はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての変

【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった




呂布 ナイスシュート

 

帰宅部だったkawausoには分からないのですが、中学、高校で部活などを行っている人は、1年の違いが大変な違いのようですね。

社会に出ても、どっこい、何年入社で立場に上下が出来たりします。

これは、何も現代日本ばかりではなく、劉備軍でも同じだったようです。




劉備(りゅうび)軍にも序列というものがあった

劉備 桃園

 

根なし草の傭兵集団だった劉備軍は、何となくアットホームで、

ワイワイガヤガヤ仲良くやっているというイメージがありますが、

そこはそれ、戦う集団ですので、序列というものが存在していました。

 

一応、上下関係を決めておかないと、何かの場合に誰が誰の命令に

従うのかで揉めますからね・・




劉備軍で一番官位が高いのは、張飛、縻竺、そして関羽

劉備 ゆるキャラ

 

最初は、官位というものが関係なく、その場の取り決めだった劉備軍ですが、

劉璋を降して益州を降して、州牧になると、次第に機構が整備されるようになり

劉備配下の武将達の地位が記録されるようになります。

 

張飛 参上

 

それによると、西暦214年頃、益州を降した頃の劉備軍において、

官位が高いのは張飛(ちょうひ)で征虜(せいりょ)将軍、官位は三品でした。

これと同列にあるのが、関羽(かんう)ではなく、縻竺(びじく)で

安漢(あんかん)将軍という階級で三品になります。

朝まで三国志 呂布 劉備

 

実は縻竺は、劉備が徐州牧だった頃からの家臣で、大地主の金持ちでもあり、

呂布(りょふ)に国を奪われた劉備の為に資金を出して軍を立てなおしたりしています。

劉備にとっては物心両面で頼った恩人でもあるのです。

 

関羽

 

そして、次が関羽(かんう)で盪冠(とうこう)将軍、官位は四品という事になります。

義兄の関羽張飛より1ランク下という事でヘソを曲げそうですが

間もなく関羽は荊州の軍事総督になりますので、大きな違いはないでしょう。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

 

次に来るのは孔明と思いきや・・

劉備 茶

 

では、次に来るのがいよいよ孔明と思いきや、次は劉備の不良学生時代からの

遊び友達の簡擁(かんよう)で、雑号の昭徳(しょうとく)将軍で四品、

さらに次が徐州時代からの部下で、孫乾で秉忠(へいちゅう)将軍になり、

こちらも雑号将軍で四品になります。

 

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

 

ここでようやく、諸葛亮(しょかつりょう)孔明登場・・

孔明

 

そして、次にやってくるのが軍師将軍の孔明(こうめい)で、こちらも雑号将軍で、

官位は五品、張飛や縻竺より2ランク下ですし、もちろん、関羽や、孫乾、簡擁よりも

下という階級になります。

 

劉備の大きな信頼を受けているとはいえ、その序列は新参故にかなり低く

孔明から見ると、「縻竺パイセン、関羽パイセン、張飛パイセン」だったのです。

三国志演義を見ていると、張飛や関羽より立場が上に見える孔明ですが、

体育会系の劉備軍では、孔明は、生意気と思われないように

かなり周囲に気をつかう必要があったと思われます。

 

簡擁パイセン、長椅子を一人占め事件

長椅子

 

そんな、劉備軍の体育会系のノリを体現しているのが劉備の不良学生時代からの

友達だった簡擁でした。

当人が、元ヤンキーの性質が抜けない、おおらかながらも傲慢な性格だった事も

あるのですが、自分より官位が下の孔明を見下す所がありました。

 

或る時の事です、荊州組である孔明一行が仕事を終えて休憩しようと、

長椅子のある場所で休もうとやってくると、そこで簡擁が友達と

馬鹿話をしながら寝転がり、長椅子を一人占めしていました。

 

本来なら、仕事をして疲れている孔明一行にだって長椅子に座る権利があります。

しかし、簡擁は横目で孔明を見ながら、少しも動こうとはせず、友達と話を続けていたのです。

 

孔明も孔明で

「簡擁パイセン、疲れたんで、ちょっと長椅子使わせてもらっていいすか?」

 

位は、言えばいいんですが、そこは体育会系の劉備軍、、孔明は何も言えず、

すごすごと、その場を後にしたそうです。

天才軍師に手も足も出させない、劉備軍のパイセンパワー、、

いつの時代も、年長とか先輩というのは、動かせないオーラがありますねェ。

 

 

三国志ライター kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

簡擁パイセンの理不尽な長椅子一人占めに遭遇した下っ端孔明も、

劉備が死去する頃までには、丞相にまで昇り詰めて、周囲は部下と

同僚ばかりになってくのですが、荊州の片田舎で長らくニートをしていた

孔明には、劉備軍の体育会系のノリはどう映ったのでしょうか?

同じく長いニート歴を持つ、kawasuoが思うには、相当ウザかったと思います。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  2. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切…
  3. 幕末 魏呉蜀 書物 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの…
  4. 劉備にアドバイスをする法正 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ…
  5. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  6. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  7. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  8. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操は関羽をGET
  2. 吉川英治様表紙リスペクト
  3. 抜き出た曹操
  4. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 呉の孫権
  6. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

  1. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  2. 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る 玉乗りをしている阿部正弘
  3. 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 沙摩柯
  4. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  5. 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る 真田丸 武田信玄
  6. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?

三國志雑学

  1. 魯粛
  2. 于禁と曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 耶律阿保機
  2. 孔融と禰衡

おすすめ記事

122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 何進 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る 呂壱と孫権 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 羊コ 羊祜 魏と晋 三国時代から西晋時代を駆け抜けた羊祜の魅力とは 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP