キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

直虎は井伊家の再興を諦め、還俗して自らの人生を龍雲丸(りゅううんまる)と

一緒に歩み始めます。

また井伊家の元家臣団も井伊谷を新しい領主となった近藤さんの所へ仕え、

井伊直親(いいなおちか)の嫡男・虎松(とらまつ)も三河(みかわ)の松下家の養子となって、

新しい人生を送り始めます。

こうして各々新しい道を歩み始めるのですが、

歴史の渦から逃れることはできなかったのでした。

 

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介




第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその1:直虎が嫉妬!?

 

次郎法師(じろうほうし)から還俗して「とわ」に戻った井伊直虎は、

龍雲党の頭・龍雲丸と一緒に農作業を営みながら、平和に過ごしておりました。

直虎は、農作業から家に戻ってくると龍雲丸が、

若い女と抱き合っている衝撃的なシーンを目撃。

井伊直虎はすぐに家に帰って龍雲丸を問い詰めます。

龍雲丸は、直虎から厳しい口調で問い詰められると「ありゃ。

元龍雲党の一人「たまき」というんでさぁ。

堺で商いをしている中村屋の手紙を届けてくれたんで」と素直に白状するのでした。

そして龍雲丸は直虎へ「おとわ。堺へ一緒に行かねーか。」と告白。

井伊直虎は「私は井伊谷を去ることはできぬ・・・・」と言って断ってしまいます。

しかし直虎は、母親・祐椿尼(ゆうちんに)から説得された事で、

龍雲丸と一緒に堺へ行く決断を下すのでした。




第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその2:井伊谷城炎上!!

 

武田信玄(たけだしんげん)は、関東の北条家と同盟を結び、

後顧の憂いを無くすことに成功し大軍を率いて京都へ向けて、

本拠地・甲斐(かい)を出陣。

武田信玄は、遠江(とおとうみ)に点在している徳川の領土を次々と奪い去り、

井伊谷(いいのや)へやってきます。

直虎は、信玄率いる武田軍が遠江へやってくることを知ると、

井伊谷の民衆を隠し里へ誘導し避難。

そして井伊直虎は、龍潭寺(りゅうたんじ)の南渓和尚(なんけいおしょう)や龍雲丸、

中野直之(なかのなおゆき)らと協力して、

武田家へ近藤さんを降伏させて井伊谷を守ろうと画策します。

井伊直虎は近藤さんを説得するべく井伊谷城へ赴き近藤さんを説得するのですが、

近藤さんは直虎の意見に耳を傾けることなく、井伊谷城を焼いて撤退していくのでした。

 

第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその3:燃える城に取り残された高瀬

 

井伊谷城は近藤さんのせいで炎上してしまうのでした。

だが井伊谷城には井伊直虎の養女・高瀬(たかせ)が避難せずに残っていたのです。

井伊直虎と龍雲丸は高瀬が井伊谷城に残っている事を知ると、

急いで井伊谷城へ入って高瀬を探します。

そして二人は崩れ落ちる井伊谷城からなんとか高瀬を探し出して救出することに成功。

こうして二人は高瀬を連れ出して井伊谷城を去っていくのでした。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

今回、もう一つ隠れている見どころがあるのです。

それは歴史的にも重要な戦いで徳川家にとっては超重要な戦いの一つ・

三方ヶ原の戦い(みかたがはらの)です。

三方ヶ原の戦いは徳川家康(とくがわいえやす)が、

武田軍へ戦を仕掛けてボコボコにされてしまった苦い戦いです。

「おんな城主・井伊直虎」では三方ヶ原の戦いは詳細に描かれることなく、

徳川家康がフルボッコにされて浜松(はままつ)城へ帰還したシーンのみ描かれていました。

今回の大河はとことん戦のシーンをカットしており、

非常に珍しい大河ドラマと言えるでしょう。

そんな「おんな城主・井伊直虎」は次回も難しい局面を迎える事になるのです。

 

次回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  2. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」…
  4. 楽毅 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  5. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの…
  6. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  7. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  8. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとさ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)
  2. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  3. 鍾会を説得する姜維
  4. 曹操と夏侯惇
  5. 幕末 大砲発射
  6. 病気になった兵士

おすすめ記事

  1. 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  2. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  3. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  4. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  5. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  6. 【キングダム551話】「兵糧の底」ネタバレ&レビュー

三國志雑学

  1. ホウ徳
  2. 暴れる関羽
  3. 後宮にいる美女の階級事情
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キレる劉備になだめる黄権
  2. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  3. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説! 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 親友に裏切られた曹操 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何? 蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!? 島津斉興「せごどん」では教えない真実 孔明と龐統の両軍師 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP