三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)

この記事の所要時間: 330





 

2月3日は節分。豆まきの日ですね。立春の前日に、邪気を払うために豆をまきます。

これのルーツは日本の平安時代から行われている宮中行事「追儺(ついな)」で、

大晦日に行う鬼やらいの儀式でした。

そのまたさらにルーツは古代中国の祭日「臘日(ろうじつ)」です。

※節分の日付は年によってずれることがあります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争

関連記事:クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?

 




 

臘日(ろうじつ)は中国で古くからあった冬の祭日

 

臘(ろう)という行事は、遅くとも春秋時代(しゅんじゅうじだい。紀元前770年~

紀元前403年)早期にはあったそうです。秦(しん)の恵文王(けいぶんおう)の

十二年(紀元前327年)に祭日として規定されました。

 

三国時代の前の漢(かん)の時代には、臘日(ろうじつ)は冬至のあとの三回目の

戌(いぬ)の日と決められていました。旧暦の十二月下旬頃になります。

日本の宮中行事の追儺(ついな)は大晦日でしたが、そのルーツの臘日は

べつに大晦日ってわけじゃなかったんですね。




 

漢(かん)代の臘日の宮中行事

(画:追儺 Wikipedia)

 

臘日は邪気を払い先祖を祀る日です。

朝廷では臘日の前日に邪気を払う儀式「大儺」が行われます。

中黄門(ちゅうこうもん)の子弟のうち10歳~12歳の少年120人が

侲子(しんし。お稚児さんみたいなもの)となり、

赤い頭巾と黒い服を身につけて鼗(とう:でんでん太鼓みたいなもの)を持ちます。

 

中黄門冗従僕射(じょうじゅうぼくや)が、

方相氏(ほうそうし:おっかない格好をした陰陽師みたいなもの)や

十二神獣の扮装をして少年達を率い、躍りながら大声で邪鬼を追う言葉(鬼は外、みたいな?)を

言って回り、宮中の邪鬼(魑魅魍魎(ちみもうりょう)、悪夢や不祥の類)を追いたて、

炬火(たいまつ)を持ち端門(たんもん:宮殿の正門)の外に追い払います。

 

端門の外にも火を持った係が待ち構えており、

最終的には首都洛陽(らくよう)の外を流れる河

洛水(らくすい)に邪鬼を追い落とします。

 

役所では鬼退治ができる神獣のお面を作り、

門に桃梗(とうこう:ここでは桃の木でできた札のこと)を立てます。

桃梗には鬼門を守る神仙である鬱儡(うつるい)が

手に葦索(あしなわ)を持っている姿を描き、門の上には虎の絵を描きます

(鬱儡は邪鬼を葦縄で縛って虎に食べさせて退治したことから)。

 

鬼やらい終了後、公卿、諸侯、将軍らには魔除けの葦戟(いげき)と

桃杖(とうじょう)が下賜されます。

 

 

転職活動に役立つ特集記事

 

民間での臘日の過ごし方

 

臘日は一家団欒の日で、外遊中の人も家に帰って過ごします。

いい服を着てごちそうを用意し、一族の年長者に酒を勧めながらお祝いの言葉を言い、

宴会をして一年の労をねぎらいます。家での宴会のあとは、主君や師に挨拶回りをします。

 

漢代中頃までは非常に重要な祭日とみなされており、戦時にもちゃんとやりました。

前漢と後漢の間の新(しん)の頃に起こった赤眉(せきび)の乱の赤眉軍が長安に

入城したという混乱の最中にも、赤眉軍は臘日に音楽を奏で宴会を開いています。

後漢の虞延(ぐえん)が細陽県(さいようけん)の長官だった時には、

服役中の刑徒を臘日に一時帰宅させています。

 

臘日とお正月

 

漢の時代には盛んだった臘日ですが、

三国志の頃になると元旦のほうが重視されるようになってきました。

やがて年末年始行事としてひとくくりに見なされるようになり、

今では臘日を祝う習慣が残っている地域はわずかで、

ほとんどの地域では臘日の行事は旧正月である春節に吸収されています。

 

鬼やらいをしてから一家団欒という過ごし方は、

いにしえの臘日と現代の春節とで共通していますね。

臘日の鬼やらいは太鼓でしたが、春節では爆竹です。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

『続漢書』には、臘日の鬼やらいの時に桃弧(とうこ:桃の木でできた弓)で棘矢

(きょくし:茨の木でできた矢)を射ながら土鼓を叩くとあり、また、赤丸と五穀を撒く

とあります。穀物を撒くという行為は、日本の節分に似ていますね。

 

桃に魔除け効果があるという話は日本では広がっていませんが、鬼退治をする

桃太郎が桃から生まれたというところには、桃の魔除け効果の名残があります。

 

桃太郎の話は、学生時代に先生に聞いていたのを何年間もすっかり忘れていたの

ですが、ついこの間パチンコ屋の前で「CR 桃剣斬鬼」の宣伝を見てハッと思い出しました。

桃剣斬鬼か……なるほど。たしかに。鬼を退治するのは桃じゃなくっちゃね。

と納得した次第。

 

参考文献:『中国风俗通史 秦汉卷』 彭卫 杨振红 著

上海文艺出版社 2002年3月

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!

関連記事:獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官がかぶったイカす冠

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?…
  2. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  3. 三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる!
  4. ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…
  5. 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  6. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  7. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  8. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル

おすすめ記事

  1. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  2. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  3. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】
  5. 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの?
  6. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

三國志雑学

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の忠臣・徐宣(じょせん)
  2. 韓浩(かんこう)は曹操が手元に置いておきたかった男

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい! 【あわれ趙雲】桃園義兄弟に入れないやむを得ない事情とは? 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは? 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 鎌倉時代の侍 アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? なぜ孫権は暴君と化してしまったのか?

おすすめ記事

  1. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  2. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?
  3. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!
  4. 勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!
  5. 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!
  6. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  7. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP