架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)

この記事の所要時間: 422




 

樊稠(はんちゅう)李傕(りかく)郭汜(かくし)というマイナー武将より

さらに輪を掛けてマイナーです。

ただし、決してザコではなく、脳筋気味ではありますが、馬騰や韓遂のクーデターを

撃退する戦術的な勝負勘を持っていました。

その為というか、やはりというか、仕方ないというか、当然というか、

この武勇を器の小さい李傕に恐れられ、早期に三国志から消えてしまうのです。

 

前回記事:【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書

前回記事:【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレンスライフ




疑われる種はすでに、、韓遂と同郷人

 

樊稠は涼州の金城(きんじょう)郡の出身で、あの産まれついての反乱気質がある

韓遂(かんすい)と同じ郡です。

他の涼州の武将と同様に、歴史に出現するまで何をしていたかは不明ですが、

役人であれば、どこかに記録が残りそうなので、董卓(とうたく)の部曲(私兵)で

あったというだけなのでしょう。

 

西暦189年、親玉の董卓が後漢王朝内の内紛につけ込んで洛陽に入城すると、

樊稠も李傕、郭汜と言うような仲間と共に官軍となります。

以後、反董卓連合軍の攻勢により、董卓が洛陽を焼いて退却すると、

それに従い、長安の周辺に駐屯する事になります。

 



董卓が暗殺されると、李蒙、王方と山賊化し、李傕・郭汜軍と合流

 

西暦192年、権勢を奮った董卓は、腹心の呂布(りょふ)の裏切りで

あっさり暗殺されます。

呂布を唆した王允(おういん)は、そのまま政権の中枢に座り、

呂布との連合政権を樹立しました。

 

ところが王允は、極端に器量が狭く、僅かでも董卓に関与したものは許さず粛清、

その中には、学者として高名な蔡邕(さいよう)もいました。

 

これでは董卓時代と変わらないと人心も急速に離れていきました。

特に、王允は、元の董卓の配下である涼州勢の降伏を許さず、

寛大な処分を進言する呂布の提案も却下します。

 

こうして長安では、涼州人は皆殺しにされるという風聞が流れました。

 

樊稠は恐ろしさを感じ、味方の李蒙(りもう)や王方(おうほう)と山賊化して

反王允の涼州人を集めて強大化していきます。

 

熱き漢たちが今年の夏も躍進する 李傕・郭汜祭り

 

李傕・郭汜の長安攻めに呼応して王允を撃破

 

そこへ、陝県から董卓の弔い合戦を標榜した李傕と郭汜の軍勢がやってきます。

二人も赦免の許しがない事から、賈詡(かく)のアドバイスを入れ長安を攻め落とし

王允を亡きものにしようと腹を括ったのです。

渡りに船と、樊稠は李蒙や王方と共に軍を率いて合流し、李傕・郭汜軍は

10万の大軍に膨れ上がり、呂布も抗戦を諦めて長安を脱出。

王允は殺害され、長安の支配権は李傕・郭汜の手に落ちました。

 

樊稠は功積により、右将軍、万年侯に封じられます。

郭汜が後将軍なので、将軍としての地位は同等ですが、大将の李傕との

親密さでは劣り、李傕政権のナンバー3となります。

 

馬騰、韓遂が反乱を起こす

 

李傕が政権を樹立して間も無く、かつては董卓と争っていた馬騰(ばとう)と

韓遂(かんすい)が降伏してきました。

 

李傕は喜びますが、韓遂が策士である事を知っていたので、

鎮東将軍に任命して故郷に返し、馬騰は征西将軍として郿(び)に置きました。

ところが、馬騰は同じ涼州出身という事で、慣れなれしい部分があったのか

李傕に個人的なお願いをし、それを気に入らない李傕は黙殺しました。

 

馬騰「この野郎、元は俺と同じ涼州の塵にまみれていた癖に、

帝を擁している程度で、お高くとまりやがってよお~」

 

馬騰は、こうして、李傕に反感を募らせ、クーデターを計画します。

これを知った韓遂は止めるつもりでやってきて、逆に説得されて、

クーデターに加担する事になってしまいます。

 

樊稠、郭汜と協力して、馬騰を追い払い反乱を鎮圧

 

計画には侍中の馬宇(ばう)、諫議大夫の种卲(ちゅうしょう)、左中郎将の

劉範(りゅうはん)が参加します。

まず、郿にいる馬騰が長安に攻め込んで、それに呼応して長安の内部で

馬宇等がクーデターを起こして城門を開き、李傕一派を皆殺しにする

というような計画でした。

 

ところが、馬騰が長平観まで進軍した所で計画がバレます。

怒り狂った李傕は、樊稠と郭汜に出撃を命じます。

 

樊稠はまず、長平観で馬騰・韓遂の軍勢を撃破、負けた馬騰は涼州へ逃げ帰ります。

さらに、クーデターに失敗して槐里(かいり)に逃げた馬宇等を滅ぼします。

しかし、この時、樊稠と郭汜の軍勢は、まだ数十万戸あった三輔(長安周辺)に

容赦なく掠奪を行い、虐殺を繰り返しました。

 

これにより、三輔の人口は激減し、食糧もなくなり、両二年の間、

飢えた人々はお互いを喰いあい、人口は消滅したそうです。

 

韓遂と会話していた所を李利に見られ、李傕に疑われる

 

しかし、馬騰と韓遂の軍勢を陳倉まで追っている間、樊稠はミスをしていました。

逃げていた韓遂が単騎で樊稠に近寄ってきたのです。

 

韓遂「私は何も私欲に従い、今回の企てに参加したわけではない。

李傕の暴政を座視できず、義憤によって立ったのである。

よって、同郷の君には何の怨恨も無い、君もそうだろう?」

 

韓遂は策士ですが、天真爛漫な所があり、人の心を掴むのが上手い男です。

同郷をキーワードに樊稠の懐に入り込んだのです。

 

韓遂「このような乱世だ、、次にはもう出会えんかも知れない

これが最期かも知れんのだ、どうだ、ここは武器を置いて、

お互いにつもる話をしないか?」

 

樊稠「・・・・確かに」

 

こうして、韓遂と樊稠は、お互いの騎兵を遠ざけて、二人だけで

腕をくみかわして、和やかに談笑しました。

韓遂は、遥かに後に曹操(そうそう)とも、この口馬語をやっていますが、

どこか、人に親近感を抱かせる風貌だったかも知れません。

ところが、一連の行動を李利(りり)という男が見ていました。

 

李利(樊稠のヤツ、、本当は手を抜いて韓遂を逃がすのではないか?

胡散臭いやつだ・・)

 

樊稠にとって不幸だったのは、この李利が李傕の兄の子だった事です。

李利は御注進とばかりに、樊稠と韓遂が親し気に談笑していた事を

臨場感たっぷりに語ります。

 

器量が小さい李傕は果たして、樊稠を疑い出しました。

 

李傕(樊稠め、、本当は韓遂と通じておったか、、騙されんぞ、、

わしの地位は誰にも渡しはせん、、)

 

樊稠 李傕の手によって殺害される

 

194年8月には、馮翊(ふうよく)の羌族が反乱したため、

樊稠は郭汜と協力して、これを撃破しました。

しかし、李傕は手柄を立てれば、立てたで、ますます樊稠を疑います。

195年2月、樊稠は函谷関を出撃したいので増兵を願いたいと李傕に要求、

李傕に招かれて宮廷内の会議に参加した所をいきなり李傕に糾弾され

その場で斬殺されてしまいます。

 

また、後漢書 献帝記に引く董卓伝では、李傕は樊稠の影響力が強く、

配下の人望も厚く、大っぴらには殺せないので、これに大酒を飲ませて

部下の騎都尉、胡封に殺害させたともあります。

 

李傕郭汜祭 kawausoの独り言

 

勇猛で、軍略の才もあった樊稠を殺したのは、李傕軍の力を大きく低下させます。

郭汜は個人の武勇はありますが、軍略の才はあまり無いようで、

馬騰と韓遂のクーデターの部分では、名前が出るのは樊稠ばかりです。

もしかしたら、韓遂が樊稠を交馬語に誘ったのは、こうして李傕に疑わせて、

樊稠を排除する為だったかも知れません。

 

そして、それが正しいなら、韓遂に取って、李傕と郭汜は樊稠よりは、

ずっと御しやすいザコだったと言えるかも知れませんね。

 

次回記事:【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい)




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  2. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  3. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!…
  4. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食…
  5. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  7. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…
  8. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  2. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  3. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  4. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪
  5. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  6. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった? 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3) 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?

おすすめ記事

  1. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  2. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  3. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  4. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将
  5. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  6. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!
  7. 陳寿が語る孫権像
  8. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP