編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

この記事の所要時間: 140




孔明 司馬懿 陸遜

 

三国志にはさまざまな軍師が登場します。

その多くは主君への忠誠を貫き、中には主君を裏切り己の野心を果たすものもいます。

 

諸葛亮、司馬懿、荀彧……いろいろな軍師の名前を挙げることができますが、なかでも特筆すべき存在に、曹操に仕えた軍師、賈詡(かく)がいます。




賈 詡(か く)とはどんな人物?

賈詡

 

賈詡は董卓の配下として歴史に登場します。

董卓が横暴の限りを尽くした果てに、王允(おういん)と呂布(りょふ)によって殺されると、賈詡は同じく董卓の配下にあった李傕(りかく)に献策して長安から呂布を追い出させ、王允を殺すことに成功します。

 

後に南陽を治める張繍(ちょうしゅう)に乞われ、彼に仕えることになった賈詡は、荊州を治める劉表(りゅうひょう)との同盟を提案、自ら劉表の元へと赴き、同盟の締結に成功します。

 

張繍は曹操(そうそう)に攻められ、一旦は降伏します。

しかし、曹操に暗殺されそうになり反乱を決意します。

賈詡は表向き張繍が曹操に従うフリをしてその陣営を通過中に奇襲をかけることを提案、賈詡の献策に従った張繍軍によって、曹操は大敗し、曹昴(そうこう)や典韋(てんい)といった腹心の武将を失います。

 

曹操と袁紹が雌雄を決した官渡の戦いにおいて、賈詡は袁紹の招きに応じようとした張繍を止めて曹操への帰順を提案します。

 

『仇敵である曹操が自分たちを受け入れるわけがない』と言う張繍に、

 

賈詡は「曹操は天子を擁しており、大義名分を持つ」こと、

 

「袁紹よりも弱小である曹操は張繍の勢力を歓迎するであろう」こと、

 

そして「仇敵である張繍を許すことで、自身の徳を内外に広めようとするであろう」

 

という三つの理由を上げ、張繍を説得。

 

賈詡の提言通り、曹操は張繍を厚遇し、賈詡は曹操の参謀となります。




賈詡の功績

馬超

 

曹操の参謀となった賈詡は、官渡の戦いにおいて曹操を勝利させるきっかけを作り、また、曹操が涼州の馬超(ばちょう)・韓遂(かんすい)と事を構えた時には、二人を離反させる計を献策し、これに成功するなど、大きな功績を残します。

 

後継者を巡って、家臣たちが嫡子である曹丕派と弟である曹植派に分かれて議論を交わすなか、曹操は賈詡に意見を求めます。

賈詡は二人のいずれかを推すことはせずに、『袁紹や劉表のことを考えておりました』とだけ答えました。

 

曹丕からの信頼も厚かった

曹丕 残忍

 

袁紹と劉表はともに長子ではない後継者を選び、国の分裂・混乱を招いた挙句に曹操によって滅ぼされています。

賈詡の言葉の意味に大いに納得した曹操は、長子である曹丕を後継者に選びました。

曹丕が皇帝の地位に就いてから後も、賈詡は魏の重臣として活躍することになります。

 

機を見て仕える相手を切り替え、一時は主君と仇敵関係にあった曹操によって厚く用いられ、生涯を全うした賈詡。

巧みな処世術で乱世を生き抜いた彼こそ、ある意味、戦乱の勝者と呼ぶべきなのかもしれません。




この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

 

関連記事

  1. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  4. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語…
  5. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…
  6. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  7. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  8. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  2. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  3. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  4. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  5. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!
  6. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 夏候惇と言えば独眼竜? 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)

おすすめ記事

  1. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  2. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  3. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  4. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  5. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  6. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  7. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  8. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP