三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官がかぶったイカす冠




 

三国志のドラマや漫画を見ていると、かんむりに長~いかんざしを

横ざまにぶっさしたようなヘンテコ帽子を被っている文官が

ちょいちょい出てきますよね? ああいう冠は、獬豸冠(かいちかん)と言うのです。

そして、それをかぶることは、正義と公正を旨とする気合いの入った司法官のあかし!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった




ビジュアルは残ってない

 

残念ながら、古代の獬豸冠の絵は残っていないようで、

「長~いかんざしを横ざまに」というのは後代の人による想像です。

中国の伝説上の神獣に獬豸(かいち)という一角獣がいまして、

獬豸冠はその神獣の角をデザインに取り入れたものです。

三国志の頃には、司法官の制服に取り入れられていました。




神獣「獬豸(かいち)」とは?

 

獬豸(かいち)のビジュアルも時代によってまちまちで、麒麟(きりん)のようだったり

牛のようだったり羊のようだったりします。共通する特徴は、ひたいから生える

一本の鋭い角。キャラ的にはこの角さえあれば大丈夫なんじゃないかな。

賢くて、人の言葉が分り、また、理非曲直を正確に判断できる異能者です。

人がもめている現場に行くと、理が通っていない方の当事者を

自慢の一本角で突き殺してしまうんですって。おお怖。

(いつも公明正大な人は恐れる必要ないですね!)

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

なぜ司法官の制服に?

 

いさかいの時に、どちらの言い分が間違っているかを正確に判断できる獬豸は、

正義や公正の象徴となりました。いつも正義感を持って公正公平な裁きをしましょう、

ということで、獬豸の姿が司法官の制服に取り入れられたんですね。

キングダムで有名な秦(しん)の頃から(秦のほうがキングダムより有名?)、

獬豸冠は御史(ぎょし)、廷尉(ていい)の制服となっていました。

御史は監察官、廷尉は裁判、刑罰などを司るお仕事です。

いずれも正義、公正が求められるお仕事です。

 

あのトンデモ督郵(とくゆう)も獬豸冠!

 

ところで。三国志演義で、黄巾賊(こうきんぞく)の討伐戦で手柄を立てた

劉備(りゅうび)が安熹県(あんきけん)の尉(い)という、ちっぽけな町の

武装警察長官に任命されて、お仕事がんばって地元の人たちの評判もよく

町も治まり調子よくやっていたところへ、督郵(とくゆう)とかいう監察官が

やってきた話があります。その督郵が腐った奴で、劉備に暗にわいろを要求し、

わいろをよこさないとお前のことを上に悪く報告しちゃうからねっていう

態度をとったら、劉備の弟分の張飛(ちょうひ)が激怒して督郵を柱に縛りつけて

棒で滅多打ちにし、劉備は半死半生の督郵の首に自分の県尉の官印をぶら下げて、

「へっ、こんな役職いらねえや。あばよっ!」という感じで逃げちゃったという、

劉備オヤビン若き日の武勇伝(正史では、督郵を叩きのめしたのもオヤビン)。

その、僕が腐ってるのはそんな仕打ちをされるほど悪いことだったのですか、

他のみんなも腐ってるのに、トホホ……な残念キャラの督郵さんですが、

1990年代に中国の中央電視台が制作したテレビドラマの「三国演義」では、

あの獬豸冠を被っているんですよ! 正義と公正のあかしの!

たしかに、督郵は監察官ですからね……。獬豸冠は制服です。

おお、獬豸冠、地に堕ちたり。

 

関連記事:【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

制服になってしまえば、公正な人も腐った人もみいんな獬豸冠をかぶる

ことになるわけですが、本来は、ジャキーンと尖ったいかめしい角のついた冠を

かぶることで、自分も司法官として正義・公正を旨として頑張るぞ、

っていう気持ちでお仕事してもらうためのものだったのでしょう。

実際、獬豸冠の重みを意識しながら公平無私で職務にはげんだ偉い司法官も

きっといたことでしょう(と信じたい。いや、信じる)!

余談ですが、獬豸という神獣、浅田次郎の短編集『姫椿』の中の

「獬(シエ)」というお話に出てくる「シエ」ですね、たぶん。

鈴子を癒やしてくれる「シエ」がどうして理非曲直を判断できる神獣であるのか、

というところが、浅田ワールドなんですな、きっと。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  2. 魯粛 魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】
  3. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  4. 孫権 弔い出陣 陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解…
  5. 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人
  6. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義
  7. 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  8. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 現実主義曹操
  2. 曹丕
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 酒井忠次
  5. 羅憲

おすすめ記事

  1. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  2. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性
  3. キングダム585話最新ネタバレ「雷獄」レビュー
  4. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】
  6. 城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか?

三國志雑学

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. はじめての三国志

おすすめ記事

大久保利通 幕末 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 幕末 大砲発射 大鳥圭介とはどんな人?函館戦争に参加する経緯まで紹介 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第10部 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 孔明 劉備の剣とハンコ 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP