法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

賈詡




孔明 司馬懿 陸遜

 

三国志にはさまざまな軍師が登場します。

その多くは主君への忠誠を貫き、中には主君を裏切り己の野心を果たすものもいます。

 

諸葛亮司馬懿荀彧……いろいろな軍師の名前を挙げることができますが、なかでも特筆すべき存在に、曹操に仕えた軍師、賈詡(かく)がいます。




賈 詡(か く)とはどんな人物?

賈詡

 

賈詡は董卓の配下として歴史に登場します。

董卓が横暴の限りを尽くした果てに、王允(おういん)と呂布(りょふ)によって殺されると、賈詡は同じく董卓の配下にあった李傕(りかく)に献策して長安から呂布を追い出させ、王允を殺すことに成功します。

 

後に南陽を治める張繍(ちょうしゅう)に乞われ、彼に仕えることになった賈詡は、荊州を治める劉表(りゅうひょう)との同盟を提案、自ら劉表の元へと赴き、同盟の締結に成功します。

 

張繍は曹操(そうそう)に攻められ、一旦は降伏します。

しかし、曹操に暗殺されそうになり反乱を決意します。

賈詡は表向き張繍が曹操に従うフリをしてその陣営を通過中に奇襲をかけることを提案、賈詡の献策に従った張繍軍によって、曹操は大敗し、曹昂(そうこう)や典韋(てんい)といった腹心の武将を失います。

 

曹操と袁紹が雌雄を決した官渡の戦いにおいて、賈詡は袁紹の招きに応じようとした張繍を止めて曹操への帰順を提案します。

 

『仇敵である曹操が自分たちを受け入れるわけがない』と言う張繍に、

 

賈詡は「曹操は天子を擁しており、大義名分を持つ」こと、

 

袁紹よりも弱小である曹操は張繍の勢力を歓迎するであろう」こと、

 

そして「仇敵である張繍を許すことで、自身の徳を内外に広めようとするであろう」

 

という三つの理由を上げ、張繍を説得。

 

賈詡の提言通り、曹操は張繍を厚遇し、賈詡は曹操の参謀となります。




賈詡の功績

馬超

 

曹操の参謀となった賈詡は、官渡の戦いにおいて曹操を勝利させるきっかけを作り、また、曹操が涼州の馬超(ばちょう)・韓遂(かんすい)と事を構えた時には、二人を離反させる計を献策し、これに成功するなど、大きな功績を残します。

 

後継者を巡って、家臣たちが嫡子である曹丕派と弟である曹植派に分かれて議論を交わすなか、曹操は賈詡に意見を求めます。

賈詡は二人のいずれかを推すことはせずに、『袁紹や劉表のことを考えておりました』とだけ答えました。

 

曹丕からの信頼も厚かった

曹丕 残忍

 

袁紹と劉表はともに長子ではない後継者を選び、国の分裂・混乱を招いた挙句に曹操によって滅ぼされています。

賈詡の言葉の意味に大いに納得した曹操は、長子である曹丕を後継者に選びました。

曹丕が皇帝の地位に就いてから後も、賈詡は魏の重臣として活躍することになります。

 

機を見て仕える相手を切り替え、一時は主君と仇敵関係にあった曹操によって厚く用いられ、生涯を全うした賈詡。

巧みな処世術で乱世を生き抜いた彼こそ、ある意味、戦乱の勝者と呼ぶべきなのかもしれません。




この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

 

関連記事

  1. 蒋琬と姜維と王平 蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?…
  2. 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  3. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をて…
  4. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  5. 五虎大将軍の趙雲 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  6. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  7. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  8. 劉備の黒歴史 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の小覇王・孫策
  2. 織田信長
  3. 殺害される姜維と鍾会
  4. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  5. 桓騎(キングダム風)
  6. 張魯

おすすめ記事

  1. 【月間まとめ】2016年4月の注目ニュース14選!
  2. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 美女を集めた曹叡
  3. 源氏と平氏はいつ歴史にデビューしたの?
  4. 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い
  5. 厳顔の最後はとっても○○だった!! 蜀の厳顔
  6. 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 三国志の計略と孔明

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 曹操
  3. 孔明君のジャングル探検
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 何晏
  2. 李広利
  3. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  4. 卞夫人 曹操

おすすめ記事

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 朝まで三国志2017 ka、周瑜、陸遜、郭嘉、荀、法正、孔明、司馬懿、袁術 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの? はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】 北条氏康 【後北条氏の特徴】領民の命と財産を守った北条一族 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP