【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介

2017年9月16日


 

 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

井伊家を守るために井伊直虎と秘策を練っていた小野政次(おのまさつぐ)ですが、

二人の秘策は失敗に終わってしまいます。

そして小野政次は井伊家を守るため磔になり、直虎がトドメを刺します。

この結果井伊家を守ることに成功した井伊直虎ですが、

井伊家の味方である一味が波乱に巻き込まれることになります。

 

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころその1:徳川に味方する気賀の商人達

 

徳川家は井伊谷を攻略した後武田家からの要請によって、

遠州(えんしゅう)の掛川城(かけがわじょう)に篭城している

今川氏真(いまがわうじざね)を討伐するために攻撃を行います。

更に徳川軍は掛川城攻略と同時に奥浜名湖岸にある気賀の堀川城も一緒に、

攻略するべく気賀の商人達へ調略を行います。

堀川城の城主であった瀬田方久(せたほうきゅう)は、

徳川家が堀川城へ攻撃を仕掛けてきたら内応する約束をします。

徳川家康は酒井忠次に軍勢を与えて堀川城へ進軍するように命令。

さて気賀では龍雲党を率いる頭・龍雲丸が井伊家と協力関係にあった中村屋の主人から、

徳川に味方しようではないかと誘われておりました。

しかし頭は井伊谷で起きた事件を知っていたため、徳川に味方するのを断ってしまいます。

この結果とんでもない事態になってしまうのです。

 

第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころその2:気賀の民衆を助けたため・・・・

 

龍雲丸は戦がいつ起きてもおかしくない状態であることを知り仲間達へ

「いつでもこの場所から逃げれるように用意をしておけ」と命令。

龍雲丸は逃亡準備が完了し夜陰に紛れ自前の船で逃亡する事を決意。

そんな中頭達は、見張りに出ていた今川の兵士達から、

民衆がボコられている姿を目撃します。

この姿を見た龍雲丸は、民衆を助ける決意を固め堀川城へ奇襲攻撃を敢行。

龍雲党の奇襲攻撃によって今川の兵士達が混乱している最中に民衆を引き連れて、

逃亡する計画を立案。

この計画に沿って堀川城へ奇襲攻撃を仕掛けるのでした。

龍雲丸が考えた計画は大成功。

頭達は民衆を龍雲党の船へ乗せて出航する寸前、中村屋の船を発見。

しかし中村屋の船は味方であるはずなのに龍雲丸の船へ向かって攻撃を開始します。

そして龍雲丸の部下は、混乱から立て直した今川軍の攻撃を受けて次々とやられてしまい、

民衆達も死傷者が続出。

作戦は失敗に終わってしまうのでした。

更に龍雲丸は堀川城から逃げようとしていた最中、

徳川軍の攻撃を受けて重症を負ってしまうのでした。

果たして龍雲丸は助かるのか。

そして徳川軍は抵抗していない堀川城にいた民衆達へ攻撃を仕掛けたのでしょうか。

 

第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころその3:直虎復活!!

 

井伊直虎は龍潭寺(りゅうたんじ)に滞留しておりましたが、

小野政次を自らの手で殺害してしまったことで惚けてしまうのでした。

そのため直虎は政次がまだ生きていると思い込んでおり、

一人で龍潭寺の一室で碁を打っておりました。

惚けている直虎の元へ井伊谷三人衆の一人・鈴木さんは、

小野政次の辞世の句を直虎へ渡すのでした。

井伊直虎は政次が残した辞世の句を読んだことによって、

自らが政次を殺害したことを思い出し大いに気落ちしてしまうのでした。

気落ちしていた井伊直虎は龍潭寺へ帰還すると瀬田方久から

「気賀の民衆を助けてください」と懇願されます。

直虎は気落ちしている暇もなく取り敢えず龍潭寺の人達と一緒に気賀へ向かうのでした。

 

大河ドラマウォッチャー黒田レンの独り言

 

小野政次の死からようやく立ち直った井伊直虎。

しかし心に大きな傷を負ってしまう直虎でしたが、

周りの状況が彼女を癒す時を与えませんでした。

果たして直虎が駆けつけた時には気賀は一体どうなっているのか。

そして徳川軍・今川軍に襲われた龍雲丸一党の運命はどうなったのか。

気になるところ満載ですが、次回をお待ちくださいませ。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-おんな城主 直虎