三国志平話




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝

この記事の所要時間: 254




曹丕皇帝

 

曹操の後継者であり、後に献帝からの禅譲を受けて魏の初代皇帝となった曹丕は、

曹操の後継者の地位を巡って弟の曹植と激しく対立したことが知られています。

 

しかし、そんな曹丕をして『もし生きていたら私は父の後継者にはなれなかっただろう』と言わしめた弟がいました。

それが曹沖(そうちゅう)です。




曹沖(そうちゅう)ってどんな人物なの?

曹沖

 

曹沖、字名は倉舒(そうじょ)。曹操の八番目の息子です。

幼い頃から学問を愛する心優しい性格の曹沖を、曹操は溺愛しており、周囲の者もその将来を嘱望していました。

曹沖の聡明さや優しい性格を伝える逸話がいくつかあります。

 

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

関連記事:卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人




曹沖の優しい性格

4465fefe358b3f06dbc874e4f6772a90_m

 

倉庫に保管してあった曹操の鞍(馬具)がネズミにかじられてしまったと言うことがありました。

この時代、ネズミに何かをかじられるのは不吉の前兆であるという迷信がありました。

事を知った曹操は怒り、責任者の倉庫番を処罰しようと考えました。

 

 

話を知った曹沖は、倉庫番に『三日経ってから自首しなさい』と言った上で、自分の服にわざと穴を開け、嘆き悲しんで見せました。

息子のただならぬ様子を案じた曹操が理由を尋ねたところ、曹沖は服の穴を見せ

『ネズミに服をかじられました。不幸が起こるかもしれません』と曹操に訴えました。

 

曹操は『それは迷信だから安心しなさい』と諭したといいます。

三日後、倉庫番が曹沖に言われた通り自首しましたが、曹操は笑って彼を許し、咎めませんでした。

 

曹沖の逸話

孫権 ゾウ

 

曹操の元に、孫権から贈られたゾウが届いた時のこと。

その大きさに感心した曹操は、ゾウがどれほどの重さがあるのかと使者に訪ねましたが、

誰もゾウの重さを知るものはいませんでした。

 

その様子を見ていた曹沖が父、曹操に「まずゾウを船に乗せ、水面のところに印をつけます。

ゾウを船から下ろして、代わりに石を積んでいきます。ゾウを乗せた時と同じ所まで船が沈んだら、積んだ石の重さがちょうどゾウの体重と同じになっているはずです」とアドバイスしました。

 

曹沖の利発さに、曹操は大いに喜んだと言われています。

 

関連記事:三国志の時代に象兵はいたの?

関連記事:象対蟻か?袁紹vs曹操

 

 

曹沖、若くして死す

霊帝 墓

 

将来を嘱望された曹沖でしたが、わずか13歳でこの世を去ってしまいました。

 

曹沖の死因は定かではありませんが、病死であったと考えられています。

曹沖が病床で危篤状態に陥った時の曹操の狼狽ぶりは尋常ではなく、あらゆる名の知られた医師を呼び集めたばかりではなく、

普段はバカにしていた拝み屋までをも集め、曹沖の回復に全力を尽くしました。

 

しかしその甲斐もなく、曹沖は死去。

 

表情 曹操04

 

曹操は嘆き悲しみ、まだ結婚していなかった曹沖のために、

同時期に亡くなった美しい少女の遺体を貰い受けて曹沖との結婚式と葬式を同時に行いました。

 

 

この時曹操は、後に彼の跡取りになる曹丕に対し、「曹沖の死はわしにとっては悲しみだが、おまえにとっては喜ぶべきことだ」と言ったと伝えられています。

曹操は曹沖を自分の後継者にしようと考えており、その曹沖が早世したことは、

曹丕にとっては幸運=彼が曹操の後継者になれるという、

これ以上ないほどの強烈な皮肉でした。

 

曹沖がもしそのまま生きていたら、曹操の後継者になっていたでしょうか?

そうなっていれば、魏の最初の皇帝となった可能性も十分に考えられます。

 

もし、そうなったとしたら、歴史はどのように変わることになるのか……とても興味をひかれますね。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

 

よく読まれてる記事:曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

 

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

曹操死んでもヨメを・・・

よく読まれてる記事:そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

関連記事

  1. 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?
  2. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  4. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  5. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  6. 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代に…
  7. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  8. 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 読者の声(10月14日~10月21日)
  2. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る
  3. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  4. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  5. 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  6. 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの? 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2 大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介 ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

おすすめ記事

  1. 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る
  2. 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説
  3. 秦宓(しんふく)とはどんな人?口先プロフェッショナルの人生
  4. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  5. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介
  6. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  7. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  8. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP