三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編

この記事の所要時間: 313




 

三个臭皮匠,赛过诸葛亮(三人のしがない靴屋が諸葛亮(しょかつりょう)に勝つ)

――三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵。

 

中国には三国志の登場人物にちなんだことわざがたくさんあります。

ことわざを見ていくと、その人物がどういうイメージで

とらえられているか見えてきて、面白いですよ!

本日は三国志の蜀(しょく)建国の功臣、スーパー軍師の

諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)編。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編




諸葛亮の賢さに注目したことわざ

 

诸葛亮的鹅毛扇(諸葛亮の羽扇)――奥深く計り知れないというたとえ。

 

諸葛亮の肖像画や像などでいつも手に持っているイメージのある羽扇。

わけわかんない扇を持ってるわけわかんない人、ということで、

羽扇が計り知れない知謀を象徴するアイテムとなっているようです。

こんな感じで使えばいいんでしょうかね↓

「三年寝太郎さんは、どうして寝てばかりいるんだろう。」

「さあ……。もしかすると《諸葛亮の羽扇》かもしれないよ。」

 

孔明弹琴退仲达(孔明が琴を弾いて仲達を撃退する)

――危機に臨んでも動揺しないことのたとえ

 

三国志演義の中で、諸葛亮が無防備な城で司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)の

大軍を迎えなければならなかった際、まともに戦っても負けるからあえて

城門を開け放って兵士にも落ち着き払って門前の掃き掃除なんかをさせて、

諸葛亮は余裕ぶっちぎった態度で城頭で琴を弾いて司馬懿の軍が来るのを待ち、

疑心暗鬼になった司馬懿が城には攻め込まず撤退したという

エピソードにちなんだことわざ。

どんな時に使うんでしょうね。例えば麻雀をやっている時に、

この牌を切るしかないが振り込んでしまうかもしれん……

しかし素知らぬ顔で切れば気付かれぬかもしれん……

ここは《孔明が琴を弾いて仲達を撃退する》だ……みたいな?




諸葛亮のずる賢さ(?)に注目したことわざ

 

诸葛亮借箭(諸葛亮が矢を借りる)――借りっぱなしで返さないこと。

 

三国志演義で、諸葛亮がわらで作った等身大の人形を船にたくさん立てておいて、

濃霧の晩に敵前をその船で行ったり来たりして、敵襲だと思った敵軍から

矢が大量に放たれるのをわら人形にいっぱい受けておいて、矢を大量に

ゲットしてホクホクしながら帰還したというエピソードにちなんだことわざ。

矢を貰ってしまっているのですが、三国志演義のその回のタイトルが

「用奇謀孔明借箭(奇謀を用いて孔明箭(や)を借りる)」となっているので

そんなことわざができたんでしょうね。

このことわざの使い方はおそらく、

ジャイアン「この漫画は俺様が借りてやるから感謝しろ」

スネ夫「ひどいよ。ジャイアンそんなこと言っていつも《諸葛亮が矢を借りる》じゃない」

 

诸葛亮吊孝(諸葛亮の弔問)――見せかけだけで真心がないこと。

 

三国志演義の中で、手強いライバルだった周瑜(しゅうゆ)が亡くなって

内心では喜んでいそうな諸葛亮が、お葬式では大泣きして周瑜の死を

悼んでいる姿がとてつもなく嘘っぽいことからできたことわざ。

このことわざをどういう時に使うのかと考えていたら、

なんとなく「3年目の浮気」という歌謡曲の歌詞を思い出しました。

平謝りされても、どうなんだか……その謝罪は《諸葛亮の弔問》なんじゃないかしら……。

 

诸葛亮当军师(諸葛亮が軍師になる)

――名目上は副だが実質はトップであることのたとえ。

 

諸葛亮が劉備(りゅうび)の軍師になって以来、自分の立てた戦略に

のっとって劉備を思うがままに動かしてきたようなイメージがあるんでしょうかね。

三国志演義の中には劉備に策を取り上げてもらえなくてガッカリしてるような

シーンもけっこうありますが……。劉備の息子の代になって宰相として

独裁体制を敷いたことまで込みでできあがってるイメージかもしれません。

このことわざの使い方としては、誰かを矢面に立たせて自分は安全な

ポジションから事態を思うがままに操ってやろう、なんてたくらんでる

人の頭の中のせりふですかね。フフフ……《諸葛亮が軍師になる》さ……。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

諸葛亮に関しては、めっちゃ賢いというイメージと、

賢いけどずるい時もあるというイメージがあるんですね。

さて、曹操張飛、諸葛亮と三回にわたって書いてきましたことわざシリーズですが、

実はこれ、「歇后語」といいまして、前の句と後の句が一セットになった言葉遊びです。

「諸葛亮の弔問とかけまして、○○と解きます。その心は、

見せかけだけで真心がない」というようなノリです。

「○○と解きます」の部分がないから、とんち要素はありませんが、

三国志キャラのイメージを使って他のことをたとえるというのは

よくできた言葉遊びですよね。

そういうものが確立するほど三国志の登場人物たちが愛されているという、ご紹介でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

関連記事:関連記事:ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  2. 呂布の裏切りについて考察してみた
  3. 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!
  4. 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!
  5. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  6. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  7. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  8. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  2. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!
  3. 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?
  4. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう
  5. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?
  6. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった! 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪! うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……! 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!

おすすめ記事

  1. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  2. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  4. 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定
  5. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  6. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄
  7. 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始
  8. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP