ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

不思議な巨石遺跡群「ストーンヘンジ」ご存知でしょうか。

名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

どうやったら直立出来たのかと思うほどの巨大な石が円計に並んで、

その巨石たちを土塁が並んでいる人類先史時代の遺跡です。

一体「ストーンヘンジ」とは何のために作られたのでしょう。

その目的はなんだったのでしょうか。

もしかして人類ではない宇宙人の…… その想像は果てしなく広がっていきます。

現在、「ストーンヘンジ」はイギリスで大切に保護され、世界遺産となっています。

今回はこの先史時代の不思議な遺跡「ストーンヘンジ」の秘密に迫ってみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)


ストーンヘンジ(stonehenge)の謎

 

そもそも、「ストーンヘンジ」を作るときに、巨大な石をどうやって直立させたのでしょう。

平均で4トン以上あると言われる巨石です。

そして、なんの誰が何のために、

いったいどんな目的で「ストーンヘンジ」を作り上げたのでしょうか。

見る者を圧倒するかのような巨石群はまず、どこから持ってきたのでしょう。

周囲にはそんな石を切り出す場所など見当たりません。

一説では「ストーンヘンジ」から250キロメートル以上離れた場所から

運ばれたものであるとされています。

「ストーンヘンジ」は、最初のころはイギリスの神話に登場する

円卓の騎士の魔法使いマリーンが巨人を使って作った物だと言われたのです。

しかし、今では科学的な研究が進み、巨石の運搬方法には様々な合理的な説が提唱されています。

石の運搬方法も、まだ謎に包まれています。しかしそれを検証する実験は行われています。

石は丸太と縄だけで運ばれたのか?

そのことが可能かどうかの実験が2001年に行われました。

しかし、先史時代の船では巨石を運ぶことができないのです。

溝の中にボールを並べるレールで運んだのではないかという説もあります。

しかし、そのような証拠となる遺跡はありません。

これを人間の手だけで運んだ場合、延べ数100万人時になるだろうと試算されているのです。

今のところ、これだという決め手となる説はない状況です。


ストーンヘンジの場所とアクセスと入場料

 

「ストーンヘンジ」はイギリス南部の駅・ソールズベリーから北西に

約13キロメートル離れた場所に位置します。

ソールズベリーはイギリスの首都・ロンドンから約200キロメートル離れています。

電車で行けば、およそ1時間半はかかるでしょう。

遺跡群へまではバスで向かいます。まずストーンヘンジ・ビジターセンターにバスは到着。

ここからストーンヘンジまではシャトルバスが運行されています。

かつては、ストーンヘンジ周辺にも駐車場がありました。

しかし今では車でも「ストーンヘンジ・ビジターセンター」で

駐車しそこからバスで向かうことになっています。

世界遺産でもあり、その知名度の高い「ストーンヘンジ」を訪れる人は多く、

特に休日はネットによる事前予約が必要となるでしょう。

確実を期すならば、ロンドンからの日帰りツアーに申し込むのがいいのではないでしょうか。

入場料は季節により異なりますが、大人が17.5ポンド、19.5ポンド、

15歳から5歳の子どもが10.5ポンド、11.70ポンド、高齢者、学生は15.80ポンド、17.60ポンドです。

その他に家族用のチケットが45.50ポンド、50.70なっています。


ストーンヘンジの円形の理由

(絵:ストーンヘンジの平面図 wikipedia

 

「ストーンヘンジ」は、何のため、このような巨大な石を円形に並べた構造となったのでしょうか。

その作られた目的はなんでしょうか。

「ストーンヘンジ」は砂岩の一種であるサーセンストーンと

玄武岩の一種であるブルーストーンが円周上に配置されています。

「ストーンヘンジ」の構造を見ていきますとまず外側には、

直径110メートルの土塁があります。

その中に30メートルの直径でサーセンストーンが円形に配置されています。

直立した巨石の上には横石が載せられ、円形を描いているのです。

縦と横の石は凹凸により組み合わされています。

そして横石は溝によりつながり円形となっています。

この内側に巨大な石の門か祭壇のように「Π」の形でブルーストーンが積み上げられています。

単純に「円形」といってもかなり複雑な形をしています。

このことから「ストーンヘンジ」は、太陽や星の運行と関係するのではないかいうことで調べらました。

その結果「ストーンヘンジ」の中には、太陽の運行や月の運行を示す証拠も見つかっており、

天体観測や宇宙や星を崇拝するような

宗教的な儀式のためこのような円形になっているのではないかという説が有力となってきています。


  

 

ストーンヘンジは誰が作ったのか

 

この先史時代の巨石の遺跡「ストーンヘンジ」は誰が作ったでしょうか。

遺跡が作られたのは紀元前3000年頃と推定されています。

このころのブリテン島にいたのは、ウィンドミル・ヒル人です。

また、「ストーンヘンジ」の他に周囲には140以上に及ぶ、巨石サークルの遺跡があります。

この点から、スコットランドの先住民族であるピクト人の手によって

作られたのではないかという説もありますが、

現在まで決定的な説はなく、いまだに「誰が作ったのか?」に関しては明確な答えが無いのが現実です。

 

ストーンヘンジの目的と何のために作られたのか

(絵:ストーンヘンジ wikipedia

 

「ストーンヘンジ」が作られた目的、何のために作られたのかも諸説あります。

夏至の時期の太陽の位置と、

ストーンヘンジから東へ42度の位置にヒールストーンという石が配置されています。

夏至の日の日の出がこのヒールストーンに影を作るとその先は、ストーンヘンジの中心へとくるのです。

これは当然計算され作られたものでしょう。

その点から、「ストーンヘンジ」には天体観測説、天空に対する崇拝・宗教施設であるとする説。

そして、宇宙人が目印のために作ったのだという説もあります。

現在でも決め手となる説はありません。

 

ストーンヘンジと宇宙人

 

さて、「ストーンヘンジ」を訪れた人はその荘厳な光景に、

「ストーンヘンジ」」が人の手で作られたものであろうか、という思いを抱くことが多いそうです。

確かに、石の運搬方法や、誰が作ったのかなどの謎の多い遺跡です。

そして、明らかに星の運行や太陽、月の運行を意識して配置された石が存在します。

更に、歴史的にイギリス軍が「ストーンヘンジ」の維持管理に関わってきたこと、

現在も軍事基地が近くにあり、100年以上も軍によりその周囲は守られているという事実もあります。

アメリカの有名な宇宙人に関する施設と噂される「エリア51」とよく似ていますね。

そんなところからストーンヘンジも宇宙人により建設され、

軍によりその秘密が隠匿されているという説もあります。

果たして本当に宇宙人が観測目的で作ったのか?

「ストーンヘンジ」を作るのに宇宙人が関わったのかは分かりません。

しかし、その周囲にミステリアスな状況があるのは確かなようです。

 

ストーンヘンジとブルーストーン

(絵:ストーンヘンジ wikipedia

 

「ストーンヘンジ」は、その中止部分がブルーストーンという玄武岩の一種を

「Π」に積み上げた形となっています。

このブルーストーンという玄武岩は250キロ以上の遠方から

運ばれてきたのではないかという説もあります。

その巨石は平均で4トンあるといわれます。

このブルーストーンが、「ストーンヘンジ」が作られた目的について新たな説を生み出しています。

ブルーストーンには病気やけがを治す力があるという信仰があり、

そのエネルギーを利用するために「ストーンヘンジ」が作られたとするものです。

石に不思議な力が宿っているという考え方は世界中にあります。

今でも自然石には霊的な力が宿るとして「パワーストーン」が人気になっています。

そのような現代にもある考えに通じる思いに突き動かされ、

「ストーンヘンジ」は作られたのではないかという説もあるのです。

「ストーンヘンジ」で使われたブルーストーンには

「神秘的な力」があるとして販売も行っているところがあり入手もできるようです。

 

ストーンヘンジで夏至の祭り

(絵:ヨーロッパの夏至祭 wikipedia)

 

「ストーンヘンジ」では夏至にお祭りがおこなわれます。

この地域の夏至の日、「ストーンヘンジ」では

中心にあるブルーストーンを積み上げた祭壇のような構造をした部分に、

太陽が重なって上ってくるのです。

夏至となる6月20日前後には毎年、

「ストーンヘンジ」に万単位の人が集まり、夏至の祭りがおこなわれます。

夏至の祭りの日は普段触ることにできない石にも触ることができることから、多くの人が集まります。

しかし、酔っぱらって暴れる人や大騒ぎする人も多くなり、

最近はアルコールの持ち込みを禁止するなどの対応を行っています。

世界遺産である「ストーンヘンジ」を傷つける人もいましたので、これも仕方ない措置でしょうね。

 

世界遺産ストーンヘンジのまとめ

 

「ストーンヘンジ」を古代人が作ったにせよ、

その思い、視線はやはり宇宙に向いていたことは確かでしょう。

世界中に存在する巨大遺跡群が、星や太陽の動きに密接に関係しているように

「ストーンヘンジ」もまた、宇宙とつながった遺跡なのです。

「ストーンヘンジ」に配置された巨石が指し示す星の運行は極めて

正確な観測に基づくものであることが分かってきました。

古代の人たちは、何を思い、巨大な石を積み上げ宇宙の星々を見上げたのでしょうか。

何のために、ここまで精密で、巨大な遺跡を造る必要があったのでようか?

それはまだ、歴史の大きなミステリーとして私たちの前に残っているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—


 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  2. 袁術 伝説 ゆるキャラ 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  3. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  4. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  5. 毛沢東(もうたくとう) 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  6. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  7. ホウ徳、馬超 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可…
  8. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 剣を持って戦う徐庶
  2. kawauso
  3. 幕末 帝国議会
  4. 怒る孔明
  5. 曹仁
  6. 周瑜はナルシスト
  7. 陳寿 三国志
  8. 孫権と張昭
  9. 曹仁
  10. キングダム

おすすめ記事

  1. 夏侯淵(かこうえん)はどうして地味なの? 魏の夏侯淵
  2. 弱きを助け強きを挫く!異民族をも信服させた黄蓋の魅力とは 黄蓋
  3. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)
  4. 【岩瀬忠震の外交交渉】ハリスと日米修好通商条約の交渉人 岩瀬忠震
  5. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  6. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)

三國志雑学

  1. 庶民、村人の家
  2. 宣誓文を読み上げる藏洪
  3. 曹操の頭痛の原因は関羽?
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 英雄曹操とナポレオンを比較


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術と呂布
  2. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  3. 孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預
  4. 魯粛
  5. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

北伐を結構する孔明 【諸葛亮の第1次北伐】諸葛亮必勝法と敗因とは? 呂布VS劉備三兄弟 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 平野国臣 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは? 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記(鎌倉時代)の登場人物は何を食べていた? 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 北条早雲 北条早雲、漫画「新九郎奔る」の主人公はどんな武将だったの? 孔明 三国志の英雄が未来の人間からパクるという怪現象 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP