キングダム 533話 ネタバレ予想:桓騎が単独で鄴を落とす?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

秦軍左翼の中核、麻紘(まこう)将軍が李牧(りぼく)に討たれ、正念場を迎えた

朱海会戦の前半戦ですが、そんな中で忘れ去られている存在があります。

そう、王翦(おうせん)により鄴城に張り付けられたままの桓騎(かんき)です。

これまでも、秦軍が不利に陥った時に動き、戦況を一変させた桓騎ですが、

そろそろ動きだすのではないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:キングダム 532話 ネタバレ予想:信の刃

関連記事:【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?


キングダム533話 朱海会戦は鄴城を巡って行われている

 

キングダムを読んでいる読者には、周知の事ではありますが、

朱海会戦は、鄴城を巡って行われている戦いです。

元々、鄴城には、兵糧が満載積んであったのですが、王翦の策で、

周辺の城から追い出された趙の人民が食糧を求めて殺到してきてしまい

秦軍より早く、兵糧が尽きる事が確定しています。

 

ここが陥落すると秦軍の勝利は確定してしまうので、

李牧は、鄴城が陥落する前に、王翦を撃破しようと朱海平原での、

一大決戦に及んだという事なのです。


キングダム533話 鄴城が陥落すれば秦軍の勝利は確定する

 

という事は、朱海会戦が決着しない間に鄴城が陥落すれば、

それは秦軍の大勝利になるわけです。

ですので、秦は持久の構えでもいいのですが趙はそうはいきません。

鄴が陥落すれば、目前で待機している桓騎軍が城に殺到して占拠し

李牧が戦う理由は失われます。

 

そればかりか、士気も低下し、盛り返した秦軍により、

全滅の瀬戸際に追い込まれるでしょう。

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

関連記事:桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?


キングダム 533話 桓騎は鄴城を落とす計略を練っている?

 

現在、王翦により、鄴城の前で留守番を仰せつかっている桓騎ですが、

チャンスがあればスタンドプレーも辞さない桓騎が、お行儀よく

鄴城の兵糧が尽きるのを黙って待っているとも思えません。

もし、奪取が可能なら、自軍だけで鄴城を陥落させてしまい、

士気を喪失した趙軍を王翦の本隊と挟み撃ちという程度の事は

すでに考えているのではないでしょうか?

 

歴史上は、鄴を落としたのは、桓騎ではなく王翦となっていますが、

すでに朱海会戦自体が架空の戦いなので、桓騎が鄴を落とす程度の

史実からの逸脱は起こり得ると思います。

 

鄴城の司令官の趙李伯(ちょう・りはく)は、民衆思いではありますが、

軍略的には、そうでもない人物のようですから、

その隙を突けば、桓騎がつけ入る方法はありそうです。


  

 

キングダム 533話 考えられる桓騎の戦法

 

鄴城は食糧に悩んでいるとは言え、防御力は完璧と言われる堅城です。

ここから、400年後、三国志の曹操(そうそう)も鄴を攻めていますが、

袁尚(えんしょう)配下の審配(しんぱい)相手に相当な苦戦をしているからです。

 

そうなると、正面から攻めても、桓騎の軍勢程度では、

鄴はビクともしないという事になります。

では、桓騎はどのような方法を考えるのでしょうか?

 

キングダム533話 桓騎の戦法1 伝染病に罹った趙の人民を鄴に送り込む

 

鄴城の司令官は、民衆を思う性格ですから、

秦軍は入れなくても、趙の民衆は受け入れるでしょう。

それを察知した桓騎は、趙の人民を何家族か捕え、

わざと伝染病に感染させ鄴城に送り込むのではないでしょうか?

 

すでに、キングダムでは、合従軍編で、韓の成恢(せいかい)が

毒を使う戦法を披露しており、毒には違和感がありません。

 

現在、避難民と趙兵で鄴城は満杯、そこに伝染病に感染した

民衆が入り込んだら、病気は一斉に拡大し、大変な被害が出ます。

おまけに城を開いて逃げる事も出来ないので、

鄴の人民と兵は、悶え苦しみながら死ぬ事になります。

これはいかにも桓騎らしい、残虐な戦法でしょう。

 

キングダム533話 桓騎の戦法2 投石機で趙の人民を鄴城に放り込む

 

或いは、もっとストレートに、死亡した、或いは生きている趙兵や

人民を投石機に載せて、生きたまま鄴城に放り込むか?

或いは、バラバラに殺して、砲弾代わりに鄴城に放り込む

鬼畜な戦法を使用するかも知れません。

 

このような戦法は、史実にもあり、13世紀にモンゴル軍が欧州で

ペストで死んだ、自軍の兵士の死体を投石機で城の中に放り込み

そのまま退却したというような記述があります。

 

その後、城内ではペストが広がり、大惨事になったようです。

また、投石機自体は、春秋戦国時代にはあるので、

時代考証的にも無理はありません。

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

キングダムウォッチャーkawauso独り言

 

最近、忘れさられている桓騎について推測してみました。

桓騎というのは、常に、あっと驚く戦法を採用してくるので、

こういう事が全くないとは言えないと思います。

今後のキングダムの連載が楽しみですね。

次回記事:キングダム ネタバレ予想534話 日没まで

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生


 

関連記事

  1. キングダム55巻
  2. キングダム52巻
  3. キングダム
  4. kawauso編集長
  5. キングダム53巻

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP