三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

直虎は井伊家の再興を諦め、還俗して自らの人生を龍雲丸(りゅううんまる)と

一緒に歩み始めます。

また井伊家の元家臣団も井伊谷を新しい領主となった近藤さんの所へ仕え、

井伊直親(いいなおちか)の嫡男・虎松(とらまつ)も三河(みかわ)の松下家の養子となって、

新しい人生を送り始めます。

こうして各々新しい道を歩み始めるのですが、

歴史の渦から逃れることはできなかったのでした。

 

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介




第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその1:直虎が嫉妬!?

 

次郎法師(じろうほうし)から還俗して「とわ」に戻った井伊直虎は、

龍雲党の頭・龍雲丸と一緒に農作業を営みながら、平和に過ごしておりました。

直虎は、農作業から家に戻ってくると龍雲丸が、

若い女と抱き合っている衝撃的なシーンを目撃。

井伊直虎はすぐに家に帰って龍雲丸を問い詰めます。

龍雲丸は、直虎から厳しい口調で問い詰められると「ありゃ。

元龍雲党の一人「たまき」というんでさぁ。

堺で商いをしている中村屋の手紙を届けてくれたんで」と素直に白状するのでした。

そして龍雲丸は直虎へ「おとわ。堺へ一緒に行かねーか。」と告白。

井伊直虎は「私は井伊谷を去ることはできぬ・・・・」と言って断ってしまいます。

しかし直虎は、母親・祐椿尼(ゆうちんに)から説得された事で、

龍雲丸と一緒に堺へ行く決断を下すのでした。




第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその2:井伊谷城炎上!!

 

武田信玄(たけだしんげん)は、関東の北条家と同盟を結び、

後顧の憂いを無くすことに成功し大軍を率いて京都へ向けて、

本拠地・甲斐(かい)を出陣。

武田信玄は、遠江(とおとうみ)に点在している徳川の領土を次々と奪い去り、

井伊谷(いいのや)へやってきます。

直虎は、信玄率いる武田軍が遠江へやってくることを知ると、

井伊谷の民衆を隠し里へ誘導し避難。

そして井伊直虎は、龍潭寺(りゅうたんじ)の南渓和尚(なんけいおしょう)や龍雲丸、

中野直之(なかのなおゆき)らと協力して、

武田家へ近藤さんを降伏させて井伊谷を守ろうと画策します。

井伊直虎は近藤さんを説得するべく井伊谷城へ赴き近藤さんを説得するのですが、

近藤さんは直虎の意見に耳を傾けることなく、井伊谷城を焼いて撤退していくのでした。

 

第37話「武田が来りて火を放つ」の見どころその3:燃える城に取り残された高瀬

 

井伊谷城は近藤さんのせいで炎上してしまうのでした。

だが井伊谷城には井伊直虎の養女・高瀬(たかせ)が避難せずに残っていたのです。

井伊直虎と龍雲丸は高瀬が井伊谷城に残っている事を知ると、

急いで井伊谷城へ入って高瀬を探します。

そして二人は崩れ落ちる井伊谷城からなんとか高瀬を探し出して救出することに成功。

こうして二人は高瀬を連れ出して井伊谷城を去っていくのでした。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

今回、もう一つ隠れている見どころがあるのです。

それは歴史的にも重要な戦いで徳川家にとっては超重要な戦いの一つ・

三方ヶ原の戦い(みかたがはらの)です。

三方ヶ原の戦いは徳川家康(とくがわいえやす)が、

武田軍へ戦を仕掛けてボコボコにされてしまった苦い戦いです。

「おんな城主・井伊直虎」では三方ヶ原の戦いは詳細に描かれることなく、

徳川家康がフルボッコにされて浜松(はままつ)城へ帰還したシーンのみ描かれていました。

今回の大河はとことん戦のシーンをカットしており、

非常に珍しい大河ドラマと言えるでしょう。

そんな「おんな城主・井伊直虎」は次回も難しい局面を迎える事になるのです。

 

次回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  2. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  3. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使え…
  4. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  5. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば…
  6. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称え…
  7. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  8. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ
  2. 井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介
  4. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  5. よかミカンって、何者?
  6. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

おすすめ記事

諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした? 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた? 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの? 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

おすすめ記事

  1. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  2. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  4. 郭嘉と法正って似ている所あったの?
  5. 公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの?
  6. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 鄧禹と兵士
  7. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 李儒と三国志
  8. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP