三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

苛ついている曹操




 

三国志の魏は色々な法律が定められておりました。

軍事に従事する兵士達にもしっかりと法律が定められており、

逃亡すればその兵士だけが殺害されるだけでなく、

一族にも被害が及ぶことになっていたそうです。

今回登場するのは曹操に仕え、その後曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)

曹髦(そうぼう)と四代の君主に仕えることになった法律の運用者として

的確な運用を行っていた高柔(こうじゅう)です。

彼はある逃亡兵の妻子を助ける際、

法律の適用が正しいかを調べて曹操にアドバイスを行ったそうですが、

一体どのようなアドバイスを曹操へ行ったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




法律に携わる官職に任命される

 

高柔は曹操に仕え各職を歴任した後、

曹操から法律に携わる官職を与えられることになります。

彼は法律に携わる官職を与えられると「安定を招くには礼を基本とし、

乱世を治めるには政治に必要なものは刑罰であると言う。

漢の劉邦(りゅうほう)は秦キツイ法律を廃し、蕭何(しょうか)に新しい法律を制定させた。

君の判断は公平かつ妥当性に優れており、法律にも詳しいが、

法律を乱用して裁可をくださないように気をつけてくれ」と言われたそうです。

こうして高柔は法律に携わる官職に就くことになるのですが、

彼がこの官職をもらってからすぐに事件が発生することになるのです。




合肥で事件発生

 

曹魏と孫呉との重要拠点である合肥(ごうひ)。

この地駐屯していた兵士が逃亡する事件が発生します。

この逃亡兵の名は宋金(そうきん)といい、

彼は兵士達を鼓舞するための軍楽隊の所属でありました。

曹魏の法律では逃亡した兵士は処断され、

逃亡した兵士の家族にも重い刑罰が加えられることになっておりました。

宋金には奥さんと母、弟がいましたが、彼らは全員奴隷となってしまうことが決定。

こうして事件は一件落着。

しかし高柔はこの事件はまだ解決を見ていないと考え、

法律の運用をこのままにしていいのかどうかを自ら検討します。

彼はこの逃亡兵に対しての法律の運用方法をこのままにしては、

いずれ大事件を引き起こす可能性があると判断を下します。

そして曹操へアドバイスを行うことにします。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

逃亡兵に対しての法律の運用方法改善を求める

 

高柔は曹操の元へ行き、合肥の駐屯地から逃亡した事件に対しての意見を述べます。

彼は曹操へ「兵が駐屯地から逃亡するのは良くないことであります。

しかし兵士達から聴取した所では、

時々駐屯地から逃亡したことを公開している兵士も少なからずいるとのことでした。

私の私見を申せば、

逃亡兵の妻や子、母親に対して寛大な処置をしたほうがいいのではないのかと考えます。

その理由として逃亡兵が軍に帰ってくるように促すことができるからです。

従来の法律では妻子達に対しても厳罰な処断が下されて、

逃亡兵が軍へ帰還する望みを断ち切るものでした。

さらに殿は兵士が駐屯地から逃亡した際、

さらに重い刑罰を加えようとなさっていると聞き及んでおります。

これ以上逃亡兵や兵士の妻子達に対して重い刑罰を加えれば、

集団で逃亡する可能性があり逃亡兵を処断することが、

難しくなってくるのではないのでしょうか。

集団逃亡する兵士が多発するようでは刑罰を重くしても兵士の逃亡を防ぐことができず、

役に立たないと思われます。」とアドバイスを行います。

曹操は彼の意見を聞いて「君の言うとおりである」と述べて、

逃亡兵に対しての刑罰を重くすることをやめたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

宋金の兵士達は高柔のおかげで奴隷の身分から救い出され、

平民に戻ることができました。

さらに曹操が逃亡兵に重罰を加えることをやめて少し緩和する政策をとったおかげで、

逃亡する兵士が以前よりも少なくなったそうです。

法律の運用方法を改善した彼の成果のおかげではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦…
  2. 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾そ…
  3. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見…
  4. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  5. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  6. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  7. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  8. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました
  2. 孫堅は三国志の○○だったのか? 海賊時代の孫堅
  3. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  4. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」
  5. キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの?
  6. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい! まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【11月の見どころ】11/19〜23日まで「三国志とお金」の特集 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 【告知】7月23日から夏の公孫瓚スペシャルを6日ぶち抜きで掲載するよ 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!? 【8月の見どころ】8/19公開予定:諸葛亮の危篤よりも五丈原の権力争い

おすすめ記事

  1. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  2. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  3. 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は? 金栗四三 いだてん
  4. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?
  5. 【祝】月間150万PV達成!はじめての三国志より感謝の言葉
  6. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  7. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  8. 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP