三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

西郷どん

阿部正弘は本当にイケメン?本当の事を教えます!

この記事の所要時間: 414

 

 

 

阿部正弘(あべまさひろ)はイケメンだったという説が今でも強く残っています。

確かに肖像画ではかなり整った顔をしています。イケメンというより「お殿様顔」という感じですが、

当時はモテモテのイケメン顔だったのかもしれません。

大奥に人気があったとのことで、江戸中後期に積極的な経済政策を行った老中・田沼意次(たぬまおきつぐ)

イケメン伝説がありますので、大奥人気というのが、イケメン伝説を作るのかもしれません。

今回は、阿部正弘のイケメン伝説に迫ってみましょう。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬

関連記事:徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主

 

阿部正弘イケメン伝説1 27歳で老中首座になった若きエリート官僚

 

そもそも、阿部家は備後福山藩(びんごふくやまはん)10万石の大名で、徳川家の中でも歴史のある家臣の家柄で名家です。

祖先は徳川家康(とくがわいえやす)が今川家に人質になった時に共についていきました。

そして、阿部正弘は名家出身でしかも有能です。結果として出世もすごく早かったわけです。

阿部正弘は、25歳で老中となり、27歳で老中首座(ろうじゅうしゅざ)になりました。

老中首座は今でいえば、内閣総理大臣のようなもので、幕政の最高権力者です。

大老(たいろう)は緊急時にしか置かれない役職ですので。

若くしてエリート街道まっしぐらなのですから、それだけでモテモテ要素満載だったわけです。

 

 

阿部正弘イケメン伝説2 大奥を廻ると女中が熱狂した

 

阿部正弘が大奥(おおおく)に大人気であったことは、

単に政治的に支持されていたということに止まらなかったようです。

大奥の支持というのは、幕政の権力中枢にいる者にとっては重要だったのですが、

阿部正弘はそんな損得勘定抜きの、抜群の人気があったと伝えられています。

 

まず、阿部正弘が大奥に御老中廻りに行くという噂がたてば、大奥は騒然です。

大奥にいるプライドの塊のような女性たちが、

阿部正弘の姿を見たくて障子に張り付きその陰から彼の姿を見ていたというのです。

いや、熱視線を送っていたのでしょうか。

 

大奥の女性の中には阿部家の家門をつけた部屋着や、

かんざしに家門をデザインしたりする者がいたというのですから、

もはや、エリートというよりスターです。

 

大奥の女性は完全に他の男性を見下し男となど見ていませんでしたから、

これはかなり異常な人気であったといえるでしょう。

抜群の大奥人気を誇り、失脚の寸前まで大奥が支持を続けた田沼意次でも

こんな話は聞いたことがありません。

阿部正弘は、江戸時代No.1の大奥人気を誇った老中であったかもしれません。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

 

阿部正弘イケメン伝説3  実は肥満体で汗っかきだった!

 

阿部正弘は実は肥満体で汗っかきであったという説もあります。

現代であれば「キモオタデブ」で終了。いくらエリートでも「イケメンに限る」ということで、

絶対に女性人気はでそうにないのですが、本当でしょうか。

 

阿部正弘は現在のNHK大河ドラマ「西郷どん」でも藤木直人さんが演じていますが、

過去のドラマでも当時の渋い二枚目俳優が彼を演じていました。

しかし、実際はどうなのでしょうか、肖像画ではそこまで太っているようには見えませんが、

決して痩せているようにも見えません。

 

相当なデブ、肥満体であったという話も残っており、まず正座が苦手であったという話が残っています。

体重があれば、当然正座は厳しいですよね。

そして、正座していると畳が汗でびっしょりとなったとのことです。

肥満体で汗っかきで正座が苦手であったという話は幕臣の言葉として残っています。

その言葉をどこまで信じるかによりますが、

恰幅がいい身体であったのは確かだったのではないでしょうか。

 

阿部正弘イケメン伝説4 いつも微笑みを絶やさず人の話をよく聴いた

 

しかし、肥満体といいますか、太っている人は意外にもてる場合もあります。

不潔感のある太り方では厳しいですが、爽やかな肥満体であれば、十分に魅力的です。

阿部正弘はそういったタイプだったかもしれません。

人当たりが良く、聞き上手であったという人柄が伝えられています。

実際に、開明派であった島津斉彬(しまづなりあきら)と親交を持ち、その対極ともいえる攘夷(じょうい)の急先鋒で

幕末の「極右」ともいうべき水戸藩の藩主である徳川斉昭(とくがわなりあき)ともうまくやっています。

 

さらに、幅広い人材活用を行い、その人材が実際に成果を上げていますので

人を見る目もあったのでしょう。

いつもニコニコ笑顔をたやさず、人の話を聞く肥満体で、顔は整っている超エリートが

阿部正弘の実像に近かったのかもしれません。

 

阿部正弘イケメン伝説5 武芸に優れたスポーツマン

 

阿部正弘は槍術、馬術も学んでいます。

おそらくそれ以外も武芸も学んでいる可能性はありますね弓術など。

阿部家は名門であり、そして武門の家柄ですから当然と言えば当然です。

 

ただ、兄の方は病弱で武芸が得意ではなかったとのことです。

かつて老中・松平定信(まつだいらさだのぶ)は高名な柔術家の弟子となり、

その師匠に「私の弟子の中でも三指に入る」言わしめたのですが、

そこまでの逸話は残っていません。

 

徳川幕府の歴代老中最強とまではいかないかもしれません。

ただ、エリートのお坊ちゃんで、文弱の輩ではなかったのは確かでしょう。

肥満体であったとしても、運動神経は水準以上の今でいうスポーツマンであった可能性は高いです。

太っていても運動能力の高い動けるデブはいます。江戸時代でもいたでしょう。

 

阿部正弘イケメン伝説6 阿部正弘の子孫もイケメン?

(画像:酒井忠正Wikipedia)

 

阿部正弘は男系の血筋が絶えてしまうのですが、六女の血筋が残りました。

その六女も肖像画残っているのですが、かなりの美女です。

そして、その息子は写真も残っています。次男の酒井忠正(さかいただまさ)氏は

写真もネットで確認することができます。

かなりのイケメンというかダンディーな感じの方ですね。

 

長男の方の写真もネットで見つけることができるのですが、

結構高齢になってからの写真ばかりでイケメンかどうかまでは判断は難しいです。

ただ、品のある知的な相貌をした方であるなと思います。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

阿部正弘はイケメンであったのでしょう。

少なくとも江戸時代において、女性にもてる容貌をしており、

雰囲気を持った人物であっただけの証拠があるようです。

残っている肖像画も、整った顔をしています。

もしかしたら、もっと太っていたのかもしれませんが、

イケメンは太ってもイケメンなこともあります。

 

かえって、名門のエリートなのに柔らかで、人当たりの良さを演出し、

冷たいイケメンよりモテモテになったかもしれません。

歴史上、イケメン伝説を持つ人物が史実はそうでもないという史料はでてくるのですが、

阿部正弘は大奥人気も考えイケメン認定しても良いのではないかと思います。

江戸時代のイケメンですけどね。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:阿部正弘の死因は何?ストレスに倒れた若きイケメン老中首座

関連記事:徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  2. 井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説
  3. 榎本武揚 樺太千島交換条約とは?分かりやすく解説
  4. 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!
  5. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  6. 公家って何?何をした人たちなの?
  7. 徳川慶喜 幕末 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍
  8. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  2. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  3. 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力
  4. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  5. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  6. 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の厳顔

おすすめ記事

漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! カオスの極み!五胡十六国時代!原因はあの人にあった… 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの? 蜀の劉琦 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器 ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪

おすすめ記事

  1. 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは
  2. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 曹丕
  3. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  4. 三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは
  5. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  6. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌
  7. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  8. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP