架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?

この記事の所要時間: 23




 

三国志の英雄・曹操(そうそう)

挙兵してから戦い続け、ついには三国志最大の領土を保有することになった魏を建国。

そんな彼の幼少期・青年期がとんでもない悪ガキであった事をみなさんはご存知でしょうか。

今回は曹操の幼少期と青年期のお話をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)




超やんちゃ坊主だった曹操

 

三国志一広大な領土を保有することになった曹操。

彼が布告した政策は当時の中国においては画期的で、

詩文などを作り建安文学として歴史的に重要な役割を果たします。

また孫子の兵法書を編纂するなど多岐に渡って優れた才能を発揮した人物でした。

そんな彼ですが幼少期はとんでもなくやんちゃな子供で、

朝から鷹と犬を連れて家を飛び出し狩りに明け暮れる毎日を過ごしていたそうです。

そんな彼を見ていた曹操のおじはいつも曹操の父である曹嵩(そうすう)

「おまえの息子、毎日毎日朝から晩まで狩りばっかりしてるけど、

将来大丈夫なのか。」と注意をしたそうです。

曹嵩はこの言葉を聞いて度々曹操へ注意しますが、

彼は父の言葉を聞かずにいつも外に出て遊んでいたそうです。

曹操は曹嵩に余計なことを言っているおじをウザったいと考えあることを思いつきます。




嘘の病気にかかる

 

曹操はウザったいおじが家に来ていることを知ると以前思いついた事を実行に移します。

彼は家の門の前でおじが手で来るのを待ち、

おじが家から出てくると顔をひん曲げて麻痺しているように見せかけます。

曹嵩のおじは「孟徳(もうとく=曹操の字)どうしたのだ。

大丈夫か。」と曹操に詰め寄ってきます。

すると曹操は「おじさま。どうやら顔が麻痺してしまう病気にかかってしまったみたいです」

と聞くとおじはすぐに家に戻って曹嵩を呼んできます。

曹嵩は曹操の元に駆け寄ってくると「孟徳。だいじょうぶか。

顔が麻痺したと聞いたが」と曹操の顔を確かめます。

曹操はケロッとした顔で父の方を見て「父上。何を言っているのです。

私はこのとおり何でもありません。

おじ様は私の事が嫌いだからそのような嘘を言ったのではないのでしょうか。」と伝えます。

曹嵩はその後おじが曹操の事に色々な事を言ってきますが、

信用することはありませんでした。

そして曹操はおじの言うことを父が聞かなくなったことをいいことに

再び朝から晩まで狩りに明け暮れる毎日を過ごしていったそうです。

 

転職活動に役立つ特集記事 

 

豪邸に不法侵入を行う

 

曹操は洛陽の権力者である中常侍・張譲(ちょうじょう)の家へ不法侵入を行います。

理由は全く不明なのですが、

若き頃の曹操は好奇心で豪邸へ入り込んだのかもしれません。

彼は塀を乗り越えて張譲の家の中に入って行くと

たまたまいた家の主人である張譲に見つかってしまいます。

曹操はすぐに家から逃亡しようとすると張譲の家のガードマンがやってきて、

彼を囲み始めます。

曹操はガードマンを一人倒して戟を手に入れると戟を振り回して暴れまわり、

ガードマンをすべて倒してしまいます。

その後彼はゆうゆうと塀を乗り越えて去っていったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操はこのように幼少期・青年期ともにかなりのやんちゃなエピソードが残っております。

幼少期のエピソードは今の少年達ではほとんど思いつかないような事をして、

自らのやりたいことを推し進めていく。

青年期の曹操はもっとやんちゃで不法侵入を行ってしまうなどとんでもない少年でした。

幼少期には謀略と言っていい事を行いやりたいことを推し進めていく。

そして青年期には武勇を持って危機を突破しており、

当時から苦難にあっても突破する能力を持っていたやんちゃ坊主でした

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  2. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  3. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  4. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  5. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  6. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  7. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  8. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  2. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  3. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  4. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの? 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった! 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは? 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説 え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!? 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

おすすめ記事

  1. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  2. キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  3. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  4. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  5. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  6. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  7. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?
  8. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP