三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・祖先は誰?」のコーナーです。

 

 

自分の祖先については誰もが興味を持っているのではないでしょうか。

果たして自分は誰の血を受け継いでいるのか?

昔に祖母から聞いた話だと、私の家は平氏の血統だとか。どうなのでしょうか。

 

三国志にはたくさんの個性的なキャラが登場しますが、

どんな血統なのかはっきりしない人物も多くいます。

逆に袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)など、

祖先が三公に就任しており、素性がはっきりしている人物もいるのです。

「三国志演義」の主役である劉備はどうなのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?




劉備の祖父と父

 

むしろを売って生計を立てていたとされる蜀漢初代皇帝の劉備(りゅうび)

三国志の物語が始まった時点では、すでに父親が亡くなっており、

劉備が母親を支えて細々と暮らしていたイメージが強いですね。

そんな中で関羽張飛と知り合い、

絆を深めていくわけですが、劉備の父は何をしていたのでしょうか。

 

「三国志正史」によると劉備の父親の劉弘は、劉備が幼い頃に亡くなったようです。

祖父は劉雄という名前で県令を務めたほどでしたが、

その子・劉弘は特に役職には就いていません。

ですから劉備は一般庶民よりも苦しい生活をしていたのではないでしょうか。




高祖・劉邦との関係

 

劉備といえば、「前漢の景帝の子・中山靖王劉勝の末裔」ということで有名です。

いうなれば劉備は皇族の一員ということになります。

では前漢の初代皇帝である劉邦(りゅうほう)の末裔ということにもなるのでしょうか。

 

 

高祖・劉邦は天下を統一した後、力のある臣下を排除していきます。

そして劉邦が没した後は帝位や権力を巡り内紛状態が続き、

5代目皇帝である文帝でようやく落ち着きを取り戻すのです。

文帝は劉邦の子です。この文帝の子が景帝になります。

つまり景帝は劉邦の孫ですね。

劉備がその血筋であるということは、当然のように劉邦の末裔です。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

なぜ高祖・劉邦の末裔と名乗らないのか

 

これは日本でも同じですね。

日本では藤原氏が有名ですが、祖先を辿っていけば皆、藤原鎌足に行きつきます。

それは当たり前のことなので、区別がつかなくなります。

藤原氏はさらに北家や式家に分けられますが、

氏の長者を多数輩出している北家は藤原不比等の次男・藤原房前の末裔です。

北家の中でも藤原師輔の子孫はさらに九条流と呼びますし、

九条流の中でも藤原道長の子孫は御堂流と呼びます。

枝分かれしていく中で、もっとも直近で区別するのが一番素性が伝えやすいですね。

 

ですから劉備も高祖・劉邦の末裔とは名乗らず、

中山靖王劉勝の末裔という看板を掲げたのでしょう。

景帝には中山靖王劉勝の他に魯恭王劉余もおり、

こちらの末裔が三国志に登場する劉焉劉表になります。

益州で攻防戦を演じた劉備と劉璋は、景帝の子孫という点までは共通するわけです。

 

中山靖王劉勝の子や孫

 

一説によると、劉備の祖先である中山靖王劉勝には50人の子がおり、

孫を含めると120人にも及んだといわれています。

さらにその子孫と考えていくと、

中山靖王劉勝の血筋は三国志の時代には5,000人以上はいたのではないでしょうか。

血筋だけでは到底特別扱いできないような状況ですね。

劉備を皇族だとすると、数万の人たちが「私も皇族です」と言い出すくらいでしょう。

ですから劉備が蜀漢を建国することができたのは、

血筋ということ以上にカリスマ性があったからというのが大きな要因でしょう。

 

三国志ライターろひもと理穂のまとめ

 

三国志正史と三国志演義では劉備の性格がやや異なっていますが、

仁君として多くの人に慕われていたことには間違いがないようです。

陳寿は劉備には高祖・劉邦の面影があり、

英雄の器であったと記しています。

ただし、あまりにも劉備ばかりを仁君として正当化し過ぎると、

違和感が生じて眉唾っぽい話になってしまいますので、

ほどほどがいいのではないでしょうか。

なにせ同族の領地を侵略していますからね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

関連記事:秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

?古代中国の暮らしぶりがよくわかる?

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 蜀の外交官・鄧芝 石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝
  2. 三国志ライター よかミカンさん えっ、オレそんなキャラ?三国志の英雄が目を丸くする今どき三国志
  3. 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  4. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  5. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  6. 周瑜 美男子 周瑜公瑾の輝かしい功績
  7. 曹操と郭嘉 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  8. 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 最弱武将 張飛
  2. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  3. 愛妻家の魏の将軍、郭淮

おすすめ記事

  1. 明智光秀の手紙は分かりやすい?信長に褒められた内容とは? 馬にまたがって戦う明智光秀
  2. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 李儒と三国志
  3. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  4. 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス方法 はてなマークな劉備と袁術
  5. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  6. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?

三國志雑学

  1. 撃剣を使う曹丕
  2. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宦官を一掃することを決意する何進
  2. 空城も計 孔明
  3. パワハラをする張飛
  4. 曹操 孔明をチェック
  5. 榎本武揚

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケースver2(iPhone/Android対応)近日発売予定 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 曹操 油断 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは? 中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは? 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP