ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

はじめての変

王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 

王莽


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

冒頓単于と劉邦

 

三国時代以前、中国全土を統一支配していたのは『漢』という王朝でした。

トータルすると400年の長きにわたって中国を支配した漢ですが、その途中、わずか15年の間だけ、漢王朝の帝位を簒奪(さんだつ)し、

中国全土を支配した王朝が存在しました。

 

漢王朝と光武帝

 

その名を『新』といいます。

(新以前の漢を『前漢』、新以後の漢を『後漢』と呼びます)

 

中国史上初となる、帝位簒奪を行った人物。

それが王莽(おうもう)です。


簒奪って何?

李カク、献帝

 

簒奪(さんだつ)とは、本来君主の地位の継承資格が無い者が、君主の地位を奪取すること。あるいは継承資格の優先順位の低い者が、より高い者から君主の地位を奪取する事。


王莽とは?

王莽

 

果たして、王莽とはどのような人物であったのでしょうか。

また、彼が興した『新』の王朝は、なぜこれほど短命に終わったのでしょうか?


王莽の青年時代

宦官VS外威 三国志

 

皇帝の外戚でありながら貧しい青年時代を過ごした王莽皇帝や王の母親や妃の一族のことを外戚(がいせき)と呼びます。

 

伯母が皇后であった王莽も、皇帝の外戚に当たります。

しかし、彼の伯父たちが朝廷から高い地位を与えられたのに対し、王莽はその父や兄が早くに死んだことから地位を与えられず、貧しい環境で育ちました。

 

若き日の王莽は慎み深く、質素な身なりをしていました。

勉学に勤しみ儒学を深く学び、母親や兄嫁に孝行を尽くしたといいます。


王莽の人生に転機

病気で床につく夏侯尚

 

王莽の人生に転機が訪れたのは、彼が壮年期を迎えた頃でした。

王莽の伯父であり大将軍を努めていた王鳳(おうほう)が病に倒れると、王莽は甲斐甲斐しくその看病を続けました。

王莽の孝行ぶりに感心した王鳳は当時帝位にあった成帝(せいてい)に彼を推挙。それをきっかけとして王莽は出世の道を歩むことになります。

 

王莽の野望

簒奪する王莽

 

皇帝を殺害し、新たに即位した帝を傀儡化、そして簒奪。

 

ついに『三公』(さんこう)と呼ばれる朝廷で最も位の高い3つの役職のひとつである大司馬(だいしば)にまで上り詰めた王莽は、その権力を私利私欲のために奮います。

 

成帝が崩御した後に即位した哀帝(あいてい)によって一度はその地位を追われますが、哀帝を殺害。新たに平帝(へいてい)を擁立して大司馬の地位に復帰します。更に彼が擁立した平帝が崩御すると、今度は自らが『仮皇帝』を自称、朝廷の権力を掌握します。

 

劉邦

 

王莽は漢王朝を創った高祖、劉邦(りゅうほう)が記したとされる書物を偽作し、そこに自分が皇帝となる根拠が記されているとして、皇太子に禅譲を迫ります。そしてついに、王莽は皇帝の地位を簒奪し、新たに『新』(しん)という国を興しました。

 

新はどんな国?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

懐古主義的な政治を理想とした王莽

 

若き日の王莽は儒学思想を熱心に学んでいました。

その影響なのか、彼は自分が生きている時代よりも1000年も昔に栄えた『周』(しゅう)の政治を理想としていました。

宮廷に多くの儒学者たちを招き入れ、周の時代の政治を研究しそれに倣った政策を取ります。

彼が帝位簒奪に利用した偽書も、彼自身が儒学に精通していたからこそ、作り得たものであると言えるでしょう。」

 

失脚する王莽

 

しかし、彼の取った政策の多くは時代錯誤なもので、国は混乱し、財政も逼迫してしまいます。

各所で反乱が続発し、王莽が派遣した討伐軍も大敗。結局王莽は反乱軍が首都長安に入城した混乱の中で殺害されてしまいます。

 

 

学校の語源

 

 

初の『簒奪者』が遺した意外な“名称”

中国史上、初めて帝位を簒奪したということから、王莽は後世の学者たちから政治指導者としてのみならず、

その人格すべてを否定するような、厳しい批判を受けています。

 

三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)

 

そんな王莽が、現代の日本で日常的に使われる、ある単語を創ったとする説があります。

王莽は儒学を学ぶための学び舎を各地に設けましたが、その施設は「学」、あるいは「校」と呼ばていました。

この「学」と「校」が、日本語の「学校」の語源であるというのが有力な仮説とされているのです。

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 劉邦と簫何 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  2. 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれで…
  3. 曹操 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  4. 土いじりをする劉備 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がな…
  5. 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  6. 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  7. 田中角栄 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?
  8. 烏桓族 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 晋の陳寿
  3. 過労死する諸葛孔明
  4. 問題を解決する楊脩
  5. 皇帝になることを決意する孫権
  6. 于禁と兵士
  7. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  8. 苛ついている曹操

おすすめ記事

  1. 【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 徐盛(じょせい)呉の将軍
  2. キングダム601話休載スペシャルvol2「王賁vs堯雲はどうなる?」 キングダム54巻amazon
  3. キングダム588話休載スペシャル「王賁の治療リアルにはどうだった?」 キングダム53巻
  4. 徐晃の戦績ご覧あれ!派手な活躍ほぼ無し!だけど、ミス無くこなす徐晃 馬に乗って戦う徐晃
  5. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌
  6. 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します!

三國志雑学

  1. 赤兎馬にまたがる呂布
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 魏延の謀反を察する孫権


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 李広利
  3. 耶律阿保機
  4. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  5. 董卓と呂布
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

殷の大様 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!? 黄忠 厳顔 張郃 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな! 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは 法正と劉備 【笑林】食文化の違いネタで呉の人のコンプレックスが分かる! 曹操 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 荀彧 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部 陸遜 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP