法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?

李儒と三国志




 

中国で売られている三国志演義の本は、成立した頃の文面のままで

現代語訳されていないから、現代の中国人には読みづらいものとなっています。

その、中国人でさえ読みづらい古い中国語を、

日本人が案外すらすら読めちゃったりするようですぞ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?




なんと、弥生時代レベルの古語も

 

三国志演義の作者といわれる羅貫中(らかんちゅう)は、元末~明初の人。

日本でいえば足利尊氏と同時代人です。それなら全編その頃の中国語で

書かれているのかと思いきや、さにあらず。

卑弥呼(ひみこ)ぐらいの時代の中国語で書かれている箇所もあります。

ヒミコ……。どんだけ大昔やねん。




三国志の時代の臨場感を出すために

 

卑弥呼は、三国志の魏志倭人伝に登場しています。三国時代の人です。

元末~明初の羅貫中が著した三国志演義だって、三国志は三国志だから、

三国志の時代の言葉が使われている箇所があるのは当たり前といえば

当たり前でございまして。例えば、現代の人が江戸時代を舞台にした

時代小説を書く場合に、登場人物が現代口語ではありえない

御座候(ござろうそう)口調でしゃべっているような感じです。

羅貫中も、三国志らしい雰囲気を出すために、格調高い古文を使って頑張っていたんだね。

 

関連記事:女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!

関連記事:卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

 

中国人でさえ苦労するのだから……

 

中国の人が三国志演義を読むのは本当に大変そうですね。

元末~明初の文章でも難解なのに、

もっとさかのぼった大昔の文章まで読まなきゃいけない。

中国で三国志演義があまり読まれていないのももっともな話です。

中国人でも苦労するんだから外国人の私が

読めるわけないよね、と思いながら一冊を手に取り、ペラペラ、ペラリ。

……おおっ? こっ、これは!

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  3. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  4. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  5. 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  6. 赤壁の戦いで敗北する曹操 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)
  7. 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  8. 劉備勝ちまくり!仮想三国志 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 三国志 まんがで読破
  3. 鄧禹と兵士
  4. 劉禅と孔明
  5. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」
  2. 出雲王国崩壊後のオオクニヌシの行方は?出雲王国の復活を目指した戦略 オオクニヌシ(日本神話)
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. 【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今後予想
  5. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  6. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹休
  2. 関羽を討ち取る陸遜
  3. 唐周(とうしゅう)

おすすめ記事

三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の年齢は信長より若かった! 食糧庫を焼かれて慌てる袁紹軍 【有料記事】古代中国で大火事その意外な消火方法とは? 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 司馬懿と曹操 もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった? 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません! 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP