【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

中国で売られている三国志演義の本は、成立した頃の文面のままで

現代語訳されていないから、現代の中国人には読みづらいものとなっています。

その、中国人でさえ読みづらい古い中国語を、

日本人が案外すらすら読めちゃったりするようですぞ!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?


なんと、弥生時代レベルの古語も

 

三国志演義の作者といわれる羅貫中(らかんちゅう)は、元末~明初の人。

日本でいえば足利尊氏と同時代人です。それなら全編その頃の中国語で

書かれているのかと思いきや、さにあらず。

卑弥呼(ひみこ)ぐらいの時代の中国語で書かれている箇所もあります。

ヒミコ……。どんだけ大昔やねん。


三国志の時代の臨場感を出すために

 

卑弥呼は、三国志の魏志倭人伝に登場しています。三国時代の人です。

元末~明初の羅貫中が著した三国志演義だって、三国志は三国志だから、

三国志の時代の言葉が使われている箇所があるのは当たり前といえば

当たり前でございまして。例えば、現代の人が江戸時代を舞台にした

時代小説を書く場合に、登場人物が現代口語ではありえない

御座候(ござろうそう)口調でしゃべっているような感じです。

羅貫中も、三国志らしい雰囲気を出すために、格調高い古文を使って頑張っていたんだね。

 

関連記事:女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!

関連記事:卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!


中国人でさえ苦労するのだから……

 

中国の人が三国志演義を読むのは本当に大変そうですね。

元末~明初の文章でも難解なのに、

もっとさかのぼった大昔の文章まで読まなきゃいけない。

中国で三国志演義があまり読まれていないのももっともな話です。

中国人でも苦労するんだから外国人の私が

読めるわけないよね、と思いながら一冊を手に取り、ペラペラ、ペラリ。

……おおっ? こっ、これは!

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 李カク(李傕)と郭汜
  2. 蜀の姜維
  3. 曹嵩
  4. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  5. 華雄と呂布
  6. 楊俊

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP