キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!

この記事の所要時間: 325




 

 

2017年度の流行語にもなった忖度(そんたく)、

相手の気持ちを汲んでその意向に合わせるという意味です。

しかし、何も忖度は、2017年の日本にだけあるのではありません。

今を去る事1800年前、夷陵(いりょう)の戦いで大敗した劉備(りゅうび)

実は配下の荊州人の為に忖度していたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る




夷陵の戦い関羽の仇討ちだけではなかった?

 

私達は夷陵の戦いと言うと、劉備が義弟関羽(かんう)の仇討ちの為に、

呉との同盟を優先する、諸葛亮(しょかつりょう)趙雲(ちょううん)

反対を押し切り、実行した無謀な戦いだと思っています。

これも間違いではないのですが、実は、夷陵の戦いには別の理由もありました。

それは、出身地を奪われた荊州出身者の故郷奪還の希望でした。

 




 

荊州出身者は呉が大嫌いだった その理由とは

 

実は、荊州出身者は、長江を渡ってすぐにも関わらず、ほとんど呉に仕えていません。

古株では黄蓋(こうがい)があるだけ、後は潘濬(はんしゅん)ですが、

こちらは関羽と不仲で呉に下った人で列伝が立つような荊州の人材で

呉に行った人はほとんどいないのです。

その大きな理由は、呉が楊州を基盤としていた事と、呉では徐州閥が形成されていて、

新参の荊州人の入る余地が無かった為と言われています。

 

そんな荊州人の心を掴んだのが、劉備で、彼が荊州で居候していた頃に、

蔡瑁(さいぼう)一派からあぶれた一定の荊州人の支持を得ていたのも、

いつか劉備が荊州を支配して自分達を使うだろうという打算があったからなのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

荊州が呉に落され、荊州人の間に動揺が広がる

 

赤壁のどさくさで首尾よく南郡を得た劉備ですが、

219年に関羽がコケた事で魏と呉の挟撃に会い、南郡を失陥しています。

これは、荊州人に激しい動揺を与え、秭帰(しき)の豪族の文布(ぶんふ)が、

呉に投降するという事件も起きていました。

このような状態が続くと、荊州人を多く抱えている劉備としては、

動揺を鎮める為に、荊州奪還のアクションを起こさないといけなかったのです。

 

夷陵の戦いに参加したのは荊州人が多い

 

実際に夷陵の戦いに参加した人も荊州人が多くいます。

馮習(ふうしゅう:荊州南郡)傅肜(ふとう:荊州義陽郡)輔匡(ほきょう:荊州襄陽郡)

廖化(りょうか:荊州襄陽郡)馬良(ばりょう:荊州襄陽郡)龐林(ほうりん)等です。

中でも廖化は、死んだという虚法を流してまで蜀に帰還した人物でした。

 

また、進退極まって降伏した龐林ですが呉ではなく魏に投降しています。

呉に投降した者も二名いますが、この二名の出身地は分かりません。

 

関連記事:李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人

関連記事:図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

 

劉備は、荊州人に忖度し、夷陵の戦いを強行した?

 

このように、荊州人が多く従軍しているのは、

故郷を奪還したいという意志の表れとも取れます。

劉備としては、どうあっても、夷陵の戦いを回避する事は出来なかった

という状態にあったのではないでしょうか?

 

(ボスは俺達の故郷を取り返す意気地もないのか・・)

そう思われては、折角集めた荊州人の人気は地に落ちます。

 

前述した呉に投降した、秭帰の豪族の文布ですが、

その後、異民族を集めて蜀に内通した疑惑を受けて、

陸遜(りくそん)の命令を受けた謝旌(しゃせい)に倒されています。

 

南郡の失陥後、率先して下ったように見える文布も荊州人として

どうも、呉に心服してはいなかったようなのです。

 

 

劉備は敗れたとはいえ、荊州人を繋ぎとめた

 

惨憺たる敗北に終わった夷陵の戦いですが、以後、荊州人で、

呉に走る人は出ていない事から、劉備の失敗により、

荊州人は、ある程度の劉備の誠意を見て取り、

劉備を見限るのを見送ったのかも知れません。

劉備の死後は、徐州人の孔明を中心に、荊州閥が形成され、

蜀漢を運営していくわけですから、ここで劉備の忖度が、

荊州人を繋ぎとめたのは、長い目で見ればプラスでした。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

こうして考えると、劉備の義弟関羽に対する思いだけで起きた戦いも、

実は、自分の財産である荊州人に逃げられない為の

止むなき判断だったという事になるかも知れません。

 

もしかすると、劉備としては、少し出兵して体裁を繕い帰還するつもりが

呉の陸遜の撤退作戦に出くわし連戦連勝、帰るタイミングも

得られないまま、ズルズル敗戦に向かったのが真実かも知れません。

 

それというのも、劉備が白帝城に入った事を知った孫権が、

恐れて和睦の使者を派遣すると、劉備はこれを入れて、

宗瑋(そうい)と費禕(ひい)を派遣して和睦を受け入れているからです。

 

関羽の死に対する復讐心だけが動機なら、幾ら大敗したとはいえ、

こうもあっさり、孫権からの和睦に応じるでしょうか?

 

ひょっとして陸遜が序盤から積極的に攻勢に出ていれば、

劉備はちょっと戦っただけで「今日はこの位で勘弁したらァ」

と言って撤退するつもりだったりして・・

 

※この記事は黄巾イレギュラーズ編:出身地で分かる三国志の法則を

参考にkawausoの独断と偏見を加えて執筆されています

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?

関連記事:夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

 

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  2. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  3. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  4. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  5. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部
  7. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  8. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?
  2. 海江田信義の性格は直情的?西郷どんで登場する海江田信義について語ろう!
  3. 三国夢幻演義 龍の少年 第4話「地獄の淵で」配信日が決定しました
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜
  5. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの?
  6. 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介! 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説 まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん) 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る! 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

おすすめ記事

  1. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家
  2. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法
  3. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!
  4. 呂布、ナイスシュート!
  5. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  6. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  7. 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP