キングダム
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

魔王曹操




魔王曹操

 

小説『三国志演義』の主人公と言えば劉備玄徳、そしてその主人公の仇役であり、最大の悪役として描かれているのが曹操孟徳です。

 

しかし、正史『三国志』では、曹操は高く評価されており、一見歴史的な評価の元にあっては、彼が悪役扱いをされることは不当であるようにも思えます。

 

もちろん、『劉備が主人公だから、その敵である曹操は悪で当たり前』……と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、

三国志演義』という作品が成立した時代背景を読み解くと、その背景が見えてきます。

 

それには、日本人にも馴染みの深いある人物が大きく関わっていました。




王朝の考え方について

曹操018

 

正史『三国志』は晋の時代に成立したものです。

晋は司馬炎が魏の最後の皇帝である元帝から禅譲を受けて成立した王朝です。

 

古来、中国の思想に大きく影響を与えてきた儒教において、君主というものは神である天帝の命を受けてその地位に就いたものと考えられてきました。

つまり、王として即位したものはそれが天命であり、正統も不当もないことになります。




儒教では世襲ではない王位の交代は2種類あるよ

a76b0e8fecc83ff69cd37bf121a18df7_m

 

儒教では世襲ではない王位の交代を二種類に分けて規定しています。

 

 

ひとつは『禅譲』(ぜんじょう)。

5df8d2756c68ffa7a4057ec4c9a000c2_m

 

これは在位中の君主が、自分の代わりに天命を受けたされる徳の高い人物に、

平和的にその地位を譲り渡すことを意味し、もっとも理想的な王朝交代の形とされています。

 

 

もうひとつは『放伐』(ほうばつ)。

張良 貴族 復讐

 

これは在位中の君主が天命を失ったとみなした者が、武力を持ってその地位を奪うことを指しています。

 

漢から晋に至る王朝交代をさかのぼって見ると、晋は魏より禅譲を受け、その魏は漢から禅譲を受けて成立しています。

つまり漢から晋に至る王朝交代は本来儒教的には正統であり、かつ理想的なものであったわけです。

 

 

『三国志』が魏から禅譲を受けて成立した晋の立場を正統として成立している以上、

当然魏は漢から禅譲を受けてできた王朝なのですから、当然それを否定するいわれはありません。

 

事実、『三国志演義』が成立するより以前の時代にあっては、魏は正統な漢の後継王朝であるとされ、

曹操も正当な評価を受けていたのです。

 

それではなぜ、『三国志演義』において、曹操はあのような悪役として描かれることになったのでしょうか?

 

 

『三国志演義』成立の背景を調べてみた

劉備読書

 

小説『三国志演義』は、明の時代、羅貫中という人物が書いた小説ですが、元々彼のオリジナルというわけではなく、

明の前の時代、宋や元の時代に成立していた民間伝承、特に元の時代に刊行された

『全相三国志平話』をベースにしたことが知られています。

 

この『三国志平話』においては、すでに劉備を正統、曹操を悪とする作風ができあがっていました。

 

注目すべきは『全相三国志平話』が成立した時代背景です。

 

 

当時の時代はどうなってたの?

三国志 疑問点

 

宋から元の時代にかけ、中国の中心的な民族である漢民族は、北方の異民族の脅威にさらされていました。

 

宋の時代、北方の異民族であった女真族は宋の皇帝であった欽宗を拉致し、宋の北半分を征服して新たな王朝、『金』を成立させました。

 

しかし、金の急激な拡大政策はかえってその弱体化を招き、モンゴル民族によって南方に逃れていた宋王朝もろとも滅ぼされてしまいます。

モンゴル民族のよって成立した統一王朝は『元』と呼ばれました。

 

つまり、『三国志』の民間伝承が成立した時代、漢民族は異民族の支配を受ける状況にあったわけです。

この事が、後の『三国志演義』の作風に大きな影響を与えました。

 

 

 

漢民族は異民族の支配を受けていたのがきっかけ

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

『三国志演義』の主人公である劉備玄徳は漢王朝の末裔であるとされています。

すなわちそれは彼が正統な皇位継承権を持つ人物であることを意味します。

しかし劉備は、漢王朝には連なることのない人物、曹操の迫害を受け、辺境の地である蜀に追いやられてしまいます。

それでも、劉備は漢王朝の復興を為すため、自ら皇位に就いて魏の曹操と敵対し続けました。

 

『三国志演義』作中の劉備と曹操の関係を、そのベースとなった『三国志平話』が成立した時代背景に照らし合わすと、それが何を意味していたかが見えてきます。

 

すなわち、『三国志演義』に於ける劉備とは、本来中国の正統な支配者である漢民族を意味し、彼と敵対し迫害する曹操とは、漢民族を支配する異民族王朝、金と元のメタファーであったわけです。

 

 

念のためだけど三国志演義は正式な歴史書じゃないよ

許褚 三国正史 食べる

 

もちろん『三国志演義』も『三国志平話』も、正式な歴史書ではありません。

民間に伝わる講話や伝承をひとつにまとめあげたモノです。

自然と民衆受けする物語として成立したことは想像に難くありません。

しかし、それだけで曹操への『悪役』のイメージが確定してしまうものでしょうか?

 

実は、学問的な立場から、魏ではなく蜀こそが、漢王朝を継ぐ正統な王朝であった主張した人物がいました。

 

 

魏ではなく蜀こそが漢王朝を継ぐ正統な王朝だよ!

反董卓軍マニアック(雷銅 リョカ サマカ 周倉)

 

朱子学創始者による『蜀漢正統論』

三国志 蜀

 

 

南宋の時代、朱熹(しゅき)という学者がいました。

彼は中国古代の春秋戦国時代から続く儒教を再構成したことで評価される人物であり、その教えは『朱子学』として知られています。

 

朱子学は鎌倉時代に日本に伝来し、江戸幕府によって正学と定められ、

さらには幕末に於いて天皇を中心とする『尊王論』を生み出す母体となって明治維新にも大きな影響を与えました。

この朱子学を興した朱熹が主張したのが、劉備玄徳を正統とする『蜀漢正統論』です。

 

蜀こそが漢王朝を継ぐ正統な王朝と主張した理由

陸遜 劉備

 

朱熹は漢から魏への禅譲を時流には乗っていたかもしれないが、道義を踏まえたものではなかったと批判し、漢王朝の末裔とされた劉備玄徳こそが正統と主張したのです。

 

 

やがて朱子学が広まるにつれ、朱熹の『蜀漢正統論』も広く知られることになり、それが女真族やモンゴル民族に対する漢民族の憤懣と混ざり合って、『蜀=正統』、『魏=悪』という認識が民衆の間に定着していったことに、大きく影響したのは確かです。

 

 

もし、朱子学が漢民族が異民族の支配を受けていない時代に成立していたら、あるいは朱熹は『蜀漢正統論』を主張していなかった可能性も十分に考えられます。

(朱子学の元となった儒教では、禅譲は正統であり理想的な王朝交代であるわけですから)そうであったとするなら、私たちも今とは違った『三国志演義』を読むことになっていたかもしれません。

 

 

三国志演義を楽しみたかったら歴史背景を知るべし

吉川英治様表紙リスペクト

 

歴史背景を知ることで、『三国志演義』はもっと面白くなる。

 

もちろん『三国志演義』はあくまでも小説、つまりエンターテイメントです。

 

小難しい理屈は抜きで楽しんでも、まったく問題ありません。

 

ただ、歴史を題材とした『三国志演義』は、その歴史背景を知っておくことで、より奥深く面白いものになることも間違いないでしょう。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より




よく読まれている記事

関羽

 

よく読まれている記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

 

関連記事

  1. 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  2. 曹操&袁紹花嫁泥棒 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝
  3. 凌統 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版
  4. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  5. 泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  6. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  7. 孫策、陸遜、顧邵、他 孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!?
  8. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と機密保持
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 呂布VS劉備三兄弟
  4. 陸遜 剣と刀

おすすめ記事

  1. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  2. 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】
  3. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  4. 第20話:袁術くん「やりたいことをして生きていく」について袁紹から学ぶ【最終話】 美化された袁紹に羨む袁術
  5. 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  6. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖

三國志雑学

  1. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  2. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 旅 三国志

おすすめ記事

幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは?? 河上彦斎 河上彦斎はどんな人?るろうに剣心のモデルになった人斬り四天王 曹操が遺言で見せた女性への愛情 張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強? 曹丕 曹丕はけっこうグルメだった!?蜀の食文化にも食いつく! 陳寿(晋) 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP