三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

この記事の所要時間: 334

荊州争奪戦

 

いまから約1800年前、中国を魏・蜀・呉の三国が分割支配し、覇を競い合った三国時代。

現代日本人である私達が、その歴史物語に慣れ親しんでいるのは、吉川英治の小説「三国志」のおかげと言えるでしょうが、

この吉川版「三国志」がベースとしたのが、中国の通俗小説であった『三国志演義』です。

 

中国四大奇書のひとつに数えられてもいる『三国志演義』ですが、その作者について調べたところ、衝撃の事実が発覚しました。

 

なんと、『三国志演義』はゴーストライターによって書かれた小説だった!?

 

『三国志演義』の作者は誰?

羅漢中

 

『三国志演義』の作者は、一般的には羅貫中(らかんちゅう)という人物であるとされています。

ただ、『三国志演義』は羅貫中が最初から最後まで、ひとりで書き上げた小説、というわけではありません。

 

現代に残されている底本には「羅貫中編」という表記が見られます。

これは、羅貫中が『三国志演義』を編纂したという意味です。

 

羅貫中以前の時代、『三国志平話』と呼ばれる絵物語が成立していました。

この『三国志平話』は、中国各地に残されていた三国時代の人物にまつわる説話をまとめたものですが、あくまで民間伝承をベースとしていますので、

その内容はかなり荒削りで、三国時代の史実を無視した、荒唐無稽な部分も多々見られるものでした。

 

その『三国志平話』を元に、歴史書『三国志』の記述に基いて補正、編纂したのが、大河小説『三国志演義』というわけです。

この編纂を手がけたのが羅貫中でした。

 

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

関連記事:三国志演義に登場する兵器

関連記事:趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由

 

羅貫中に関する信頼できる記録はほとんど残っていない

羅漢中 2

 

実は、羅貫中という人物に関する記録はほとんど残されていません。

元(モンゴル帝国)の時代の末期から、明の時代初頭にかけて生きたとされますが、

正確な生没年は不明、出身地も諸説あり、その来歴もほとんどわかっていません。

 

一説には、『三国志演義』と同じく中国四大奇書のひとつに数えられる小説『水滸伝』の作者とされる施耐庵(したいあん)に師事したとされますが、これも正確なことは解っていません。

 

俗説によれば、羅貫中は元代の末期に割拠した群雄の一人である張士誠(ちょうしせい)に仕えたことがあり、『三国志演義』に描かれた“赤壁の戦い”は、彼が張士誠に仕えていたころ、当時の群雄であった朱元璋(しゅげんしょう、後の明の初代皇帝)と陳友諒(ちんゆうりょう)との間に起きた「鄱陽湖の戦い」をモデルにしたとも言われています。

 

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

師匠の功績を奪い取った羅貫中?

西遊記 三国志

 

三国志演義を編纂したのは、羅貫中ではないとする書物が残されています。

 

王道生(おうどうせい)と人物の残した『施耐庵墓志』と言う書物によれば、『三国志演義』の作者(編纂者)は施耐庵であるということです。

 

施耐庵は先にも紹介した通り、『水滸伝』を執筆したと言われる人物です。

『施耐庵墓志』によれば、元の時代の末期に、施耐庵は張士誠に仕えていました。

しかし、張士誠はその勢力が強まると共に驕り高ぶるようになると、施耐庵は張士誠を見限って故郷に帰り、数々の小説を執筆。

 

その中の一作が『三国志演義』だったということです。

 

え? じゃあ、羅貫中の名前はどこから出てきたって?

実は、施耐庵が小説を執筆する際、彼の弟子が文章の校正を務めていたそうですが、この弟子こそが、羅貫中だったのです。

 

なんと!!

 

『施耐庵墓志』の表記を信じるなら、

羅貫中は師匠である施耐庵の書いた小説『三国志演義』を、自分が編纂したということにしてしまったことになります!!

 

盗作どころか、他人の書いた小説を自分のものにしてしまった!?

まるでどこかの作曲家のような話ではないですか!!

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  2. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  3. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  4. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…
  5. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  6. 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略
  7. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  8. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

  1. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  2. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  3. 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  5. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10
  6. 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? 呉の周瑜、孫策、程普 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!? 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ! 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!

おすすめ記事

  1. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  2. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  3. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  4. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  5. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  7. 【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑
  8. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP