春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

この記事の所要時間: 315




石川

 

おとぼけ「石川さん、前に赤兎馬の記事で『赤兎馬はカバだった』説、書いてましたよね?」

石川  「ああ、そんなことも書きましたっけね」

おとぼけ「あれって事実のような気がするんですよ」

石川  「ははは、まさか。あれは単なるネタ……」

おとぼけ「書いてください」

石川  「……え?」

おとぼけ「赤兎馬がカバだったことを裏付ける事実を、記事にしてください」

石川  「そんなの無理に決まってるでしょ?」

おとぼけ「どうしても書けないと?」

石川  「お断りします」

おとぼけ「……そうですか。ならばこちらにも考えがあります。これをご覧なさい」

石川  「これは!! 小太郎さんの大好物、アメリカンドッグじゃないか!! それも10本!!」

おとぼけ「これを小太郎さんにあげたらどうなります?」

石川  「やめろ!! ただでさえメタボが心配な小太郎さんがそんなもの一気に食べたら、

メタボ直行じゃないか!!」

おとぼけ「ふふふ、どうします?」

石川  「ぐっ……致し方ない……」




仮説:赤兎馬は帝政ローマから後漢王朝に贈られたものだった?

カバ&関羽

 

……とまあ、そんな会話があったかどうかは定かではありませんが、おとぼけさんのたってのリクエスト(?)で、

『赤兎馬=カバ』説の可能性について検証してみましょう。

 

【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説』の記事でも触れられている通り、

後漢王朝とローマ帝国には交流がありました。

 

photo credit: Big head via photopin (license)

photo credit: Big head via photopin (license)

 

166年、ローマ帝国の使者が渡来し、

象牙・犀角・タイマイ(海亀の甲羅)といった品々を洛陽で貢物として捧げたことが、歴史書である『後漢書』に記されています。

ローマ帝国の領土は最大期にはエジプトを含むアフリカ大陸北部に至っていますから、象やサイを捕獲し、その牙やツノを獲ることができたわけです。

 

カバの生息域は現在ではアフリカ南部に限られていますが、かつてはナイル川流域にも生息していたと考えられます。

つまり、ローマ帝国の領土圏内に野生のカバが生息していた可能性は十分考えられます。




剣闘士との対戦用に捕獲された可能性

剣闘士 wiki

 

ローマの有名な闘技場、コロッセオでは奴隷の剣闘士がライオンなどの猛獣と対戦させられていたことが知られています。

カバはあのノンビリした外観とは裏腹に獰猛な性格であり、

ライオンと同様、剣闘士との対戦用に捕獲され、ローマに連れてこられた可能性は十分考えられるでしょう。

 

珍しい野生動物を他国への貢物とした例

三国時代 江戸

 

しかし、生きたカバをローマからわざわざ洛陽まで運ぶ、なんてことは実際にありえたのでしょうか?

 

ひとつの例として、江戸時代以前に日本へ象が持ち込まれている事例を見てみましょう。

実は明治期以前に日本に象が渡来したことが実に七回にわたって記録されています。

その最も古い記録は1408年、実に室町幕府の四代目将軍足利義持の時代です。

 

最も有名な事例は江戸時代の享保年間、江戸幕府の8代将軍、徳川吉宗の希望により、つがいの象が渡来したという話です。

このつがいの象は見世物として人気を集め、日本の庶民が象を見た始めてのケースとなりました。

 

このように象が外交使節による貢物として他国に持ち込まれることは、決して珍しい話ではなかったようです。

孫権(そんけん)曹操(そうそう)に象を贈り、その重さの量り方を曹沖(そうちゅう)が父である曹操に教えたという逸話は有名ですね。

 

このような事例から、赤兎馬とはローマ帝国から貢物として連れて来られたカバであった可能性は十分考えられるのではないでしょうか?

 

関連記事:三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

 

もうひとつの仮説:赤兎馬は中国に生息していた野生のカバ!?

 

え、だったら普通に考えて象が貢物になったんじゃないか?

 

……そうなんですよねぇ。そこがこの仮説の弱いところで(自爆

やっぱり『赤兎馬=カバ説』には無理があるかなぁ……。

 

……いや、まだ可能性はあります。

 

赤兎馬は中国に生息していた動物の子孫だった!!

 

……え、なにをとち狂ったことを?

カバはアフリカにしか生息してないだろう、と?

 

いやいや、その可能性は捨て切れませんよ。

確かにカバが中国にいた可能性はまずありえません。

しかし、カバに似た動物であれば、存在した可能性は捨てきれないのです。

 

1300万年前に絶滅したパレオパラドキシア

Paleoparadoxia wiki

 

1300万年前に絶滅した、パレオパラドキシアという動物は、西日本からメキシコに至る広範囲に生息していました。

その姿は現在のカバに似ており、カバと同じように水辺で生活をしていたと考えられています。

日本では福島県や埼玉県から化石が出土しています。

 

パレオパラドキシア wiki

 

パレオパラドキシアが古代中国にまだ生き残っていた可能性は考えられないでしょうか?

つまり、赤兎馬とは古代中国に生息していた「古代の不思議なもの」だったのです!!

(パレオパラドキシア(Paleoparadoxia)=古代の不思議なもの)

 

三国志ライター 石川克世の独り言

石川克世

 

……まあ、実際にそんなことはなかったと思いますが(自爆

しかし、実際に赤兎馬を見たことがある人は現代にはいないのですから、

完全にその可能性を捨てきることはできない、かもしれませんね。

それでは、次回もお付き合いください。 再見!!

 

関連記事:【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

関連記事:【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?




よく読まれている記事

関羽

 

よく読まれている記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化…
  2. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  3. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み…
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部
  5. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  6. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  7. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  2. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  3. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  4. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる
  5. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!? 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯

おすすめ記事

  1. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  2. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  3. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  4. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  5. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  6. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  7. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  8. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP