よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた?

この記事の所要時間: 36




 

婚姻という制度は、現在世界各国にあります。

各国々で文化が異なる中、この制度だけはどの文化でも同じであり、

また示し合わせたかのように古くからその制度があります。

このことからも、結婚とは人類が生きていくために必須の制度であることが分かります。

中国でも当然婚姻という制度はあります。

三国志でもそうした制度があるのは、周知の事実でしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる




中国では、死者同士で結婚する!?

 

しかし、古代中国では、死者同士を結婚させるという、冥婚と呼ばれる儀式がありました。

生きている人々にとって必要とされる婚姻制度を

なぜ死者に対して適用しなければならないのでしょうか。

今回は、冥婚という制度についてご紹介します。




なぜ冥婚を行うのか

 

死者に対する制度として、葬式というものがあります。

これは死者を弔うための制度です。

では冥婚は何のために行うのでしょうか。

中国では、葬式を執り行う際に決まりがあります。

それは、葬式は親族のみによってしか行うことができません。

そのため、もしも親類がいない者が亡くなった場合、葬儀を行うことはできません。

また、中国では葬式で弔われなかった死者は、生者に災いをもたらすと信じられています。

そこで、未婚の死者を冥婚させることで、一族の祖先に加えることで、

縁者のいない死者を弔うことができます。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

中国の霊魂観

 

中国の漢民族の霊魂観では、魂魄(読み:こんぱく)の観念があるそうです。

魂は精神を表し、魄は肉体を表すそうです。

この魂魄の考えでは、祖先は子孫から崇拝されると神となりますが、

不十分であると鬼となると考えられています。

弔われ方によって、及ぼす影響が異なります。

そのため、この霊魂観が主な冥婚の理由になっていると考えられます。

 

死者と生者の位置関係!?

 

漢民族の宗教的思想によれば、世界は三層構造に分かれていると考えられています。

一番上は、「天」であり、もっとも地位の高いものとされています。

二番目は、地上にいる人全てです。

細かな上下関係はさておき、地上に生きる者は皆この分類に属します。

そして、三番目の最下層である地下には、祖先がいるとされています。

土葬するので、当然と言えば当然ですが、死者は地下にいるのです。

さて、死者は地下にいますが、さきほどの魂魄の考えに基づく、上手に弔われれば、

魂は天に昇り神となり、魄=肉体は地下に埋まるそうです。

さて、弔われず、鬼となると天に昇れず、厄災をもたらすとされています。

 

冥婚の真の目的

 

冥婚の目的が死者からの厄災を免れるということにあります。

しかし、実際にはやや異なります。

死者の結婚において、死霊が手厚く葬られて天に昇ったこと、

とか、未婚で亡くなったものが死後に結ばれて満足していること、

等のことは実際には確かめようのないことです。

そうしたことは本来の目的ではありません。

冥婚を行うことで、慰められるのはその遺族です。

死者に対してであっても結婚式を行うことができた、

という事実が遺族の心を癒すのです。

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

 

三国時代における冥婚

 

三国志では、実際に冥婚が行われています。

曹操(そうそう)の子の一人、曹沖(そうちゅう)がそうでした。

彼は、病で亡くなっています。曹沖(そうちゅう)は、

その才と徳から曹操(そうそう)に大変気に入られていました。

曹操(そうそう)の後継者は、曹丕(そうひ)ですが、曹沖(そうちゅう)が存命であれば、

後継者は曹沖(そうちゅう)であったとも言われています。

それほどまでに曹操(そうそう)は曹沖(そうちゅう)を愛していました。

ところが、曹沖(そうちゅう)は病で亡くなってしまいました。

それを悲しんだ曹操(そうそう)は彼を冥婚させて弔っています。

曹操(そうそう)は、彼からの災いなど恐れておらず、ただ彼を想って冥婚を執り行ったのでしょう。

 

三国志ライターFMの独り言

 

曹操(そうそう)も冥婚を行っていたので、

冥婚という制度自体は中国で古くから実在し、施行されているようですね。

中国の宗教観では、信心深いと言いますか、

死者が意思や悪意を持ち厄災をもたらすと信じられてた、

というのは冥婚の分かりやすい理由と思います。

けれども、やはり無念に死んでしまった者のことを悼み、残されたものは彼らを想い、

こうした儀式をするというのが真の理由なのでしょう。

そして、そうした儀式を行うことこそ、残された者達が悲しみを忘れ、

次の一歩を踏み出すために必要だったのでしょう。

 

櫻井 義秀 著、死者の結婚:祖先崇拝とシャーマニズム、北海道大学出版会(2010)

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?
  2. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  3. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  4. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  5. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  6. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  7. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚…
  8. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう
  2. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  3. 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは?
  4. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪
  5. 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの?
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い? 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い! 【祝】月間150万PV達成!はじめての三国志より感謝の言葉 【お知らせ】はじめての●●を追加しました 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情

おすすめ記事

  1. 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!
  2. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説
  3. 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期
  4. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  5. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  6. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  7. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  8. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP