いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】




石川克世

 

さてさて、『赤兎馬=カバ説』を追求している

我ら「はじさんミステリー調査班(HMR)」ですが、

なんと今回、その仮説を裏付ける証拠となる情報を入手しました!!

 

果たして『赤兎馬=カバ説』は事実だったのか?

今、ここにその真相が明かされます!!

 

……そんな調査なんてしてたか? と思われた方は

そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)』をご参照ください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:「2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?」

 

 

カバが家畜化されない理由とは?

カバが家畜化されない理由

 

本題に入る前に、現代においてなぜ、

『家畜化されたカバ』を見ることがないのか、

その理由を考えてみましょう。

 

家畜とは、何らかの仕事に使役するために

飼育されている動物のことです。

食用としての飼育や愛玩目的で飼育するペット

研究や保護目的で飼育される動物園などの動物、

見世物として少数で飼育される動物などとは

明確に区別されます。

 

人類が歴史上、家畜化した大型哺乳類はわずかに14種類しかありません。

 

牛・馬・羊・ヤギ・ロバ・ラマ・トナカイ

ヒトコブラクダ・フタコブラクダ・水牛・ヤク・ガヤル・バリ牛

 

そもそも、動物を家畜化するためには、いくつかの条件を

クリアする必要があります。

 

(1)エサのコストが安いこと。

(2)飼育・繁殖させやすいこと。

 

(3)性格が穏やかで扱いやすいこと

(4)群れを作る習性があること

 

カバが家畜化できない最大の理由は(3)、つまり気質の問題です。

 

 

ライオンよりも人を殺しているカバ

ライオンよりも人を殺しているカバ

 

アフリカの野生動物の中で、年間で最も多く人間を殺す動物、

実はカバなんです。

 

一番危険なのはライオンじゃないか? と思えますが、

ライオンの犠牲者が年間100人前後に対して、

カバの犠牲者ははその5倍、500人前後に及びます。

ワニですら、カバを襲うことはしないとか。

 

ベヒモス wiki

(イラスト引用元:ベヒモス)

旧約聖書に登場する怪物、ベヒモスも、実はカバがモデルである、

という説もあるくらい、カバは大昔から凶暴で危険な動物であると

知られていたんですね。

 

動物園などで見るカバののんびりとした印象とは

だいぶ違いますが……。

 

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 

じゃあ、やっぱり『赤兎馬=カバ説』って無理なんじゃね?

カバ&関羽

 

え、自分で『赤兎馬=カバ』とか言ってるくせに、

それを自分から否定するようなこと主張するのか、って?

 

そう、確かにカバを馬と同じような家畜として使役することには

大きな問題があることは否定できません。

 

しかし、実は古代中国、それも秦から漢の時代に、

中国にカバがいたことを示すと思われる、巨大な石像が

発見されていたんです。

 

この情報をタレコミしてくれたのは、

なんと「はじさん」のメインライターのkawausoさんです!!

 

kawauso

 

情報提供、ありがとうございます。

 

その、巨大石像というのがこちら。

 

カバ 引用

 

どうです?

この大きなあご、ずんぐりとした体格、太くて短い脚!!

どこをどう見てもカバそのものじゃないですか!!

(写真引用元:http://s.eximg.jp/exnews/feed/Searchina/201301100250002view.jpg

 

蜀の都で発見されたカバの石像

 

この石像が発見されたのは2013年のこと。

埋まっていたのは三国時代の後、西晋時代のものとされる遺跡ですが、

石像に刻まれた文様は秦から漢の時代の様式に近く、

この石像が制作されたのも、それに近い時代だと考えられます。

 

そして、この石像が発見された場所がもっとも重要です。

なんと、この石像が発掘されたのは四川省の成都。

そう、あの蜀の都であった成都だったのです!!

 

成都にカバの石像……これはまさに、赤兎馬を記念して

造られたものでしょう。いや、間違いありません!!

 

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

 

実は、飼いならされたカバの例も。

 

……え?

 

さっき、自分で「カバは家畜化できない」って

言ったばかりじゃないかって?

 

舌の根も乾かぬうちにデタラメ言うなって?

 

いやまあ、カバは家畜化するには不向きな動物なのは確かです。

しかし、カバが人に懐いた、という事例もちゃんとあるのです。

 

Jessica the Hippo – YouTube

 

 

これは2007年に南アフリカの一般の家庭で飼育されていた

「ジェシカ」というカバの映像です。

 

ジェシカはある家の敷地の中で、まだへその緒が

ついたままの状態でその家の夫婦に発見され、

それから8年間、夫婦とともに生活したそうです。

 

カバは凶暴だと言っても、それは種全般の傾向の問題。

中には変わり者の個体がいても、不思議じゃありません。

1頭くらい、主人を乗せて戦場を駆けるカバがいたって、

いいじゃありませんか?

 

カバライター 石川克世の開き直り

石川

 

おとぼけ「でも、石川さん」

石川克世「なんです?」

おとぼけ「成都にカバがいた、ということと、

そのカバが赤兎馬だった、ということは

全然別の話ですよね?」

石川克世「あがっ……!?」

おとぼけ「………………」

石川克世「……戦場の中、人を乗せて駆けるカバがいてもいい。

自由とはそういうことだ」

おとぼけ「あんたはどこぞのネゴシエーターか?」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

関連記事:【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 




関連記事

  1. 三国志 武器

    デザイン担当:よりぶりん

    華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

    みなさんの「はじめての三国志」は何ですか?…

  2. 古代エジプトのグライダー
  3. 犬猫に襲われる孔明
  4. 徒歩の献帝を保護する楊奉
  5. 夜空を見上げる古代の人々と暴走する月(ギリシャ人)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP