉備の側室)が足を負傷しており、

足手まといになることを恐れて井戸に身を投げて自害しています。

どちらにせよ、嫡子を置いて劉備や諸葛亮孔明が

さっさと逃げるという行動をとったことは信じられませんね。

 

関連記事:五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

関連記事:正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

劉備は劉禅が生まれる以前に、劉封という養子を迎えました。

もう子ができないと諦めたからなのでしょうか。

劉禅が生まれた後、劉封は劉備存命中に処刑されています。

ちなみに劉禅には異腹の弟が二人います。劉永と劉理です。

なぜか母親は不明になっています。

 

この話の展開に私は何か違和感を感じてしまいますね。

このあたりは三国志のタブー領域なのかもしれません。

いろいろ推測すると怖くなってきたので、ここまでにしておきます。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情

関連記事:蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するラ…
  2. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去った…
  3. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較
  4. スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計
  5. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  6. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  7. 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5…
  8. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の皇帝になった曹丕

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  2. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  3. 第4話:三国夢幻演義 龍の少年「地獄の淵で」配信中
  4. 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  5. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  6. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の馬超

おすすめ記事

キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した! 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相 三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人? 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか? 江藤新平 幕末 江藤新平「梟首」その壮絶な最期とは くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ

おすすめ記事

  1. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  2. 【記念】ファンの皆様ありがとう、はじめての三国志5周年突入!
  3. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  4. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  5. キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔
  6. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  7. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  8. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP