広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編

この記事の所要時間: 229

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

関羽の(かんう)仇討ちの為に、呉を滅ぼすと誓った劉備(りゅうび)は、

ついに自ら長江を渡ります。

これには、馬良(ばりょう)や黄権(こうけん)も、何かあれば退却が

難しくなると反対しますが、劉備は、それを押し切っての進軍でした。

 

しかし、呉の領内に入っても、陸遜(りくそん)は逃げ回り、

一大決戦が起こりません、広大な呉の領地です75万という大軍でも、

まるで大海に浮かぶ、木の葉のようなものです。

 

前回記事:114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙

 

陸遜の作戦に気づく劉備

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

ここで、劉備はようやく陸遜の作戦が分かりました。

 

「陸遜め、わざと戦闘を避けて、我々を疲弊させて退却させる狙いだ」

 

すでに、劉備が蜀を出てから1年が経過していました。

兵は拙速を貴ぶという兵法の原則から考えても長過ぎです。

 

最近では、蜀軍も長い野営生活で疲労が溜まり、士気も低下して

動きも鈍くなりつつありました。

 

75万の大軍も、拠点を抑える為に裂いていて、

細い、一列の隊列になっています。

 

補給線も伸びきっていて、後方との連絡や連携も難しくなっていました。

 

陸遜を挑発する劉備

劉備主役

 

劉備は、早く決着をつけるべく、陸遜を散々に挑発します。

付近には、伏兵を忍ばせて、呉軍が攻撃してきたら、一気に叩くつもりでした。

 

ところが、陸遜は、伏兵を察知して、決して挑発には乗りません。

劉備は、既に手詰まりになっていました、勝利しているつもりが、

遥かに呉の領内に誘いこまれていたのです。

 

季節が変わり、陸遜が遂に動く

陸遜

 

季節が秋を迎えた、ある日の夜半、いよいよ、陸遜が動きました。

 

陸遜:「諸君、いよいよ、侵略者を滅ぼす時が来た、見よ、劉備の陣営を、

兵は一列にだらだらと陣地を敷き、相互の連絡は取れない、、

劉備玄徳は兵法を知らぬ、愚か者だ、これより全軍をあげて、

蜀の陣地に火をかけ一斉に焼き払うぞ!!」

 

呉軍は、夜陰に乗じて、寝静まっている蜀軍の陣地の枯草に

次々と火矢を射掛けました。

 

蜀軍の陣地は飛び火

陸遜

 

それぞれの陣地は、それほど距離が離れていません、

枯れ草は、あっという間に燃え広がり蜀軍の陣地に飛び火します。

 

これまで呉軍を「腰抜け」と侮っていた蜀の兵士は、

とっさの事に大混乱になり、同士討ちを開始しました。

 

陸遜は、これに乗じて、蜀の陣営に次々と火を放ち、

50あった、蜀の陣地の内、40を焼き払いました。

 

逃げるのに必死な劉備

雷怖くない 能ある劉備

 

劉備は、戦うどころではなく、馬に飛び乗って、敗走しますが、

どこを見ても炎に包まれる、蜀の陣地と斬り殺された蜀兵の

死体の山です。

 

「なんという事だ・・私は、私は、何と言う愚かな事を・・

おおお、、蜀の人民に孔明に合わせる顔がない、、」

 

劉備は、失意のあまり、何度も落馬しそうになりながらも、

何とか、配下に励まされ、呉の追っ手をかわしながら、

後方へ、後方へと落ちのびます。

 

夷陵の敗戦

劉備悩む

 

劉備は、この夷陵の敗戦で、数万人という死者を出します。

また数万人の捕虜を出し、馬良、黄権、馮習(ふうしゅう)、

王甫(おうほ)、張南(ちょうなん)、傅彤(ふとう)、程畿(ていき)、

というような優秀な武官と文官を失い、或いは捕虜にされました。

 

関羽の仇討ちで開始された夷陵の戦いは、蜀の国力をすり減らす

惨憺たる大失敗に終わったのです。

 

次回記事:116話:劉備、失意の中白帝城に没す!

 

こちらの記事もよく読まれています

山里さん似 炎上

 

よく読まれている記事:すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選

 

太史慈 黄巾賊

よく読まれてる記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれてる記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  2. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  3. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解…
  4. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  5. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  6. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!…
  7. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  8. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  2. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  3. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  4. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  5. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  6. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介 2017年はじめてのストライキ宣言文 関羽千里行って有名だけど何なの? 人々の鑑になった良い宦官達 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情

おすすめ記事

  1. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  2. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  3. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守
  4. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  5. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  6. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  7. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  8. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP