英雄の死因
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?

怒る曹操





 

魏の武帝として知られ、三国志の中でトップクラスの才能を持った曹操(そうそう)

しかし青年期の曹操は花嫁を盗んだり、気に入らない叔父を騙したりと

とんでもない悪ガキでした。

そして曹操は成人になり就職することになりますが、

自分の名前を売り出すため、就職先でもとんでもないことをやらかしているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術

関連記事:曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア

 




 

洛陽北部尉に任命される

 

曹操司馬懿(しばい)のパパ司馬防(しばぼう)の推挙を受けて、

洛陽北部尉(らくようほくぶい)に任命されます。

若い頃から曹操と司馬家には縁があり、

後年司馬家が魏王朝を乗っ取ることを考えると因縁のような物を感じませんか。

こうして曹操は就職することになりますが、

曹操が就職した官職はどんな物なのでしょうか。




 

洛陽北部尉とは一体どんな官職!?

 

曹操が任命された洛陽北部尉とはどんな役職なのでしょう。

洛陽北部尉は役職名ではなく、後漢王朝の首都・洛陽の北側の尉です。

尉は軍事・刑事を司る役職。

そして後漢王朝時代には洛陽に東西南北四つの尉が存在していました。

曹操はこの洛陽の北側の尉に任命されたという事なんです。

ざっくりと洛陽北部尉の役職がわかったと思います。

さて曹操は洛陽北部尉に任命されると早速仕事を開始。

 

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

門を改修して立札を立てる

 

曹操は洛陽北部尉の現場に到着すると早速門を改修し、

棍棒を作って立札を立てさせます。

曹操は立札に「禁令を犯してこの門を通った奴はどんなに偉い奴でも撲殺するぜ」と書きます。

こうして曹操は禁令を犯した者がどのようになるのかを書き記し、

注意喚起を促すのでした。

しかし曹操の注意喚起の文章を無視して、

禁令を犯そうとするとんでもない奴が登場します。

 

権力者を撲殺

 

宦官の中でも権力者として知られる蹇碩(けんせき)。

この蹇碩の叔父は曹操の事を知らないで夜間外出して、

曹操が改修した門をくぐって帰ろうとします。

しかし曹操の部下に引っ捕えられ、曹操の命令で棍棒を打ち付けられ、

殴り殺されてしまいます。

 

この結果、曹操の禁令に逆らう者は一切いなくなり、

しっかりとした秩序が洛陽北部に出来上がることになります。

でも普通の人であれば曹操のような行動に出ることはまずできないでしょう。

それは権力者に楯突いたら復讐される可能性があり、

例え復讐されなくても仕事をクビになるかも知れないからです。

どうして曹操はこのような暴挙とも言える行動に出たのでしょうか。

 

曹操が権力者を打ち殺した理由その1:自分の名前を売り出すため

 

曹操が権力者として知られる蹇碩の叔父を殺害した理由その1としては、

自らの名前を売り出すためだと考えられるでしょう。

一つこの考えを支える根拠があります。

それは曹操が書いた述志令と言う文書に残っています。

 

曹操はこの述志令で洛陽北部尉時代の事を振り返って

「私は当時名前が知られていないただの若造だった。

だから私はそれなりの官職に就いてからみんなをあっと言わせて、

曹操こんなにできるんだぞ!!ってアピールしたかったんだ」

これらのような事が書かれております。

 

曹操が権力者・蹇碩の叔父を撃ち殺した理由として、

みんなをアッと言わせて自分(曹操)ができる奴だぜって所をアピールし、

名前を売り出したと考えることが出来るのではないのでしょうか。

 

曹操が権力者を打ち殺した理由その2:法律を遵守するため

 

曹操が洛陽北部尉時代に権力者を打ち殺した理由その2として、

法律を遵守させるためだったのではないのでしょうか。

阿Q正伝の作者・魯迅(ろじん)は曹操の特徴として

「法律」と「規律」を厳正に守る所に特色があると言っています。

 

曹操は後年三国一の国土を有したとき、しっかりと法律と規律を順守させ、

家臣や戦の指揮をしてきました。

これらを考えると曹操が洛陽北部尉時代に権力者でも法律に逆らえば、

このように厳罰を持って接すると民衆や権力者にアピールしたと

言えるのではないのでしょうか。

レンは上記二つの理由から曹操が権力者・蹇碩の叔父さんを打ち殺した理由として

考えるのですが、皆様は曹操がどうして蹇碩の叔父さんを撃ち殺したと思いますか。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンは曹操が蹇碩の叔父さんを打ち殺したのは以上の事が理由だと考えます。

あくまでも上記はレンの予想ですので、

果たして合っているのかは曹操さま自身に問うてみないと始まりません。

しかし一つ言えるのは曹操が若い頃から権力者に阿ることをしない人物だったと

言えるでしょう。

 

参考文献 富山房インターナショナル 三国志素顔の英雄達 易中天著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

関連記事:[ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  2. 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  3. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  4. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介
  5. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  6. 黄蓋 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  7. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  8. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 皇帝になった徳川慶喜
  2. 気球 三国志
  3. 立花宗茂
  4. 孫皓と張俊

おすすめ記事

  1. 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!!
  2. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  3. 第7話:袁術くん「アファメーション」で願いを叶える方法を学ぶ
  4. キングダム579話ネタバレ予想vol2李牧は王翦の包囲殲滅に敗れる
  5. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!
  6. 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった? 関羽を油断させる陸遜

三國志雑学

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 後悔する孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)
  2. 曹仁
  3. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん

おすすめ記事

【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編 李元昊 李元昊とはどんな人?西夏の初代皇帝にして同王朝随一の名君を紹介 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 劉備孔明と出会う? 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!? 甘寧と凌統 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP