キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

この記事の所要時間: 140




孔明 司馬懿 陸遜

 

三国志にはさまざまな軍師が登場します。

その多くは主君への忠誠を貫き、中には主君を裏切り己の野心を果たすものもいます。

 

諸葛亮司馬懿荀彧……いろいろな軍師の名前を挙げることができますが、なかでも特筆すべき存在に、曹操に仕えた軍師、賈詡(かく)がいます。




賈 詡(か く)とはどんな人物?

賈詡

 

賈詡は董卓の配下として歴史に登場します。

董卓が横暴の限りを尽くした果てに、王允(おういん)と呂布(りょふ)によって殺されると、賈詡は同じく董卓の配下にあった李傕(りかく)に献策して長安から呂布を追い出させ、王允を殺すことに成功します。

 

後に南陽を治める張繍(ちょうしゅう)に乞われ、彼に仕えることになった賈詡は、荊州を治める劉表(りゅうひょう)との同盟を提案、自ら劉表の元へと赴き、同盟の締結に成功します。

 

張繍は曹操(そうそう)に攻められ、一旦は降伏します。

しかし、曹操に暗殺されそうになり反乱を決意します。

賈詡は表向き張繍が曹操に従うフリをしてその陣営を通過中に奇襲をかけることを提案、賈詡の献策に従った張繍軍によって、曹操は大敗し、曹昴(そうこう)や典韋(てんい)といった腹心の武将を失います。

 

曹操と袁紹が雌雄を決した官渡の戦いにおいて、賈詡は袁紹の招きに応じようとした張繍を止めて曹操への帰順を提案します。

 

『仇敵である曹操が自分たちを受け入れるわけがない』と言う張繍に、

 

賈詡は「曹操は天子を擁しており、大義名分を持つ」こと、

 

袁紹よりも弱小である曹操は張繍の勢力を歓迎するであろう」こと、

 

そして「仇敵である張繍を許すことで、自身の徳を内外に広めようとするであろう」

 

という三つの理由を上げ、張繍を説得。

 

賈詡の提言通り、曹操は張繍を厚遇し、賈詡は曹操の参謀となります。




賈詡の功績

馬超

 

曹操の参謀となった賈詡は、官渡の戦いにおいて曹操を勝利させるきっかけを作り、また、曹操が涼州の馬超(ばちょう)・韓遂(かんすい)と事を構えた時には、二人を離反させる計を献策し、これに成功するなど、大きな功績を残します。

 

後継者を巡って、家臣たちが嫡子である曹丕派と弟である曹植派に分かれて議論を交わすなか、曹操は賈詡に意見を求めます。

賈詡は二人のいずれかを推すことはせずに、『袁紹や劉表のことを考えておりました』とだけ答えました。

 

曹丕からの信頼も厚かった

曹丕 残忍

 

袁紹と劉表はともに長子ではない後継者を選び、国の分裂・混乱を招いた挙句に曹操によって滅ぼされています。

賈詡の言葉の意味に大いに納得した曹操は、長子である曹丕を後継者に選びました。

曹丕が皇帝の地位に就いてから後も、賈詡は魏の重臣として活躍することになります。

 

機を見て仕える相手を切り替え、一時は主君と仇敵関係にあった曹操によって厚く用いられ、生涯を全うした賈詡。

巧みな処世術で乱世を生き抜いた彼こそ、ある意味、戦乱の勝者と呼ぶべきなのかもしれません。




この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

 

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  2. 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由
  3. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  4. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗…
  5. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ…
  6. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  7. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!…
  8. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  2. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの?
  3. 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由
  4. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?
  5. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  6. 曹操を好きになってはいけない6つの理由

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】 びっくり!三国時代の文化は日本に近かった? 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・ 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は 【ビッグニュース】朝まで三国志 2017 開催のお知らせ 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

おすすめ記事

  1. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  2. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  3. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!
  4. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  5. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父
  6. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?
  7. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  8. キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP