[正史三国志から読み解く]曹操の突き抜けたワルっぷり!(寄稿者:三国太郎氏)

2023年8月16日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

北方謙三 ハードボイルドな曹操

 

三国志さんごくしでトップクラスの人気を誇る曹操そうそう。多彩な顔を覗かせる英雄ですが皆様はどういう一面が好きでしょうか。私は野心満々で極悪非道な曹操そうそうの「ダークヒーロー」っぷりがハチャメチャで好きでした。

 

悪の正義バットマン風 曹操

 

今日は史実の曹操そうそうのワルっぷりを歴史書の記述を基に紹介したいと思います。

 

東京五輪のボランティア いだてん

 

本記事は、寄稿者の個人的な見解が述べられているもので、必ずしも当メディア『はじめての三国志』の公式な立場を代表するものではございません。当メディアは、一貫した編集ポリシーに基づいて運営されております。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



攻略した城の破壊、住民虐殺

処刑を下す曹操

 

 

ご存じのファンも多いと思いますが曹操そうそうは父親が徐州じょしゅうで殺されたことを怨み、193年、194年の二度にわたり徐州じょしゅうを襲撃しました。陳寿ちんじゅ三国志さんごくしの武帝紀には「曹操そうそう軍が通り過ぎたところ多くの殺戮が行われた。」という記載があります。

 

太祖擊破之、遂攻拔襄賁。所過多所殘戮(三国志さんごくし武帝紀)

 

曹瞞伝にはより詳細な記述がありました。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

曹操そうそうの軍によって徐州じょしゅうでは男女数十万人が坑殺され、泗水しすいは投げ込まれた死体で堰き止められ流れが止まった。泗水しすいより南の慮・睢陵・夏丘の諸県を攻取し、皆なこれを屠城した。鶏も犬もいなくなり、廃墟になった」とある。

 

 

自京師遭董卓之亂、人民流移東出、多依彭城閒。遇太祖至、坑殺男女數萬口於泗水しすい、水爲不流。陶謙とうけん帥其衆軍武原、太祖不得進。引軍從泗南攻取慮、睢陵、夏丘諸縣、皆屠之。雞犬亦盡、墟邑無復行人(范曄『後漢書』陶謙とうけん伝 『曹瞞伝』)

 

上記が最も有名な曹操そうそうの悪行ですが、他にも徐州じょしゅう虐殺のような「屠城」を沢山行っていました。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

以下は歴史書に見れる具体例となります。

・太祖攻圍數月、屠之(三国志さんごくし呂布りょふ伝)

・屠彭城(三国志さんごくし武帝紀)

 

徐州じょしゅう虐殺とは別件。呂布りょふ討伐時

 

曹操そうそう攻屠鄴城ぎょうじょう(後漢書孔融伝)

※水攻めで城を破壊した他、袁氏えんしの婦女を犯した、と記載あり

 

・太祖征三郡烏丸うかん、屠柳城りゅうじょう三国志さんごくし公孫度伝)

・淵與諸將攻興國、屠之(三国志さんごくし武帝紀)

夏侯淵かこうえん自興國討之。冬十月屠枹罕ほうかん斬建(三国志さんごくし武帝紀)

氐王竇茂ていおうとうも衆萬餘人恃險不服、五月公攻屠之(三国志さんごくし武帝紀)

・仁屠宛斬音えんざんおん三国志さんごくし武帝紀)

 

※反乱を起こした民を屠りました。この反乱理由は曹瞞伝では民が曹操そうそうの圧政に耐えかねたため、とあります。

 

三国志 兵糧攻め 村人

 

三国志さんごくし管寧伝においても陸渾県りくこんけんの労働の過酷さが反乱に繋がったと記載されております。もちろん、これは曹操そうそう軍が圧倒的に多い回数でした。私が他に調べたところ孫呉では孫策・孫権らで2,3回程「屠城」の記述がありました。

 

こちらもCHECK

三国志のモブ 反乱
【悲報】徐州虐殺が曹操の中華統一を阻止した事実

続きを見る

 

 

 



官渡の戦いにおける捕虜生き埋め

生き埋めにさせようとする項羽

 

徐州じょしゅう虐殺の次に有名かもしれませんが、官渡の戦いの戦後処理で曹操そうそうは袁紹軍の捕虜を生き埋めにしました。

 

餘衆偽降、盡坑之(『三国志さんごくし袁紹伝』)

 

主観が入りまくりな裴松之

 

 

裴松之注等の記載を素直に読む限りですと穴埋め被害者数は袁紹の軍勢は八万ないし、七万だとのことです。曹操そうそうは何故生き埋めをしてしまったのでしょうか。兵糧不足ゆえとも思いましたが、輜重を奪った記述があるため、兵糧には不足していなかったのではないかと私は考えます。

 

 

 

紹衆大潰、紹及譚棄軍走、渡河。追之不及、盡收其輜重圖書珍寶、虜其衆(三国志さんごくし武帝紀)

 

 

こちらもCHECK

力をつけ始めた曹操をぶっ潰そうと考えた袁紹
なぜ曹操は官渡の戦いから河北統一まで7年という期間を要したのか?

続きを見る

 

官渡の戦い特集

 

 

朝臣の大量殺害

献帝を傀儡化する曹操

 

曹操そうそうが許に献帝を迎え権勢をふるうようになった頃の記録に、「宮廷の内外で曹操そうそうによって誅殺された者が多くいた」とあります。そして粛清された被害者の代表として議郎の趙彦の名が挙げられております。

 

議郎趙彥嘗為帝陳言時策,曹操そうそう惡而殺之。其餘內外,多見誅戮(後漢書伏皇后紀)

 

これはあまり知られていないかもしれない逸話かもしれませんね。

 

こちらもCHECK

献帝
衝撃!曹操が献帝を迎えたのは悪名を消す為だった

続きを見る

 

 

 

皇后とその一族の殺害

董承、曹操

 

車騎将軍の董承は献帝の密勅を受け、曹操そうそうの暗殺計画を企ておりました(『三国志さんごくし-先主伝』しかし事前に発覚し、計画に関係した者は一族もろとも処刑された。このとき董承の娘は献帝の妃で妊娠していたが、彼女も捕えられ殺害されました。

 

曹操を暗殺しようとする董承

 

皇后の伏寿は、もと屯騎校尉であった父親の伏完へ「献帝は董承が殺されたので曹操そうそうを怨んでいる」旨の手紙を送っていました。しかし伏完は曹操そうそう排除を実行できないまま死に、この手紙が建安19年(214年)に発覚し、彼女は廃され殺され、兄弟ともども伏一族は処刑されてしまいました。

 

漢皇后伏氏坐、昔與父故屯騎校尉完書、云帝以董承被誅怨恨公、辭甚醜惡。發聞、后廢黜死、兄弟皆伏法(『三国志さんごくし武帝紀』)

 

他の歴史書にはより詳細な記載がありました。

 

 

華歆(華キン)

 

曹操そうそうは華歆に命じて兵を使って宮中に押し入りました。皇后は二重壁の中に隠れたが、壁は壊されて引きずり出されてしまいます

 

 

献帝

 

 

。ちょうどそのとき郗慮と会っていた献帝は、髪を振り乱し裸足のまま連行されようとしている皇后が「陛下、またお会いできるでしょうか」と涙ながらに助けを求めたのに対し、「私でさえいつまで命があるかわからないのだ」と言って為す術なく眺めることしかできませんでした。皇后はそのまま連れて行かれて殺され、彼女の一族も数百人が殺されました(呉人『曹瞞伝』後漢書伏皇后紀)

 

 

漢李カク・郭祭り78 献帝

 

また、伏寿と献帝の間には子が二人おりましたが、残念ながらこの子供たちも殺されております。(『三国志さんごくし先主伝』 後漢書伏皇后紀)。ここら辺りも演義で有名な逸話ですね。

 

こちらもCHECK

暗殺計画自慢の董承
世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

続きを見る

 

合肥侯擁立事件

 

 

 

その他

呂布にとどめを刺すよう曹操に献策する郭嘉

 

書いてる内に私は気づきました。このペースで書いてると記事がアンバランスになってしまうことに。。細かい処刑系の逸話や被害者は箇条書きスタイルで割愛させてください。

 

孔融を処刑する曹操

 

・袁忠の処刑(『曹瞞伝』)
・桓邵の処刑(『曹瞞伝』)
・辺譲の処刑(諸説あり)
・華佗の処刑(『三国志さんごくし華佗伝』)
・孔融の殺害(『後漢書』孔融伝)
・崔琰の処刑(三国志さんごくし崔琰伝)
・婁圭の処刑(三国志さんごくし崔琰伝)
・許攸の処刑(三国志さんごくし崔琰伝)
・楊脩の処刑 (諸説あり 『後漢書』 『三国志さんごくし曹植伝』、『典略』)
・侍中の臺崇、尚書の馮碩の処刑(後漢書献帝紀)
・琅邪王の劉熙の処刑(後漢書献帝紀)
・王模、周逵の処刑(三国志さんごくし陳羣伝)
・周不疑の殺害(『零陵先賢伝』)
・呂伯奢一家の殺害(諸説あり 王沈『魏書』 『世語』 孫盛『異同雑語)
・寝室近くの愛人を撲殺(『曹瞞伝』)
・兵糧担当官に罪をなすりつけ処刑した逸話(『曹瞞伝』)
・洛陽の北部尉時代、厳しい禁令をつくり破った者を極刑に(『曹瞞伝』)
・消火に加わった者こそ本当の賊であると主張し殺害(山陽載公記)
・赤壁の敗走中に自軍兵士を踏み殺して撤退(山陽公載記)
毛玠司馬懿楊彪 淳于瓊らへの暴力・圧力・投獄
・属官へのパワハラ(三国志さんごくし何夔伝)
・梁の考(前漢・景帝の弟)の墓荒らし(陳琳の激文)
・重罪相当の悪事を犯すが本人は無傷(三国志さんごくし夏侯淵かこうえん伝)
・秦宜禄の妻を略奪(蜀記)
・張済の妻を奪ったあげく、降伏した張繍を理不尽に殺害しようとする(三国志さんごくし張繍伝)

 

 

寄稿者:三国太郎の独り言

三国太郎 ライター フリー素材

如何でしたでしょうか。「綺麗な曹操そうそう」が好きな人にとっては刺激のある記事で「信憑性の低い歴史書を引用している」とかツッコミをいれたい部分もあったかと思います。私は曹操そうそうの「ワルさ」は曹操そうそうを構成する大きな要素だと思います。ワルさと多才さが同居してるがゆえの妖しさが曹操そうそうの魅力だと私は考えております。

 

参考:

三国志、全文検索

中國哲學書電子化計劃

三國志修正計画

正史三国志

東京五輪のボランティア いだてん

 

本記事は、寄稿者の個人的な見解が述べられているもので、必ずしも当メディア『はじめての三国志』の公式な立場を代表するものではございません。当メディアは、一貫した編集ポリシーに基づいて運営されております。

 

 

曹操孟徳

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
三国太郎

三国太郎

三国志に17~18年の情熱を注いできました。最初は真・三国無双のゲームから始まり、演義和訳本へと進み、エンタメ作品を経て正史三国志に深入りしました。インターネットをよく利用しており、リアルイベントよりもオンラインが主な活動の場。子供の頃は曹魏を好んでいましたが、徐々に劉備や諸葛亮、関羽などのキャラクターに興味を持つようになりました。三国志の世界に浸ることが生き甲斐で、その魅力をいつも探求しています。

-曹操
-