呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介

おんな城主 直虎




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

直虎は井伊家の再興を諦め、還俗して自らの人生を龍雲丸(りゅううんまる)と

一緒に歩み始めます。

また井伊家の元家臣団も井伊谷を新しい領主となった近藤さんの所へ仕え、

井伊直親(いいなおちか)の嫡男・虎松(とらまつ)も三河(みかわ)の松下家の養子となって、

新しい人生を送り始めます。

こうして各々新しい道を歩み始めるのですが、

歴史の渦から逃れることはできなかったのでした。

 

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介




第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその1:直虎が嫉妬!?

 

次郎法師(じろうほうし)から還俗して「とわ」に戻った井伊直虎は、

龍雲党の頭・龍雲丸と一緒に農作業を営みながら、平和に過ごしておりました。

直虎は、農作業から家に戻ってくると龍雲丸が、

若い女と抱き合っている衝撃的なシーンを目撃。

井伊直虎はすぐに家に帰って龍雲丸を問い詰めます。

龍雲丸は、直虎から厳しい口調で問い詰められると「ありゃ。

元龍雲党の一人「たまき」というんでさぁ。

堺で商いをしている中村屋の手紙を届けてくれたんで」と素直に白状するのでした。

そして龍雲丸は直虎へ「おとわ。堺へ一緒に行かねーか。」と告白。

井伊直虎は「私は井伊谷を去ることはできぬ・・・・」と言って断ってしまいます。

しかし直虎は、母親・祐椿尼(ゆうちんに)から説得された事で、

龍雲丸と一緒に堺へ行く決断を下すのでした。




第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその2:井伊谷城炎上!!

 

武田信玄(たけだしんげん)は、関東の北条家と同盟を結び、

後顧の憂いを無くすことに成功し大軍を率いて京都へ向けて、

本拠地・甲斐(かい)を出陣。

武田信玄は、遠江(とおとうみ)に点在している徳川の領土を次々と奪い去り、

井伊谷(いいのや)へやってきます。

直虎は、信玄率いる武田軍が遠江へやってくることを知ると、

井伊谷の民衆を隠し里へ誘導し避難。

そして井伊直虎は、龍潭寺(りゅうたんじ)の南渓和尚(なんけいおしょう)や龍雲丸、

中野直之(なかのなおゆき)らと協力して、

武田家へ近藤さんを降伏させて井伊谷を守ろうと画策します。

井伊直虎は近藤さんを説得するべく井伊谷城へ赴き近藤さんを説得するのですが、

近藤さんは直虎の意見に耳を傾けることなく、井伊谷城を焼いて撤退していくのでした。

 

第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその3:燃える城に取り残された高瀬

 

井伊谷城は近藤さんのせいで炎上してしまうのでした。

だが井伊谷城には井伊直虎の養女・高瀬(たかせ)が避難せずに残っていたのです。

井伊直虎と龍雲丸は高瀬が井伊谷城に残っている事を知ると、

急いで井伊谷城へ入って高瀬を探します。

そして二人は崩れ落ちる井伊谷城からなんとか高瀬を探し出して救出することに成功。

こうして二人は高瀬を連れ出して井伊谷城を去っていくのでした。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

今回、もう一つ隠れている見どころがあるのです。

それは歴史的にも重要な戦いで徳川家にとっては超重要な戦いの一つ・

三方ヶ原の戦い(みかたがはらの)です。

三方ヶ原の戦いは徳川家康(とくがわいえやす)が、

武田軍へ戦を仕掛けてボコボコにされてしまった苦い戦いです。

「おんな城主・井伊直虎」では三方ヶ原の戦いは詳細に描かれることなく、

徳川家康がフルボッコにされて浜松(はままつ)城へ帰還したシーンのみ描かれていました。

今回の大河はとことん戦のシーンをカットしており、

非常に珍しい大河ドラマと言えるでしょう。

そんな「おんな城主・井伊直虎」は次回も難しい局面を迎える事になるのです。

 

次回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 徐晃 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの…
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  3. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けません…
  4. 曹丕 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  5. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  6. 陸遜 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  7. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…
  8. 董允 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 宣誓文を読み上げる藏洪
  2. 赤鎧を身に着けた曹操
  3. 曹洪と曹操
  4. 曹操丞相えらいねんで!
  5. 孟達と曹丕
  6. 蜀の劉備
  7. 呂布 VS 曹操
  8. 三国志ライター黒田レン
  9. 孔明 郭嘉 周瑜

おすすめ記事

  1. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  2. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 劉備と曹操
  3. 『軍勢RPG 蒼の三国志』が、サービス4周年を記念し「12大キャンペーン」を実施。「四周年記念武将」も登場
  4. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  5. 【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  6. 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこの弟子

三國志雑学

  1. 実は頭がイイ賢い張飛
  2. 羅貫中と関羽
  3. 唐周(とうしゅう)
  4. 曹操女性の敵3


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 荀攸
  2. 鎌倉時代 服装 男女
  3. HMR隊長 石川克世
  4. 関羽を捕縛する馬忠
  5. ネズミで人生を変えた李斯
  6. 劉備

おすすめ記事

【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く 張翼 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣 張良と始皇帝 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に 関羽VS華雄 21話:汜水関の戦いの功労者 黒船(ミシシッピ号) 明治政府最初の対等条約―日清修好条規― 晋の陳寿 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP