キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての魏

常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家

司馬懿が頭を下げても堂々とする常林




 

司馬仲達(しばちゅたつ)。

曹操の晩年に仕え曹丕の側近として活躍していきます。

仲達は曹叡(そうえい)の時代になると

蜀の諸葛孔明の北伐迎撃軍の総司令官として任命され、

魏国の軍事面のトップとして頭角を現すことになります。

 

 

その後、曹爽(そうそう)との政争に勝利を収めると

司馬家の権力の基礎を作ることになるの人物です。

そんな彼ですが、頭を下げて接していた人物がいたのをご存知でしょうか。

今回は仲達が頭を下げて礼を尽くした人物についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




貧乏だけど学問好きであった

 

司馬仲達が後年頭を下げて礼を尽くして接した人物の名を常林(じょうりん)と言います。

彼は若い頃家が貧乏でしたが、

しっかりと働いて生活し他人からの施しを受けない人物であったそうです。

そんな彼の唯一好きなことでやめられなかった事は学問です。

彼は貧乏でしたが、一生懸命学問に励み後漢王朝が設立した太学に入学。

ここで経典を身につけると帰郷して農業を生業として官職に就きませんでした。

そんな彼ですが曹操が任命した幷州刺史(へいしゅうしし)である梁習(りょうしゅう)の

推挙を受けて曹操に仕えることになります。

彼は曹操から南和県の県長に任命されるとこの地の統治で功績を挙げ、

太守の位に昇進し、ここでもしっかりと功績を残します。

すると幽州(ゆうしゅう)の刺史に昇進することになり、業績を上げていくことになります。




曹丕へアドバイス

 

曹操が漢中の張魯を征伐するために鄴(ぎょう)を留守にします。

曹操が鄴を留守にしている間、

曹操の後継者として注目を浴びていた曹丕がこの地を統治することになります。

曹丕が鄴の留守を守っている最中、大事件が勃発することになるのです。

それの大事件とは河北で反乱が発生。

曹丕は自ら軍勢を率いて出陣して反乱軍を討伐しに行こうとします。

すると常林は曹丕へ「昔、私は幽州の刺史を任されたことがあり、

北方の知識が多少あります。

北方の民衆は現在安定した生活を手に入れており騒乱を望んでいないのが実情で、

反乱を起こした奴らが害をなすことはできないでしょう。

また現在魏の強敵は外国に有り、曹丕様は魏国の抑えとして注目されております。

その将軍が大した害をなすことのない反乱軍討伐に遠征して勝っても

自らの武威を示すことにはならないので、やめたほうがいいと思います。」と述べます。

曹丕は常林のアドバイスを受けて反乱軍討伐を将軍に任せることにします。

曹丕の命令を受けた将軍は見事に反乱討伐を行い勝利を収めて帰還することになります。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

曹叡の時代に魏の重鎮へ

 

曹丕が皇帝の位に就任すると侯の位を与えられ、

九卿の一つである大司農(だいしのう)に就任することになります。

曹叡の時代になると九卿のトップクラスである光禄勲(こうろくくん)の位が与えられ、

魏国の重鎮として活躍することになります。

 

頭を下げてきた後輩

 

常林は後輩でありながら自分よりも高位にいる司馬仲達が礼を尽くして、

頭を下げて接してきておりました。

常林は仲達が頭を下げてきていることに別に特別な感情を抱くことなく、

いつも通り接しているとある人から注意を受けてしまうのです。

 

関連記事:司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

関連記事:もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

 

「若者達の手本となっているのだ」by常林

 

司馬仲達が高位の人物であるのに官位の低い常林に頭を下げている姿を見て、

「司馬公は官位が高い人物であるのはご存知でしょう。

あなたに頭を下げるような事をさせないほうがいいのではないのでしょうか」と

常林に注意を促します。

すると彼は注意してきた人物へ「仲達殿は自分から長幼の礼を示して、

若者達の手本となっているのだ。

俺は高いくらいに就いている人物を恐れはしないし、

仲達殿が頭を下げていることにどうこう言う筋合いもないであろう」と反論。

注意した人物は彼の言論に筋が通っていたので反論することができず、

去っていったそうです。

その後司馬仲達は変わることなく常林に礼を尽くして接していくことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンの司馬仲達のイメージは策謀に長け根暗であくどい人物と言うイメージです。

そのため礼を尽くしている司馬仲達を発見した驚きがありました。

司馬仲達が頭を下げて礼を尽くさねばならないほど常林が優秀であったのか、

それとも単純に先輩であったから頭を下げて礼を尽くしたのか。

一体どちらが仲達の行動原理だったのか。

真相は闇の中ですが、レンが考えるに仲達は常林が優秀な人物であり、

故郷の先輩であったから頭を下げたのではないのかなと考えます。

皆さんは仲達が礼を尽くした行動原理は一体どっちだと思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 桃園の誓012 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  2. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  3. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  4. 蒼天航路 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  5. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  6. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  7. ロバ顔の諸葛瑾 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインと…
  8. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の夏侯淵
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 袁家をイジメる董卓
  4. 嬴政(始皇帝)
  5. 蜀の姜維

おすすめ記事

  1. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  2. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!
  3. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと? チビってしまう司馬懿と孔明
  4. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  5. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  6. 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14 細川勝元

三國志雑学

  1. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  2. 出世した韓遂
  3. 蜀の魏延
  4. 徐庶
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 病に倒れる始皇帝
  2. 劉備と曹操
  3. 孔明と劉備、関羽、張飛
  4. キングダム53巻
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  6. 魯智深(水滸伝)

おすすめ記事

はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 張遼・楽進・李典 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人? 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか 幕末 帝国議会 【明治の民主化運動】自由民権運動とはどんな運動? アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP