曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?

この記事の所要時間: 23




 

三国志の英雄・曹操(そうそう)

挙兵してから戦い続け、ついには三国志最大の領土を保有することになった魏を建国。

そんな彼の幼少期・青年期がとんでもない悪ガキであった事をみなさんはご存知でしょうか。

今回は曹操の幼少期と青年期のお話をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)




超やんちゃ坊主だった曹操

 

三国志一広大な領土を保有することになった曹操

彼が布告した政策は当時の中国においては画期的で、

詩文などを作り建安文学として歴史的に重要な役割を果たします。

また孫子の兵法書を編纂するなど多岐に渡って優れた才能を発揮した人物でした。

そんな彼ですが幼少期はとんでもなくやんちゃな子供で、

朝から鷹と犬を連れて家を飛び出し狩りに明け暮れる毎日を過ごしていたそうです。

そんな彼を見ていた曹操のおじはいつも曹操の父である曹嵩(そうすう)

「おまえの息子、毎日毎日朝から晩まで狩りばっかりしてるけど、

将来大丈夫なのか。」と注意をしたそうです。

曹嵩はこの言葉を聞いて度々曹操へ注意しますが、

彼は父の言葉を聞かずにいつも外に出て遊んでいたそうです。

曹操は曹嵩に余計なことを言っているおじをウザったいと考えあることを思いつきます。




嘘の病気にかかる

 

曹操はウザったいおじが家に来ていることを知ると以前思いついた事を実行に移します。

彼は家の門の前でおじが手で来るのを待ち、

おじが家から出てくると顔をひん曲げて麻痺しているように見せかけます。

曹嵩のおじは「孟徳(もうとく=曹操の字)どうしたのだ。

大丈夫か。」と曹操に詰め寄ってきます。

すると曹操は「おじさま。どうやら顔が麻痺してしまう病気にかかってしまったみたいです」

と聞くとおじはすぐに家に戻って曹嵩を呼んできます。

曹嵩は曹操の元に駆け寄ってくると「孟徳。だいじょうぶか。

顔が麻痺したと聞いたが」と曹操の顔を確かめます。

曹操はケロッとした顔で父の方を見て「父上。何を言っているのです。

私はこのとおり何でもありません。

おじ様は私の事が嫌いだからそのような嘘を言ったのではないのでしょうか。」と伝えます。

曹嵩はその後おじが曹操の事に色々な事を言ってきますが、

信用することはありませんでした。

そして曹操はおじの言うことを父が聞かなくなったことをいいことに

再び朝から晩まで狩りに明け暮れる毎日を過ごしていったそうです。

 

転職活動に役立つ特集記事 

 

豪邸に不法侵入を行う

 

曹操は洛陽の権力者である中常侍・張譲(ちょうじょう)の家へ不法侵入を行います。

理由は全く不明なのですが、

若き頃の曹操は好奇心で豪邸へ入り込んだのかもしれません。

彼は塀を乗り越えて張譲の家の中に入って行くと

たまたまいた家の主人である張譲に見つかってしまいます。

曹操はすぐに家から逃亡しようとすると張譲の家のガードマンがやってきて、

彼を囲み始めます。

曹操はガードマンを一人倒して戟を手に入れると戟を振り回して暴れまわり、

ガードマンをすべて倒してしまいます。

その後彼はゆうゆうと塀を乗り越えて去っていったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操はこのように幼少期・青年期ともにかなりのやんちゃなエピソードが残っております。

幼少期のエピソードは今の少年達ではほとんど思いつかないような事をして、

自らのやりたいことを推し進めていく。

青年期の曹操はもっとやんちゃで不法侵入を行ってしまうなどとんでもない少年でした。

幼少期には謀略と言っていい事を行いやりたいことを推し進めていく。

そして青年期には武勇を持って危機を突破しており、

当時から苦難にあっても突破する能力を持っていたやんちゃ坊主でした

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  2. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  3. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  4. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  5. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」
  6. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  7. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  8. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  2. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  3. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました!
  4. 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言
  6. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第40話「天正の草履番」 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの? 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!

おすすめ記事

  1. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】
  3. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?
  4. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  5. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  6. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介
  7. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!
  8. 曹操の詩の世界を体験してみよう

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP