朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

この記事の所要時間: 32




 

吉川英治さんの三国志にある、言うこと聞かない部下の魏延(ぎえん)

諸葛亮(しょかつりょう)が敵の司馬懿(しばい)もろとも焼き殺そうと

するという、諸葛亮が鬼畜すぎる迷シーン。そのひどいシーンは吉川さんの

オリジナルではなくて、当時日本で広がっていた、とっても愉快で刺激的な

ある三国志の影響です!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

関連記事:文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将




あの鬼畜シーンは吉川英治のせいじゃない

 

鬼畜の迷シーンは古い三国志演義にはありまして、毛宗崗(もうそうこう)

という人が編纂した時にカットされたわけですが、その新しい三国志演義は

当時の日本では広まっておらず、日本人が親しんできたのはもう少し前の

「李卓悟(りたくご)先生批評三国志」と題されている三国志演義です。

その中にはあるんですな~、あの迷シーンが。それが広がっちゃっているので、

吉川さんもご自分の小説に取り入れざるを得なかったんですね。吉川さんは悪くないよ!




ラジカルでいかす! 李卓悟の批評

 

「李卓悟先生批評三国志」、通称「李卓悟評本」と呼ばれる三国志演義。

読んで字のごとく、李卓悟先生の批評が加えられている三国志です。

その李卓悟先生の批評がラジカルでいかすんですよ! 例えば、魏延謀殺

未遂事件のくだりでは、先生はこんな批評をなさっています。

「孔明(諸葛亮)がこんなやり方で魏延を謀殺すれば、魏延は納得できる

はずがない。どうして魏延の罪を明らかにせずに詭計を用いるのか。

これは全く間違ったやり方である」おおっ、正論……。

 

李卓悟先生は張飛の大ファン

 

もっとおちゃめな評もあります。先生どうやら張飛(ちょうひ)

ファンのようなんですね。三顧の礼のくだりで、劉備(りゅうび)

大雪の中を諸葛亮に会いに出かけるのに同行した張飛が

「こんな寒い日に遠路はるばるポンコツ野郎に会いにいくなんてありえねえ。

帰って冬ごもりしようぜ」とぶうたれているシーンで、李卓悟先生は

「張飛はきっぱりとした人である」と褒めておられます。

劉備が張飛に「寒いのがいやなら先に帰れ」と言い、張飛が

「死をも恐れぬ俺だ、寒さなんか恐れるものか。ただ兄貴が

無駄な苦労をすることを恐れるだけだ」と言い返したら、李卓悟先生は

「張飛は生き仏である」と絶賛しておられます(現代風に言うと、神だ、

って感じでしょうかね)。

張飛が何かやるたびに、いちいち褒めちぎっていて面白いです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  2. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  3. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  4. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  5. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  6. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…
  7. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  8. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  2. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  3. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  4. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】
  6. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志一の策謀家、袁術の伝説 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!? 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの? 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志
  2. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山
  3. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  4. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  5. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  6. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  7. 軍勢RPG 蒼の三国志とはどんなアプリゲーム?
  8. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP