よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての魏

常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家

この記事の所要時間: 317




 

司馬仲達(しばちゅたつ)。

曹操の晩年に仕え曹丕の側近として活躍していきます。

仲達は曹叡(そうえい)の時代になると

蜀の諸葛孔明の北伐迎撃軍の総司令官として任命され、

魏国の軍事面のトップとして頭角を現すことになります。

 

 

その後、曹爽(そうそう)との政争に勝利を収めると

司馬家の権力の基礎を作ることになるの人物です。

そんな彼ですが、頭を下げて接していた人物がいたのをご存知でしょうか。

今回は仲達が頭を下げて礼を尽くした人物についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




貧乏だけど学問好きであった

 

司馬仲達が後年頭を下げて礼を尽くして接した人物の名を常林(じょうりん)と言います。

彼は若い頃家が貧乏でしたが、

しっかりと働いて生活し他人からの施しを受けない人物であったそうです。

そんな彼の唯一好きなことでやめられなかった事は学問です。

彼は貧乏でしたが、一生懸命学問に励み後漢王朝が設立した太学に入学。

ここで経典を身につけると帰郷して農業を生業として官職に就きませんでした。

そんな彼ですが曹操が任命した幷州刺史(へいしゅうしし)である梁習(りょうしゅう)の

推挙を受けて曹操に仕えることになります。

彼は曹操から南和県の県長に任命されるとこの地の統治で功績を挙げ、

太守の位に昇進し、ここでもしっかりと功績を残します。

すると幽州(ゆうしゅう)の刺史に昇進することになり、業績を上げていくことになります。




曹丕へアドバイス

 

曹操が漢中の張魯を征伐するために鄴(ぎょう)を留守にします。

曹操が鄴を留守にしている間、

曹操の後継者として注目を浴びていた曹丕がこの地を統治することになります。

曹丕が鄴の留守を守っている最中、大事件が勃発することになるのです。

それの大事件とは河北で反乱が発生。

曹丕は自ら軍勢を率いて出陣して反乱軍を討伐しに行こうとします。

すると常林は曹丕へ「昔、私は幽州の刺史を任されたことがあり、

北方の知識が多少あります。

北方の民衆は現在安定した生活を手に入れており騒乱を望んでいないのが実情で、

反乱を起こした奴らが害をなすことはできないでしょう。

また現在魏の強敵は外国に有り、曹丕様は魏国の抑えとして注目されております。

その将軍が大した害をなすことのない反乱軍討伐に遠征して勝っても

自らの武威を示すことにはならないので、やめたほうがいいと思います。」と述べます。

曹丕は常林のアドバイスを受けて反乱軍討伐を将軍に任せることにします。

曹丕の命令を受けた将軍は見事に反乱討伐を行い勝利を収めて帰還することになります。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

曹叡の時代に魏の重鎮へ

 

曹丕が皇帝の位に就任すると侯の位を与えられ、

九卿の一つである大司農(だいしのう)に就任することになります。

曹叡の時代になると九卿のトップクラスである光禄勲(こうろくくん)の位が与えられ、

魏国の重鎮として活躍することになります。

 

頭を下げてきた後輩

 

常林は後輩でありながら自分よりも高位にいる司馬仲達が礼を尽くして、

頭を下げて接してきておりました。

常林は仲達が頭を下げてきていることに別に特別な感情を抱くことなく、

いつも通り接しているとある人から注意を受けてしまうのです。

 

関連記事:司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

関連記事:もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

 

「若者達の手本となっているのだ」by常林

 

司馬仲達が高位の人物であるのに官位の低い常林に頭を下げている姿を見て、

「司馬公は官位が高い人物であるのはご存知でしょう。

あなたに頭を下げるような事をさせないほうがいいのではないのでしょうか」と

常林に注意を促します。

すると彼は注意してきた人物へ「仲達殿は自分から長幼の礼を示して、

若者達の手本となっているのだ。

俺は高いくらいに就いている人物を恐れはしないし、

仲達殿が頭を下げていることにどうこう言う筋合いもないであろう」と反論。

注意した人物は彼の言論に筋が通っていたので反論することができず、

去っていったそうです。

その後司馬仲達は変わることなく常林に礼を尽くして接していくことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンの司馬仲達のイメージは策謀に長け根暗であくどい人物と言うイメージです。

そのため礼を尽くしている司馬仲達を発見した驚きがありました。

司馬仲達が頭を下げて礼を尽くさねばならないほど常林が優秀であったのか、

それとも単純に先輩であったから頭を下げて礼を尽くしたのか。

一体どちらが仲達の行動原理だったのか。

真相は闇の中ですが、レンが考えるに仲達は常林が優秀な人物であり、

故郷の先輩であったから頭を下げたのではないのかなと考えます。

皆さんは仲達が礼を尽くした行動原理は一体どっちだと思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  3. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  4. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  5. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支…
  6. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  7. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  8. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑
  2. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる
  3. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  4. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  5. 島津斉興はどんな人?祖父への憎しみを子にぶつけた頑固で有能な藩主
  6. キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介 プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは? 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは? 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫

おすすめ記事

  1. キングダム540話 ネタバレ予想「王翦がいよいよ閼与を攻める」
  2. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  3. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  4. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男
  5. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  6. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  7. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  8. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP