キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点

 

 

 

井伊直弼(いいなおすけ)井伊直虎(いいなおとら)の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家』では、

井伊直弼と井伊直虎の共通点として、後継ぎになる可能性がほとんどなかったのに

意外な形で家督を相続することになったことを取り上げました。

 

家督(かとく)を相続する際、井伊直弼と井伊直虎には

本来家督を相続する可能性がありませんでした。

相続する可能性がなかったにもかかわらず、意外な形で相続することになり苦労します。

この記事では、苦労した二人の共通点について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

関連記事:井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!

 

 

小さい時には井伊家が絶えていた!波乱万丈な井伊直政

 

井伊直政(いいなおまさ)は父・井伊直親(いいなおちか)と母・奥山しのの二人の間に生まれます。

順当にいけば、井伊直政が成人すれば跡を継ぐことになっていましたが、

直親が今川氏真(いまがわうじざね)に暗殺され、当時幼かった直政も命を狙われます。

直政は暗殺されることはありませんでしたが、

まだ幼かったため女性の井伊直虎が跡を継ぐことになりました。

 

今川氏真は武田信玄(たけだしんげん)との戦いが起こった際、再び幼い井伊直政の命を狙います。

直政は無事逃げることができましたが、井伊家は一時滅亡することになりました。

その後、母・しのは松下清景(まつしたきよかげ)と再婚し、松下家の養子として過ごします。

 

 

実母が松下清景と再婚し徳川家康により井伊家が再興

 

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、

幼い井伊直政が松下家の養子として松下と名乗っていたことから

一時断絶したことが分かります。

直政が松下家の養子となった頃、井伊谷(いいのや)は今川家に乗っ取られました。

 

1567年、井伊家は絶えていましたが、転機が訪れます。

徳川家康が今川領だった井伊谷を攻めて小野政次(おのまさつぐ)とその子供らを処刑します。

その時、徳川家康は自分に内通していたために

殺された井伊直親の息子がいるということを知りました。

 

家康は召し抱えないわけにはいかないと考え、直政は取り立てられます。

以後、井伊谷の領地を与えられ、井伊家が再興します。

後に徳川四天王の一人として活躍します。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

関ヶ原で東軍に付き石田三成の領地を与えられ彦根藩主になる井伊直政

 

豊臣秀吉(とよとみひでよし)が病死すると、徳川家康(とくがわいえやす)石田三成(いしだみつなり)が対立するようになります。

その対立が関ケ原の戦いにつながりました。

井伊直政は東軍に付き、もともと豊臣方の武将を徳川方に引き込むことに成功し、

東軍の勝利に貢献しました。

 

関ケ原の戦い後の戦後処理では、毛利家と島津家の領地を残すことや

真田昌幸(さなだまさゆき)幸村(ゆきむら)親子の助命に成功しました。

関ケ原の戦いでの功績が認められ、石田三成(いしだみつなり)の城主だった佐和山(さわやま)城に入ります。

直政は負けた武将の城に入ることを嫌がり、佐和山城から彦根城に城を移します。

このことが彦根藩の出発点となり、井伊直政は初代彦根藩主となりました。

 

彦根藩主井伊直中の14男に生まれた部屋住みの井伊直弼

 

井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家』で

部屋住み時代の井伊直弼について取り上げています。

直弼は彦根藩主井伊直中(いいなおなか)の14男として生まれました。

当時、武士の次男以下は養子として他家に出されるか

部屋住みとして暇な生活を送っていました。

 

直弼は養子に出されることなく、

部屋住みとして何もすることがない生活が17歳から32歳まで続きました。

部屋住みで何もすることがなかったため、国学・茶道・武術・能楽などに

熱心に取り組み、著書を出すなど功績を残しました。

 

たった一人彦根藩に残ったことで兄の死後、彦根藩主になる

 

井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家』では

14男の井伊直弼が彦根藩主になる経緯について取り上げました。

直弼の父・直中は子宝に恵まれていましたが、直中の跡を継いだ直亮(なおあき)(直弼の兄)に子供がなく、

直亮の弟・直元(なおもと)が相続することが決まりますが、相続直前に死亡します。

急遽、部屋住みで彦根城に残っていた直弼が意外な形で彦根藩主になります。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家』と同様、

今回の記事でも意外な形で井伊家の当主になった井伊直虎や

彦根藩主になった井伊直弼について取り上げました。

 

本来相続するはずのない人が意外な形で家督を相続していますが、

この2人のケースについては井伊家の中で内紛が起こっていないことが分かります。

戦国大名の家督相続をめぐる争いや将軍・天皇の後継者争いが

数多く起こっていることから、井伊家の場合との比較を通して

争いが起こる要因について考えたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

関連記事:井伊直弼とはどんな人?倒れゆく幕府の犠牲になった真面目で誠実な独裁者

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 勝海舟と日本海軍、近代日本を切り開いた驚異のプロジェクト
  2. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  3. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  4. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  5. 幕末 帝国議会 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争
  6. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法
  7. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  8. 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 司馬懿
  3. おんな城主 直虎
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 上杉謙信
  6. 張遼・楽進・李典
  7. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  8. 曹操と黄巾賊
  9. 袁紹が宦官を惨殺に行く

おすすめ記事

  1. 戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの? 武田騎馬軍団 馬場信春
  2. 【日本神話の逆襲】卑弥呼に国を奪われた大国主とニギハヤヒの復讐 オオクニヌシ(日本神話)
  3. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  4. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  5. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの? 劉備主役
  6. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 何皇后(毒蛇) 何進

三國志雑学

  1. 曹宇
  2. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  3. 始皇帝(キングダム)
  4. 司馬懿と公孫淵
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)
  3. 袁紹、袁尚、袁譚
  4. キングダムの王騎
  5. 李斯
  6. 関羽

おすすめ記事

龐統と的盧 もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった? 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? アンティキティラ島の機械 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? 曹操と夏侯惇 夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの?? 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛故事とは】岳飛の背中の入れ墨や名前の由来を解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP