キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志




 

吉川英治さんの三国志にある、言うこと聞かない部下の魏延(ぎえん)

諸葛亮(しょかつりょう)が敵の司馬懿(しばい)もろとも焼き殺そうと

するという、諸葛亮が鬼畜すぎる迷シーン。そのひどいシーンは吉川さんの

オリジナルではなくて、当時日本で広がっていた、とっても愉快で刺激的な

ある三国志の影響です!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

関連記事:文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将




あの鬼畜シーンは吉川英治のせいじゃない

 

鬼畜の迷シーンは古い三国志演義にはありまして、毛宗崗(もうそうこう)

という人が編纂した時にカットされたわけですが、その新しい三国志演義

当時の日本では広まっておらず、日本人が親しんできたのはもう少し前の

「李卓吾(りたくご)先生批評三国志」と題されている三国志演義です。

その中にはあるんですな~、あの迷シーンが。それが広がっちゃっているので、

吉川さんもご自分の小説に取り入れざるを得なかったんですね。吉川さんは悪くないよ!




ラジカルでいかす! 李卓吾の批評

 

「李卓吾先生批評三国志」、通称「李卓吾評本」と呼ばれる三国志演義。

読んで字のごとく、李卓吾先生の批評が加えられている三国志です。

その李卓吾先生の批評がラジカルでいかすんですよ! 例えば、魏延謀殺

未遂事件のくだりでは、先生はこんな批評をなさっています。

孔明諸葛亮)がこんなやり方で魏延を謀殺すれば、魏延は納得できる

はずがない。どうして魏延の罪を明らかにせずに詭計を用いるのか。

これは全く間違ったやり方である」おおっ、正論……。

 

李卓吾先生は張飛の大ファン

 

もっとおちゃめな評もあります。先生どうやら張飛(ちょうひ)

ファンのようなんですね。三顧の礼のくだりで、劉備(りゅうび)

大雪の中を諸葛亮に会いに出かけるのに同行した張飛

「こんな寒い日に遠路はるばるポンコツ野郎に会いにいくなんてありえねえ。

帰って冬ごもりしようぜ」とぶうたれているシーンで、李卓吾先生は

張飛はきっぱりとした人である」と褒めておられます。

劉備が張飛に「寒いのがいやなら先に帰れ」と言い、張飛が

「死をも恐れぬ俺だ、寒さなんか恐れるものか。ただ兄貴が

無駄な苦労をすることを恐れるだけだ」と言い返したら、李卓吾先生は

「張飛は生き仏である」と絶賛しておられます(現代風に言うと、神だ、

って感じでしょうかね)。

張飛が何かやるたびに、いちいち褒めちぎっていて面白いです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!?
  2. 三国志ライター よかミカンさん えっ、オレそんなキャラ?三国志の英雄が目を丸くする今どき三国志
  3. 曹仁 曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁
  4. 周泰(しゅうたい) 徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった…
  6. 蒼天航路 蒼天航路で太史慈の出番が少ない2つの致命的な理由
  7. 梁興と馬騰 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか?
  8. 孫晧(孫皓) 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 車に乗る諸葛亮
  2. 孔明
  3. 織田信長
  4. 口うるさい徳川斉昭
  5. 朱然によって捕まる関羽
  6. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  7. 于吉と張角

おすすめ記事

  1. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  2. 読者の声(2018年9月1日〜21日)
  3. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 亡くなる袁紹
  4. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 劉備と曹操
  5. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか? 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  6. ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア

三國志雑学

  1. 人望のある劉備
  2. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  3. 楊彪を司空に任命させる董卓
  4. 馬騰


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 周瑜と陸遜
  3. 甘寧と凌統
  4. 趙の旗
  5. 2つの持論を展開する費禕
  6. 呂玲綺

おすすめ記事

年を取った司馬懿 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部 三国志大学を目指す曹操 ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? 華陀 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 鮮卑大人、育延 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? キレる劉備になだめる黄権 馬謖はもしかしたら劉備に嫌われていた【黒田レンの推測】 曹休と曹丕を可愛がる曹操 曹休と曹丕の関係性は?本当に仲がよかったの? 耶律突欲 【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの? 陸遜 陸遜の優れた計略とは?劉備は陸遜に殺されたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP